FC2ブログ

ここまで付いてきたの ⁉️

2019年06月10日(月)15 : 28 : 41
20190610152224549.jpg


会社の倉庫を飛ぶ
ケセランパサラン (o’∀`)♪

ほんだらまた。
あやかし~♪ | Comments(2) | Trackback(0)

商品管理部から営業部へ

2019年06月02日(日)13 : 57 : 01
商品管理部から営業部への辞令が出された。
こんな爺に何か期待してんのかね~
もっと壁際がいいのに ( ̄▽ ̄;)

ほんだらまた。

5月の読書メーター
読んだ本の数:4
読んだページ数:1223
ナイス数:90

奏者水滸伝 小さな逃亡者 (講談社文庫)奏者水滸伝 小さな逃亡者 (講談社文庫)感想
10年ほど前に一巻目を読んだまま気になっていた本の二巻目。阿羅漢と言うのは悟りに近い修行者の事で、ここに集まった4人がその阿羅漢みたいで、それぞれに特殊な能力を発揮して何者かに追われる金髪の少女を助ける。一巻目に4人はジャズ奏者としてあるお坊さんに集められていろる。この坊さんや刑事など、他にも面白い登場人物がいて、なかなか楽しめるシリーズだ。
読了日:05月29日 著者:今野 敏
花だより みをつくし料理帖 特別巻花だより みをつくし料理帖 特別巻感想
みをつくしのその後が有ったか‼️ファンとしては失態。小野寺の能面の奥さまの本心が切なく小野寺の母さんの形見が温かい。又次の過去も、つる屋の面々、勿論澪も、心温まる料理とともに語られる。あぁあもう会えないのかな⁉️
読了日:05月23日 著者:髙田郁
僕は奇跡しか起こせない (宝島社文庫 『日本ラブストーリー』大賞シリーズ)僕は奇跡しか起こせない (宝島社文庫 『日本ラブストーリー』大賞シリーズ)感想
発想展開やよし!会話の組み立て、収束は荒いのかな?!身近な人を無くした人たちのトラウマ。心の回復は幽霊と最後まで正体の見えないマスターがキーになる。題名も奇をてらい過ぎな感じ (;'∀')
読了日:05月10日 著者:田丸 久深
椿落つ 新・酔いどれ小籐次(十一) (文春文庫)椿落つ 新・酔いどれ小籐次(十一) (文春文庫)感想
鮒参宮で知り会った抜け詣りのしっかり者の少年 三吉 がろくでなしな父に売られようとする。そのうらに御殿山に巣くった正体不明の「強葉木谷の精霊」が暗躍していた。期待通りにたくさんのキャラを登場させてくれて楽しめた❗ 題名の椿は以外に悪役だったね。その正体がちょっと世離れ過ぎなのかな~⁉️ 魑魅魍魎的な… で次巻期待大 なのであります(^^)/
読了日:05月03日 著者:佐伯 泰英

読書メーター
本を一服 | Comments(4) | Trackback(0)

なにもしない

2019年05月19日(日)17 : 16 : 33
今日は何もしない。
日常の食事や睡眠、洗面など
何もしないことってないに等しいけど

ああ掃除しなきゃとか
明日の仕事ん段取りとか
日常生活の買い物とか
映画観なきゃとか
本読まなきゃとか
そうだ!ブログの更新とかもしたいし
写真撮らなきゃ
金銭出納(家計簿)もだし
子や孫の事も気になるし
体動かさなきゃとか
なんとか考えると
何もしていないのに
気持ちが先走って重い。

今日は風邪でしんどいし
思いきって何もしない
って決めると軽い。。。

誰でも研修受ければほぼほぼ受かるけど
福祉用具専門相談員の資格取りれました。

ほんだらまた。

店長 ♪ の天然自然 | Comments(2) | Trackback(0)

胡散臭い本含む4月度読書

2019年05月05日(日)14 : 51 : 57
新元号令和
おめでとうございます
神聖で温かい改元の模様で
天皇のおわす処で真よかったと思う
皆様が幸せでありますように
今後ともよろしくお願いいたします

ほんだらまた。

4月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:1896
ナイス数:71

屋上のテロリスト (光文社文庫)屋上のテロリスト (光文社文庫)感想
太平洋戦争後東西に分断された日本というお話し。不思議な少女と自殺志願の少年が2018年の大みそかに起こす奇跡。思わぬ展開と、腑に落ちぬキャスティングが、最後に感動的に収束してゆく。平成から令和への粛々とした空気の中、平和を望みながら読み終えた。
読了日:04月30日 著者:知念 実希人
もっと あの世に聞いた、この世の仕組みもっと あの世に聞いた、この世の仕組み感想
神の存在を(唯一神)肯定した上で、その創造の仕組みを解き明かしたもの!小難しくなく、簡易に楽しそうに書かれている。著者の持った疑問も説かれた仕組みも、ほぼほぼ私の私見と同じだった (・・? 神がいるとすれば、思慮にかける幼児と同じさ! とは書いていないが、あなたも私も神も同義であり、この世は有るように見える幻想さと書いてある⁉️
読了日:04月30日 著者:雲 黒斎
カフーを待ちわびて (宝島社文庫)カフーを待ちわびて (宝島社文庫)感想
ただのラブストーリーではないよ。沖縄の小さな島で雑貨屋を営む主人公。右手に障害、父は事故、母は蒸発で、祖父母に育てられる。祖父母亡き後、一人暮らしの向かいのおばあ(ユタ・巫女)に食事の世話などされている。まぁギリギリ現実感がある。そして、ギリギリあっても不思議でないような出来事とトラウマと、切なくも暖かな人とのかかわりと出会い。不自然と必然のギリギリのハザマの物語展開の予測は付くのに、読み手の心を優しく包み込む温かさ。さぁカフーを探しに出かけよう!?
読了日:04月24日 著者:原田 マハ
いざ帰りなん: 新・古着屋総兵衛 第十七巻 (新潮文庫)いざ帰りなん: 新・古着屋総兵衛 第十七巻 (新潮文庫)感想
古着屋大市を我が物と 策謀する輩が阿片を使い鳶沢一族のひとりを拐かす?! 大敵は表れないが、交易船団と交差しながら、話は大団円に向かっていそうにも思える。大きくなる一族はどこへ向かうかな⁉️
読了日:04月19日 著者:佐伯 泰英
幸せのメカニズム 実践・幸福学入門 (講談社現代新書)幸せのメカニズム 実践・幸福学入門 (講談社現代新書)感想
とても抽象的(人それぞれ)に思う幸せ。が、なるほど幸せをいくつかの因子に取り出せば、幸せを得る具体的方策が見出せるのではないかと今思っている。内容は「ホーカシングイリュージョン」と「幸せの四つの因子」成長・感謝・楽観・マイペースと少しセンスのない表現ではあるが、分かりやすく頷けるように説明される。自分なりの幸せ因子を見つけるのもよいなと考えている。
読了日:04月11日 著者:前野 隆司
任侠書房 (中公文庫)任侠書房 (中公文庫)感想
ヤクザの親分が、酔狂にも他の島で出版社の社長になる。任侠道や出版社立て直しに代貸しが振り回される‼ 昔気質のヤクザが義理人情で切り抜けるのか!? スカッと爽快な読後感❗
読了日:04月03日 著者:今野 敏

読書メーター
本を一服 | Comments(2) | Trackback(0)

昨日は映画、きょうは山

2019年04月28日(日)19 : 57 : 12
長い休みで
ハードな予定は
最初の方で
さっさとやっておくね 

DSC_0111.jpg  DSC_0114.jpg 
商店街から行く手の山を望む  飯盛城址石垣

で山へハイキング
明日から雨が続くらしいし
手ごろな300m級の山が
手ごろなところにあるので
電車賃すらいらないもの
気候も鳥の声もよく   (゚△゚;ノ)ノ
虫もまだ少ないので
登らぬ手もないか
と思うが
DSC_0119.jpg DSC_0120.jpg
           ハルカス

今朝まで読書か映画かスーパー銭湯か
と我が人生と同じく迷っていた (-_-;)
まぁ天候が決め手でしっかり歩いた
こんな近場、何時でも登れそうなものだが
自営の時はなかなかね~ (-_-;)
DSC_0125.jpg  DSC_0127.jpg
                         ↑だれ !?
いつもの事だが
山に入ると
何か気配が付きまとう  |ω・`) あやしい
手を引かれるようにさっさと登れて
ゆっくり散策しながら降りてきた
DSC_0137.jpg  DSC_0141.jpg

薄曇りの天気で
爽やかで気持ち良い
ハイキングが出来ました
疲れたころ
脇道へ1kmほど入った処の滝へ
また登っていました
DSC_0149.jpg  DSC_0148.jpg
               「やっと来たか」 って

ほか龍のしっぽの落ちてたって...神社などへ行く
DSC_0165.jpg  DSC_0164.jpg
                ↑だれ !?

明日から家事片付け  Σ(´Д`lll)エエ!! 

ほんだらまた。
店長 ♪ の天然自然 | Comments(2) | Trackback(0)

3月の読書

2019年04月15日(月)17 : 06 : 05
少ない読書だ。
一冊、途中で読了を断念しているし・・(-_-;)

3月の読書メーター
読んだ本の数:2
読んだページ数:687
ナイス数:40

ヒア・カムズ・ザ・サンヒア・カムズ・ザ・サン感想
主人公はサイコメトリーだな。でも、あんま関係ない。わがままで、それに見合うだけの能力はなく、ただプライドが高い出来の悪い男が、女房を持ち子を持った後の結末。。。なんとなく胸が痛い (´・・`) 離婚して渡米して再起を図る男は妻に娘に思いを残しながら、素直になれない。主人公がそのあたりの気持ちを汲み取ってゆくわけだ。歯の浮くあざとい言葉が有川浩にかかると、涙が堪えられなくなる。本編とparallelの二編。疲れた男によく効くわ (*'▽')
読了日:03月28日 著者:有川 浩
プラチナデータ (幻冬舎文庫)プラチナデータ (幻冬舎文庫)感想
DNA情報付きマイナンバー的、犯罪捜査利用による特権階級がらみの事件の、天才ヒッキーや多重性同一障害が絡む、話だ。どんどん先が気になるが、文字に情緒と言うか色気を感じず、読書中のある種の息継ぎがしにくかった?。。。分かりにくい表現ですね (-_-;) 個人的にはって事で
読了日:03月17日 著者:東野 圭吾

読書メーター
本を一服 | Comments(4) | Trackback(0)

河内松原と自転車

2019年04月07日(日)21 : 47 : 19
さて、河内松〇ってところは
どうも好きになれない街ではある
竹内街道や中高野街道が通っている古い街だ
思うに、近代に畑や田んぼを無くし
まっすぐな道路を作って
街道を分断し
むやみに好き勝手に開発した結果
統一性のない汚い街並みになったのだろう
・・・と思う
だいたい今時、
川に生き物の気配がなく緑色によどみ
気味の悪い泡が始終湧き出ている
そんな街が今の職場なのだが  河内の方ごめんね (*'▽')

職場へは河内松〇からバスで15分で
待ち時間はばらばらになり
他にも乗り換えが二回あり
通勤時間に一時間40分かかっている
そんな話を聞いた方が
尋常でない錆がいっぱいの自転車をくれた
が、整備はよくできており
おかげで出勤時間が20分短縮して嬉しい ( ◠‿◠ )
お陰が重なり、自転車での裏道が情緒のある街道を見せてくれた
河内松原も少し見直せた 万歳\(^o^)/

DSC_0104.jpg

駅前には小さな自転車預かり屋さんが軒並み並び
この街ならではの光景だろう
その中から綺麗そうでリーズナブルそうな預かり屋さんに
自転車を預けた
昔のお嬢さんの店番が
「カギはカケないでよいよ」って出勤時間だけ聞かれた
翌朝、出勤すると自転車はその時間に
ちゃんと用意されていた (@_@)
100台近くの自転車と持ち主を記憶してるのだろうか?
昔のお嬢さんすげー

どっちにしろ
通勤は楽に、そして街は煌めいてきた  Σ(・ω・ノ)ノ!

ほんだらまた


なんとなくプロフィール | Comments(2) | Trackback(0)

Happy birthday to myselfs

2019年03月30日(土)23 : 07 : 14
ひっくり返って裏返って
滑って転んでみたいな ┐(´-`)┌
環境の変転があった半年前の最初
3Kの会社で
倉庫を一日中走り回り
重いものを運び続けて
湿疹はひどくなるし
肛門はじくじく痛くなるし
ケガはするし
休みのたびに
病院通いで
不安な毎日だったわよ (´・_・`)

半年たった今、仕事内容も変化し
慣れて楽になりにけり由良助 (゚△゚;ノ)ノ
家でも会社でも
なんとなく楽しく過ごせているぜ (゚∀。)アヒャ

例年不運な誕生日の今日も
それなりに普通な日を送れたわ
LINEでお誕生日メッセージとギフトが届き
クロネコ冷凍便でケーキが届き
数カ月前に不調で365日診療のクリニックへ行ったが
そこの先生からも誕生日カードが届いた
それがまた、的を得たメッセージで驚いたわ 先生凄い w(゚o゚)w
他、色々 皆様ありがとう
DSC_0094.jpg  line_1553941895163.jpg

悪化した湿疹に処方された抗アレルギー薬がね
花粉症にも効き症状がほとんど来ないわ (o‘∀‘o)*:◦♪
上とは違うクリニックでよ

人生一変・・・ってな気分か しら ⁇
これからの半年はどんなだろうね~
3月度からは週休二日になり
楽しくも有り・・・

先日酷いねん挫と歯の詰め物が外れたこと ヽ(≧∀≦)ノ
次回の記事にするわ。。もぅ風呂入って寝る

ほんだらまた。
店長 ♪ の天然自然 | Comments(2) | Trackback(0)

捻挫。。

2019年03月16日(土)16 : 21 : 15
社会人になって
初めてケガで休んだ。。。
仕事中の。。捻挫。。
折れたと思ったけど
骨に異常なし。。よかった
その晩と翌日は
派手に腫れた
二日目には何とか出勤
11日経った今
腫れと痛みは少し残るが
平常と変わりなく頑張っている

会社員だから休めたね!
写真屋続けてたら
這ってでも出勤してるよ ('◇')ゞ

ほんだらまた。

2月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:1435
ナイス数:29

陽炎裁き―裏火盗罪科帖〈9〉 (光文社時代小説文庫)陽炎裁き―裏火盗罪科帖〈9〉 (光文社時代小説文庫)感想
主君の無念をはらす機会を長い間待っていた!そだね、忠臣蔵❗ でも少し赴きが変わっていて陳腐ではない。蔵人たち裏火盗は、その時どう動くか? 少しずつ面白くなる。
読了日:02月28日 著者:吉田 雄亮
大阪ラビリンス (新潮文庫)大阪ラビリンス (新潮文庫)感想
江戸から現代、SFに至るまで、大阪を舞台にした一遍一遍が読み応えのある短編とは言えない作品群10篇!普通な人生を奇をてらわず普通に書いているものなのに感情移入してしまう宇野浩二、岩坂恵子。大阪地下街に閉じ込められるSF作品堀晃、他田辺聖子、織田作之助、小松左京など大阪に関わる作家たち、見事な傑作群。山達風髪型の有栖川有栖恐るべし!
読了日:02月20日 著者:
ぼくはこう生きている 君はどうかぼくはこう生きている 君はどうか感想
祖父と孫ほどの二人だが、含蓄に富む話で、多くを気づかされる❗ 迷い戸惑う人生の助けになるかも知れない⁉️ 世の中スゲー人がいるんだな~。
読了日:02月13日 著者:鶴見 俊輔,重松 清
人にしばられず自分を縛らない生き方 (扶桑社新書)人にしばられず自分を縛らない生き方 (扶桑社新書)感想
表題の内容を読み取ることは難しかった (^_^;) 他の自著の寄せ集め的、ナルシス著 m(__)m
読了日:02月10日 著者:曽野 綾子
火怨裁き 裏火盗罪科帖(七) (光文社時代小説文庫)火怨裁き 裏火盗罪科帖(七) (光文社時代小説文庫)感想
皆殺し放火する凶盗。その裏には田沼時代の怨みと柳生と伊賀の確執の二つの怨念が隠れていた❗ 裏火盗と三つ巴のややこしさを、上手く料理出来たのか?七巻目、段々と面白くなる。
読了日:02月05日 著者:吉田 雄亮

読書メーター
本を一服 | Comments(2) | Trackback(0)

福祉用具専門相談員 !?

2019年02月24日(日)07 : 38 : 04
しばらく日曜は研修になります。
日々のお仕事で体は重くあちこち痛いけど
以外にね・・心は軽い ( ◠‿◠ )
若い連中より眠いけど先は長くないけど
お役に立つかも不明だができるだけ
やってみる。



電話帳ほどあるやつ (-_-;)
一行も飛ばさないでみっちりと
行ってきます・・・

ほんだらまた。
店長 ♪ の天然自然 | Comments(5) | Trackback(0)

働く寝る食べるだけでいっぱいだけどね、少しは本を読む余裕を得た1月

2019年02月03日(日)11 : 04 : 36
少ないね!
たくさん読みたいけど
定年後に置いておく
あと4年か5年か
ひょっとしたら9年か (」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ

今、娘がスパー銭湯へ行こうって
その後、お好み焼きだって・・・
おいおぃ今日は節分だぜ (-_-;)  
setubun-i3.gif + いわし + 豆まき


福も鬼もどうぞお越し、ほんだらまた。

1月の読書メーター
読んだ本の数:4
読んだページ数:1166
ナイス数:32

孤独のすすめ - 人生後半の生き方 (中公新書ラクレ)孤独のすすめ - 人生後半の生き方 (中公新書ラクレ)感想
表題通り孤独をすすめるわけではない⁉️ 老人と若者の確執が表出してくるだろうと危惧する。そして老人が活躍する解決策も現す❗私見だか確執は無く、老人の活躍場面は多方面に渡ると思う。元気な老人はでしゃばらずに手を貸せ❗金のある老人はがめつくならす金も貸せ (^_^;)
読了日:01月29日 著者:五木 寛之
ふるさと銀河線 軌道春秋 (双葉文庫)ふるさと銀河線 軌道春秋 (双葉文庫)感想
リストラされて家族へ言えず終日電車内で過ごす男「お弁当二つ」女房の行動に涙腺が緩む。疎遠な親子の父の元へ突然現れた息子の息子(孫)「ムシヤシナイ」何も語らぬ孫へ黙って寄り添う祖父の優しさと存在の大きさを感じる。他7篇、「現実味ある人生物語」でそれぞれに沁みるかも。
読了日:01月24日 著者:高田 郁
敦盛おくり 新・古着屋総兵衛 第十六巻 (新潮文庫)敦盛おくり 新・古着屋総兵衛 第十六巻 (新潮文庫)感想
前巻から今巻を読むのに間が空きすぎて(^^; 待ってました感が薄れたし、生活環境の変化で思い入れが薄れちまった。が、読みやすいし登場人物の一人一人のパソナリティーが実に好もしい。今回は「八週廻り」に関わり所領からの賭場の利潤を守ろうとする弱敵すぎる話。剣劇よりも交易の進展と順調な「古着大市」の風景的お知らせかな。そろそろ上手な完結もよいなと思っていたが、あとがきにそれらしい事が書いてある。いつまでも続いてほしい気もあるが、完結しないよりずっと良いなと思う。漫画などで偶に未完があるが切なくてしょうがないもの
読了日:01月20日 著者:佐伯 泰英
観音裁き (光文社文庫)観音裁き (光文社文庫)感想
足音を消しさり走る元盗人、長谷川平蔵の密偵で、裏火盗 頭 蔵人を慕い探索に奔走するが、今巻で哀れな出自が紹介される。さらに面々の人間味が掘り起こされて、裏火盗たちの裁きが冴える。面白くなって来たね。大江戸捜査網的ミステリー時代人情劇みたいな~(^^;
読了日:01月11日 著者:吉田 雄亮

読書メーター
本を一服 | Comments(2) | Trackback(0)

「松の内」 関西地方は15日まで

2019年01月13日(日)17 : 51 : 45
ささやかながら
注連縄を玄関へ飾っている。
引越し前にはもうなかった習慣だけど・・
改めていいものだと思う。

DSC_0042.jpg

もうすぐ「福は家」だけど
関西ではまだ「松の内」
連休明けには「とんと」(焚火)にしよう

2019nenga.jpg

ほんだらまた。
未分類 | Comments(2) | Trackback(0)

お騒がせ様で大転換の2018年でした

2018年12月30日(日)23 : 05 : 34
DSC_0027.jpg

風邪ッぴきですが、
三日四日寝込みそうです (´・・`)
しんどいが、買い物や洗濯を済ませます。
長い休みです。
4日だけ出て6日まで (@_@)
こんなに長い休みは初めてかな?!
寝ます取りあえづ寝ます。
それから墓参りして
おじの介護施設に伺って
新年を迎えたいと思うが、
思うように体が動くか
頑張ったからダメージ大きい ○| ̄|_

皆様は健やかに楽しく
ご機嫌な新年を迎えたまえ。
では来年もよろしゅうに。

ほんだらまた。
未分類 | Comments(6) | Trackback(0)

サンタの置物を買いました。

2018年12月23日(日)18 : 57 : 39
DSC_0016.jpg

衣食住以外に
お金を使うと
人生を豊かに感じる
ほぼミニマリストだけど

昨夜は新しい会社の忘年会
皆さん若いだけに熱気むんむんでした

ほんだらまた。
店長 ♪ の天然自然 | Comments(5) | Trackback(0)

会社員2ヶ月目近況

2018年11月23日(金)15 : 09 : 08
めっきり涼しくなりました。
皆様にはご機嫌麗しく、
お久しぶりです。

3Kのできたばかりのよちよち歩きの会社
仕事は辛いが・・・
人様にお給料をもらうのは凡そ20年ぶり!
もう2回目だけど、なんかうれしい (^-^)/

今週月曜日、会長が初めて会社を訪れ
「こんなことしててなんぼお金あってもたるか」と荒れていたようだ!
分かる分かる!もっと激怒して、活入れればよい!
私は松原豊中を往復していてすれ違いで残念。
久しぶりに会いたかった。

一人暮らしや住まいにも慣れてきた。
孤独耐性が強いからね❕❓

DSC_0010.jpg

我が家は南向き3F、窓の左には生駒山系、
右には一日中灯が消えない大阪を少しだけ遠望できる。

ほんだらまた。
店長 ♪ の天然自然 | Comments(4) | Trackback(0)
 | HOME | Next »