「神様は乗り越えられない試練は与えない」は断じて嘘だが本当でもある?!

2018年04月17日(火)09 : 06 : 18
携帯はめったに鳴らない!
友達が少なめでね ( ̄▽ ̄;)
が、元来臆病者でアドレスは消さずに溜めてしまう。

携帯が鳴った!
表示は「林」
知人らしいが俄かに誰かわからず
後で思い出すつもりで放置した。
アドレスを見返しつらつら考えたが
分からない。
同級生かアリスのアルバイトが浮かぶが
どちらにも当てはまらない。
ままよと閉店後リダイヤルしたが、留守電。
しばらくして折り返されて繋がった。
適当に合わせながらしばし話すが
果たして誰か分からない。
内容はガラケをスマホへ変えたがデータ移行が
分からないという相談だった。
写真屋だから専門外なので
携帯屋に相談すればどうだろうかと
話したが、困惑の体だ。
そのうち特徴的な話し方で
どこの誰かが分かった。 ('◇')ゞ

淀屋橋の戦前から建っていた政経ビルに入っていた
東洋経済という調査会社の従業員だった。
かれこれ40年前の話だけど...。( ̄▽ ̄;)
1Fにはアリスの前身の写真のニッポー淀屋橋店があった。

電話してきた昨日の今日
休憩中のマクドへ現れた。
通常アルバイトは休憩中の私に来店があっても
決して取り次がない。
が、よれよれぼろぼろの初老のこの人に
私の居場所を教えてしまったのはなぜか?
後で聞くと、あの人には店長に会う必要があると感じたと。
(良い感性だ)
..好物の千鳥屋の鮎饅頭で買収されたようだ ( ̄▽ ̄;)
IMG_20180416_164453.jpg

だんだん思い出したが10年前にここ福島の店に
お母様の通院の折に偶然に来店されていた。
その後も1度来店されて、
その頃の記事がブログに残っていた。
http://midorihako.blog58.fc2.com/blog-entry-29.html
苦労してるがあっけらかんとした
この方には生きる強さを感じる。


その頃に居たお母様は8年前に亡くなり
身よりは双子の弟だけらしい。
(弟にもいろいろと苦労がある)
かつて妻に自分の知らない間に作られた
5000万の借金(たぶん宗教)を清算し
裁判して別れ、今は年金の半分を
持って行かれながら何とか暮らしているという。
が、あれから自分も大腸癌を患い8ケ月の入院で
3度の手術に耐えたらしい。
別に首にリンパ腫も見つかり3月に切りとった。
肛門再建手術をまたすると言っていたが、
そのままで良いよって言ってみた。
それにしても不幸オンパレード状態のこの方は
(前回の記事の内容も含め)
何が起ころうともあっけらかんとして
生きていることが輝かしく見える。

ほんだらまた。
お客様 | Comments(2) | Trackback(0)

仰天、でもよかった。

2017年05月13日(土)10 : 41 : 35
昨年  「入院するし借金残して死んだらあかんから払いに来た」 と
来店したお客様がいたね。すい臓から肝臓・肺転移。
先日ケロッとした顔でやせてはいたが、
病室から捕えた月の写真などを引き伸ばしに来た。
 「生きてるで」 って (*_*)
まだしばらくは入院だけど大丈夫だという。
写真は、また取りに来ると、帰って行かれた。
よかったな~81才で切っても貼っても元気でおられて!

IMG_0024.jpg ベッドの上から。。

ほかのお客様で胃がんが見つかり即刻入院手術の診断だったけど、
手術拒否した人もおられた。
2年後の検査で癌の気配なしって診断されたんだよ。??

みなさん病気平癒祈願にわしん所にいらっしゃい。  ごめんなさい不謹慎でした。

DSCN0678.jpg うわさの観音さま。。

ほんだらまた。


お客様 | Comments(2) | Trackback(0)

環状線を縦断

2017年04月18日(火)18 : 55 : 05
店を入ったり出たりしているお客様に気づいたが対応できなかった。
スタッフが接客して証明写真を撮っていたようだが、
3時間歩いてきたとか、生野区からとか聞こえている。
ここから生野まで10kmかな。
環状線を南北に縦断する感じ・・
まさかとは思ったものの後でスタッフに確認すると
「私もおかしいと思って電車ですか?って聞いたら歩いてと言ってました」
というし、70オーバーのご婦人で少し天然のスタッフが対応していたから
話が食い違ったのかと思ったが、自分もご婦人もしっかりしていたという。
帰り際のお客様の後姿は小さく、ゆっくりと歩いて行かれた。
気になって、すぐあとを追ったのに、どこにもいなかった。(?-?)

昼を大きく回っていたので2:30
気になりながらも休憩にマックへ出かけた。

帰ってきたら先ほどのご婦人が
ビールを持ってまた来られたという。
なぜ?とスタッフに聞くと、写真屋を見つけて
丁寧に対応してもらったからとか?

IMG_20170418_153840.jpg

それにしても写真屋探して正確には8km歩いて
(探しながら歩いたし3時間っていってるし10kmは歩いてると思う)
そんなに歩かれてるのにまた戻ってまで
差し入れされた気持ちはありがたく。
その気持ちをもう少し聞いてみたかった。
ちゃんと帰れたかな?!大丈夫かな?・・・ (._.)

それにしてもですねぇ
写真屋ってそれほどなくなってしまったのか (-_-;)
廃業してゆく気持ちは身に染みてわかるけど (-_-;)



ほんだらまた。
お客様 | Comments(2) | Trackback(0)

信じて待つ

2016年09月12日(月)19 : 19 : 00

商売をしていると未収金が多かれ少なかれ発生する。

当店は少ないほうだと思う。

80オーバーの女性が「年金出るまで待ってね」と

3年ほど前から来店していて、

年数回の展示会やコンテストの写真と額縁の代金の

幾ばくかを未払いのまま溜めている。

ご精算はちょっとずつでもなさるので損はないので

年も年だし趣味を制限するのも罪な気がするし

来るたびに手土産持ってきて、

まして環状線を半周してまで当店を利用してくれるので

気持ちよく待っている。

溜めたまま半年近くになって

水ようかんを手土産にひょっこり来店された。


「入院する前にお支払いしとくわ」って

すい臓がんで肺と肝臓に影ありという状態らしい。

「もうぇえねんけど、展示会やらなあかんやろ!」

「もし出て来られへんかったらなんやしはろとくわ」

というから、残金を残してご清算させてもらうことにした。

「元気に退院して清算してください」と。


ほんだらまた。



お客様 | Comments(4) | Trackback(0)

きみの名は

2016年05月08日(日)12 : 34 : 34
DSCN0490.jpg

「やるわ」 と捨てるように置き去られた鉢植え
邪魔でも生きてると思うと捨てられん。
座りが悪く風で倒れて鉢が割れる。
中に無理に詰め込まれたような数株のオモトのような植物が散らばる。
1年ほどそのままはじに並べておく、ゆっくっりゆっくり妊婦のように葉元を膨らませる。
「ねぇ、きみの名は」

DSCN0493.jpg

ゆっくりゆっくり竹ひごのような腕を伸ばして、
ゆっくりゆっくり、つぼみを付けた。
なかなか花は開かない、時間をかけて、とうとう

DSCN0496.jpg

オモトじゃなくランだったんだね。
コンクリートの上でよくがんばったね。
根元にはアリがはい出して
株の下にはムカデが休んでいる。

ほんだらまた。
お客様 | Comments(2) | Trackback(0)

雨の交差点

2015年07月09日(木)16 : 29 : 24
早朝雨の降りだした交差点。
濡れそぼって自転車を押した 
お婆さんがわたってくる。
手にさした傘をお婆さんに差し出すと、 
「すぐそこですから」 とゆるい笑顔でおっしゃった。
それほどの雨でもなく目的地が近いのも
私は知っていた。

お婆さんには、
これで二度、会った事になる。
(とても偶然にね・・・)
この近所の会社へ勤めて15年。
昭和15年生まれ。
45分かけて自転車を漕いでくる。 

70歳以上の大阪市民は地下鉄と市バスの
無料パスがもらえる。
申請には証明写真が必要になる。
昨日昼にお婆さまが証明写真を撮りに
初めて店に来店された。
汚れの付いた作業ズボンが
働き者である事を物語る。
75歳で片道5kmの路を自転車で出勤する。
オールバックの髪を後ろで団子に束ねている。
四角い顔に団子鼻と可愛い眼。
化粧の無い顔に弛みと皺が少なく
とってもきれいな肌艶をしている。
びじかわ女子だったろう。 
「いいですよ」 と お釣りの20円を下さった。
遠慮なくいただく、なんかうれしい。

どんな人生を歩まれたのかと思っていた。
すると今朝雨の交差点でまた会えた。
「昨日はどうも」 と おばあさまも覚えておられた。
頭も体も、私よりもずいぶん元気! 
でも、驚かしたかなぁ?

ほんだらまた。


お客様 | Comments(4) | Trackback(0)

千日回峰行と八千枚護摩供 (記事を読み返して妖しすぎるので限定公開にしました)

2014年08月12日(火)12 : 59 : 26
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請
お客様

雨宿り

2014年06月22日(日)09 : 57 : 34
胡麻塩頭の短髪虎狩り、色あせて埃っぽい上下と汚れたスニーカーの
年齢不詳のおじさんが店頭を通り過ぎて、
思い出したように店内を振り返り、店長と目が合うとうれしそうに、
広瀬隆の「赤い盾」読んだか?と店に入ってきた。
(この本の内容は他へ譲る)
そしてロスチャイルドや橋下徹の事や政治を話してくれた。
来客が重なり、また来るわ と出て行った。
それから三日続いて来店し、政治などを語る。
頭がよいが、根が気弱そうで、人への非難が多く提案がない。
話の間を捉えて年や仕事や家族の事などを聞いてみたが、
あまり話したくないジャンルらしい。
67歳、元運転手、現在年金暮で一人身という、くらいが聞けた。
政治や世界覇権などの事を面白く聞きながら、
この方の人生を思い測る。
行儀のよい方でお客様の来店があるとひっそりと消える。

この方に、もう少し覇気の感じられた5、6年前に
証明写真をお撮りして、冒頭の「赤い盾」の話を聞いたのだろうと思う。
それから相当な年月を経て、話を継ぎに来るとは面白い。

あまり関連の無い話ではあるが、ふと
子供の頃玄関の軒で見たおじさんを思い出した。
それは突然の雨の日、炭の粉を敷いたバットに
濡らした体をまんべんなく転がしたような
頭のてっぺんからつま先まで真っ黒なおじさんが
玄関で雨宿りをして、目だけが真っ白に光っていた。
(この表現、全く大げさではない)
子供の感で、優しげで、怖いおじさんには思えなかった。
おじさんの横を通り過ぎ家に入って、
母へその事を話した途端、母は脱兎と飛び出して行った。

回想はもう少しありますが
少し胃が痛いし、
これから店(写真屋)を開けますので・・・
次回へ ^^;

ほんだらまた。

ベルメゾンネット
お客様 | Comments(4) | Trackback(0)

44年前

2014年04月09日(水)12 : 30 : 08
年に数回来店されるお客様で、
高度経済成長期に自衛官をなさり
その後トラックの運転手をしていたが、
50代の脳梗塞でリタイヤなさった。

とはいえ右側に残る少々の不自由さが見られるも、
日常生活には不足なく、自動車も運転し
家も土地もあり、貯蓄も豊富だ。
結婚はせずともお相手は適度に居られるようで、
なお結構なようすだ。

雑学が豊富でおしゃべり好きで、
お節介が玉にきずというところかもしれない。
他人さまにも自分のスタンスからずけずけ物を言うから、
爽快でもあり、ハラハラする事もある。

昨日ご来店され、
「わしなんか後は死んで地獄行くだけや」
とかいうから、
「地獄行きはないんちゃいますか」
と否定すると
「まぁ地獄は・・ないかな」
といい、地獄などは存在しないからなという話になる。
「知ってるか天王寺やったかな・・」
と話が続いたので、地獄絵図の話だろうと思い。
「天王寺ちゃいます北区の太融寺でっせ」
と話を継いだ。
後で考えると、地獄絵図などあちこちの社寺にあるから
天王寺にもあるかもしれんな、と思った。
後で調べておこう。
「太融寺ゆうたら天6ガス爆発で死体いっぱいになったんやで」
万博後のたぶん今頃の事やけど、知ってるかと続くから
「知ってます」 と答えはしたが、
後で、なにぶん古すぎる事故なので、
はたしてその記憶かどうか定かではないなと思った。



それで検索すると
思いのほか多く天6ガス爆発の事故がヒットしてくる。
事故の詳細を見ていると、後ろからアルバイトが
「今日やんかいさ」 と叫んでいる。
昭和45年の今日4月8日に発生した事故だった。

何にも動じないそのお客様も一緒に、
3人して目をパチクリしていた。

44年前へ、そっとご冥福を送る。

妙な偶然だが、ぞっとするような怖さはなく
楽しげなイタズラを仕掛けられたような感じだ。

ちなみに太融寺で地獄絵図はヒットしませんでした (-_-;)
店長 ♪ の勘違いかな・・・いつか撮ってきます

ほんだらまた。
お客様 | Comments(2) | Trackback(0)

鴨が好き 偶然力

2014年01月20日(月)19 : 02 : 37
昨年から、鴨が食べたく、
鴨の食べれるお店を探していた。
近くに戦前から残る建物で、
鴨鍋を饗する
○○姫 かもひめ という店を見つけたが、
混んでいそうで、ご一緒するツレもなく
足を運ぶきっかけをつかめないままでいた。

一昨日、
デジプリに来店された73歳のお姉さんに、
デジカメの扱いを説明していて、
とてもとても73とも思えないほどの
理解力で、感嘆していると、
お店をやっているからだという。
食べ物屋さんですか?どこですか?と聞くと、
そこで ○○姫 って言うお店をやっているのという。
嬉しくて思わずお姉さんの腕を掴んでいた。
そんなに混んでないよカウンターもあるし
サービスするからおいでと言われた。
40年くらい前のお姉さんに
サービスするからって言われたら
鼻の下を伸ばしていそいそ出かけるのだろうが・・
いや純粋に鴨鍋が現実味を帯びた気がして
うれしい。
さて、供は・・

その・・・
お姉さんは、昨年リンパ腫で入院してたのよという。
寛解までは行かないが、薬が合っていて、
良くなったからまたお店やってるのよという。
ちょっと擦りむいた程度の話し方だったが、
リンパ腫はそんな簡単な病気ではないはず。
(血液のがんの一種)
そして、オリンピックまで、できればいいわ!
と言って帰って行かれた。

早くいらっしゃいって・・


ほんだらまた。
お客様 | Comments(8) | Trackback(0)

糖尿病事情

2013年08月23日(金)14 : 34 : 20
バングラデシュは人口密度(一億五千人)が高く失業率40%で、
普通に日本に暮らす者にとっては
想像できない貧困な暮らしをしている。
貧富の差が大きいので、
普通に日本に暮らす者にとっては
想像できない裕福な暮らしをしている人もいる訳だけど。(ひとりじめ)

日本に住むバングラデシュの方が
証明写真を撮りに来る。
ああでもないこうでもないと価格も含めご要望が多義で
戸惑っていたのが、10年前の事かな。
今も来店してデジカメプリントなどを頂き、
戸惑う程の事もなくなりました。
日本の生活が身についてきたのか、
それなりの成功を収めたのか、
とても大らかになっている。

久しぶりの来店で随分痩せていた。
糖尿病を患い養生の為10kダイエットしたという。
皮肉な事に糖尿病など縁の無いバングラデシュ人が、
日本に来て糖尿になるとは!
と早計に考えたが、さに非ず。
バングラディシュ人には糖尿を患う人は珍しくないと言う。
親戚も糖尿で早世したり足を切り落としたりしているという。
もちろんDNAもあるが、
野菜を採らず肉とご飯ばかりを多く採る生活が、
バングラデシュに糖尿病の多い原因らしい。
野菜は栽培されているが、売るだけで自分たちでは食べないらしい。
日本から食育教育のボランティアが行けば随分改善されるだろうと思う。
それとも日本で毎日捨てられる食物を集めて、
万田酵素さんややずやさんやヤクルトさんに
醗酵し酵素にしてもらい、送ればよい。
毎年200億の無償援助がされている事を考えると、
ボランティアを募れそうだね。

そう言えば日本にも、
白ご飯ばかり採っていて脚気が流行った時代がありました。

など、商売以外に色んな事を教わる事の出来る
気の良い外国のお客様になりました。
日本人と結婚して、可愛いご子息も成長し順調に幸せです。
が、糖尿病と一生付き合わなければならないと言われています。
医学が進み、糖尿病も完治するようになればよい。

ちなみに日本人の10人に一人が糖尿病で、
二人が糖尿病予備軍です。
小食、海藻野菜好きになって気をつけましょうね。

国旗
白地に赤く 日の丸染めて
ああ美しや 日本の旗は♪・・
あれ?緑地


ほんだらまた。

ベルメゾンネット はやっ<^!^>
お客様 | Comments(2) | Trackback(0)

今が一番幸せや

2013年07月23日(火)12 : 24 : 48
今朝トイレ掃除の最中に(お店のトイレ)
「ごめんやす。おはようさん。ご主人いはりまっか」
店頭から聞こえてきた。
「あぁアツ、もぅあかんわ」とか言いながら元気そうなばあさんが、
自転車の前かごを、ごそごそと探っている。
「あかんわ。忘れたかなぁ」と、ぶつぶつ言っている。

「トイレに手ぇ突っ込んでたからちょっと待ってや」と言って、
手を洗い店頭へ行く。
「早いなぁ、まだ店開いてないで」と言ってみたが(灯りを付けていないだけでしっかり開けている 7:00)
こちらの喋る事は聞く風もなく、
前かごに入った卵やパンや、ヨーグルトの下から封筒に入った写真を取り出してきた。
「あったわ」「これ伸びるかな、倍ぐらいでどやろ、もっと大きいてもええで、フレームもないか」
「置いとくわ」と写真と野菜ジュースをカウンターへ置いて行く。
「これくれんのん?いらんで」と言っても聞いていない。
「墓参りに行ってくるわ。23日は親方の命日だんねん。毎月行きまんねん」と自転車を漕いで帰って行った。

DSCF0778.jpg

毎度この調子のおばあさんが面白い。
実に人懐っこいお母さんで、
来店するお客様に「ようお越し、暑いなぁ、幾つやこの子」とか
屈託なく喋り出す。
郵便屋さんに、「御苦労さんお茶飲み」と水筒のお茶を差し出したり、
「飴舐めとき」と、配りだす。

ここまで他人様に関われないと思う。
に頑固おやじとこのお母さんが一人ずついたら平和だと思う。
(でも 町内 に一人ずつ居たらややこしいとも思う^^;)

このお母さん「今が一番幸せや」と言っている。
昭和ひとけた未年生れ。(見た目は若い)
私の母は辰年で3つ上。
久しぶりに墓参りでも行くか。

「今が一番幸せや」と30年後位に言える日が来たらいい!(30年後生存率?%)

ほんだらまた。

今治タオルケットいいなぁ~
お客様 | Comments(4) | Trackback(0)

京へ

2012年08月23日(木)13 : 04 : 21
『休んでください。○○さん(店長 ♪ )がダウンされたら困ります』

ごくたまに来る娘ほどのお客様に言われたが、
どうして店長 ♪ の名を知っているかと訝った。
が、お嬢さんは意に介さず普段と変わらない。

お盆もお仕事ですかとお嬢さんに聞いた処から、
逆に、 店長 ♪ は休みはないのかと問われ、
無いと返すと、冒頭のように言われた。

他の方にも同じ事を言われる事は多々あるが、
気持ちが揺れることはない。
が、笑顔も物怖じも無い用心深そうな
背筋の伸びたお嬢さんから、
たぶん、上手でも、お愛想でもなく、言われると、
心が揺れた。
帰った途端にぐっと胸が詰まる。。
疲れてんのかな

でも頑張んなきゃ
明日は一年ぶりに営業の為、外出。
12:30に店を出て、14:00には京都
15:30には店に戻る・・予定!
車窓を眺めて疲れを癒そうか

ほんだらまた。

2012年9月放送!ドラマスペシャル『みをつくし料理帖』 楽しみ
過去に書いたブログv ↓
http://midorihako.blog58.fc2.com/blog-entry-766.html みをつくし料理帖

過去のブログが現実になった例は他にも数件あったような、でも役に立ちません_| ̄|○
http://midorihako.blog58.fc2.com/blog-entry-800.html ○助さん
お客様 | Comments(2) | Trackback(0)

彼岸はまだか

2012年07月29日(日)16 : 58 : 10
暑い暑いと挨拶をするのは、
まだ ふたつき は続くだろうか。
そして、更新頻度が開けば開く程に
気のきいた事を書こうとする いじましさ。

さて暑い寒いの始まる当初は如実に客数減となる。
また、暑い寒いになれた頃から、来店客数は元へ戻るようだ。
(たかだか知れているが・・)
かといって、寒い夏や温かい冬 が良いかと言えば、
暑い夏や寒い冬より、客数は落ちる。
夏は夏らしく冬は冬らしくって事らしい。
分かっているなら、その間は何某かの予定や企画をすればいいと思うが、
何も手に付かなく、焦っている自分が、いじましい。



よくお客様に戦中戦後の話題を振る事がある。
もっと昔のお話を振りたいが、
江戸や明治の時代をリアルにご存知の方の来店が未だない。

シベリア抑留のお話や、
中国閲兵部隊のお話に聴きごたえがある。

ある方に大阪大空襲のお話を聞いてみると、
滔とお話をはじめられた。
当時大体が疎開していて実際に体験されていない方が多いが、
この方の家は工場をしていたので大阪に残っていたらしい。
焼夷弾の熱気だけで着物の裾に火が付いたらしいから、
今がどんなに暑くとも、大したことではないらしい。

二日後本を渡されたが、
はたしてこのお客様がその著者で驚かされた。
あとがきに
「・・ふと我に返れば全てが無である。所詮、人生とは儚い夢、幻ですね。
 こう一言で片付けてしまえば空しいですが。」
「僕の人生七十年という歳月は何だったんだろう・・・」とある。
今を生きるのに精いっぱいだっただけに、今
いくつになっても人生の何たるかを思い測るのかと感慨深く読み終えた。

先日植えたウコンは瑞々しい葉を開き楽しそうだ。
人生の何たるかなど愚にもつかぬと言わぬばかりに。

さあ何から手を付けようか。


ほんだらまた。
お客様 | Comments(6) | Trackback(0)

さくらてりたまらしい

2012年04月05日(木)17 : 43 : 27
昨日アルバイトが病欠で、昼はマックをデリバリーしようと考えていた。
そこへ息子の離婚や離れ離れの孫たちを気に病む80歳のおばあさまが来店されて、
少々の写真の加工を依頼された。
すこしカッターで一部を切り取っただけで料金を頂く程でもない。
そして、その時間以上に、息子孫嫁のお話を聞くこととなった。
お店が暇なこともあり、痩せて小柄なおばあさんと一時話した。
代金を頂かない事を悪いといい、うれしかったといい、
「わたしフィレオフィッシュが好きなの、あなた食べる?お昼食べた?」と聞いて
出て行かれたと思ったら豪勢にハンバーグを下げて戻ってこられた。
ご馳走してもらった^^;
年取って何かと気苦労の絶えないおばあさまにご馳走してもらって良いのかな~(゜.゜)
ではコーヒーだけ、と遠慮したが叱られた^^;
有難く頂戴します。
ほんのり桜の香りがするハンバーガーだった。

DSCF8078.jpg

ほんだらまた。
お客様 | Comments(2) | Trackback(0)
 | HOME | Next »