今日は七/福 (7/29)

2017年07月29日(土)11 : 24 : 47
みな皆様へ福来れ (*ˊ˘ˋ*)。♪:*°
DSCN0712.jpg
西国愛染十七霊場・第1番札所「愛染堂・勝鬘院」

ほんだらまた。

あやかし~♪ | Comments(2) | Trackback(0)

呼ばれたように夏祭

2017年07月15日(土)10 : 44 : 47
暑い暑いは当たり前だのクラッカー
夏の暑いのは正常な明かしのタコ焼き
焼け死ぬわけでなし夏を楽しみましょう。
かというて油断は禁もつ煮込み、ご注意を。

天神祭に祇園祭、夏祭りも中盤です。
日本で一番早い夏祭りは愛染祭と言われてますが、違うと思う。

DSCN0710.jpg ピンボケ失礼

愛染明王は夏祭りの三日間と正月だけ開帳される。
その奥の多宝塔には入れないが
三日間だけ正面扉を開いて珍しい形の大日如来が見られる。

DSCN0716.jpg十二臂(12本の腕)「大日大勝金剛尊」

墓参りに始発に乗って四天王寺前夕陽丘という駅を上ると
道の前にまだ人のいない露天がずらっと並んでいて愛染祭りに気付いた。
愛染さんには35年ほど前、出かけている。
この祭、雰囲気と愛染明王と大日如来の風貌が好きで再来の機会を望んでいた。
平日や雨の日が多い祭で、諦め忘れたころ偶然に出くわした。
早朝なので墓参りして、スパワールドでトレーニングして昼過ぎに出かけた。
愛染さんも大日さんも、改めてその美しさに感じ入る。
古い人なら知ってるかな ここは名作「愛染かつら」 のモデル地です。

DSCN0711.jpg 良い縁結び ( ◠‿◠ )

今年、35年前一緒に行った女の子からの年賀状が届かず、
遅れて届いた年賀状には、旦那一人の差出人のいつもと違う筆跡で、
早々にお年賀ありがとうと届いた。はてどうかしたか?!

さて夏はこれから、油断せずに夏を味方にどうか健やかに、
大日さん愛染さん、ここへ来る人、登場する人へ、ご加護祈。
暑中お見舞い申し上げ候。

ほんだらまた。
あやかし~♪ | Comments(2) | Trackback(0)

相と運命と・・

2016年11月08日(火)11 : 27 : 11
DSCN0221.jpg

三人に一人が癌でなくなるらしい。
実は癌が死に至らしめるわけでなく。
癌を要因とした臓器不全で死ぬわけだ。

なんか死の話になって申し訳ないのだが、
生老病死は生きるものすべてに平等なので
生に対して死の話題が極めて不謹慎ってなこともなかろう。

元時計職人で今はホテルのメンテナンスで働く
70歳オーバーの福岡出身のお客様がいる。
自分の撮った写真を季節季節に大伸ばしして
喫茶店に飾ってもらっているので、いつもご来店いただく。
「先生(店長)にお任せじゃ」と無い歯で笑っている。
パソコンにも興味があり分からないことを聞かれたりする。
当然時計に詳しく、囲碁と写真が趣味になる。

少々訳ありのようで、奥様も子供もいるが
会われていないようで、今はおひとり様のようだ。
一昨年の夏ごろに、胃の調子が悪く病院へ検査に行かれた。
早い話が余命3ヶ月の診断、即入院、即手術を言い渡された。

このまま入院して切ったり貼ったりして、
あとの人生が幸せになるとはとても思えなかった。
いろんな事情で年金もわずかで、収入はなくなり、
家族はいないに等しく、一人寂しく病室で苦しみ
そのまま、社会復帰は望めないだろうなと思った。

それならば、閉塞もなく痛みもないのであれば
倒れて人生これまでと思うまで、好きに過ごせばよいのではないだろうか?
もしくは、切らずにホスピス。
その話を聞いたとき、店長は、その方にそんな無責任なことを言ったようだ。

「わしもそうじゃと思うんじゃ」 と言ったお客様は、
医者から一筆取られたらしい。
手術せずに病状が悪化しても自己責任であるという内容だったらしい。
あほ医者め (ー_ー)!!

そしてそのお客様は通院もせず相変わらず日に40本のロングピースを吸って
元気に働き季節季節に写真を半切に伸ばしにご来店くださる。

先日別の病院の検査で胃カメラを飲んだという。
もちろん胃がんの事は話さなかったらしい。
検査結果は異状なしということだったようだ。
念のため、癌はないですかと聞くと、心配ありませんと言われたようだ。

よかったんだよね!不思議だね!何があったんだろうね~?!
それにしても一昨年のわしの無責任な言動に冷や汗がでる。
よい子は真似するな!


ほんだらまた。
あやかし~♪ | Comments(2) | Trackback(0)

枯れ尾花

2016年04月28日(木)11 : 24 : 00

雨だね!涼しくっていいや。

IMG_0062.jpg
上杉神社の中央に写りこんだオーブ
ただの雨粒にフラッシュが乱反射したものだね!

rain.jpg

暗い雨の時にフラッシュ炊くとこんなにたくさんオーブがいるね!

ほこりにフラッシュが反射しても同じように写るよ。

幽霊や魂は写真には写らないよ!
そんな写真持っていたら、気にしなくても、捨てても心配ないよ。
危険なのは、その写真を気持ち悪いとか何かのお知らせとか
特別なものに思い込むことかな?!

original.jpg   A_B.jpg
あのねAとBは同じ色だよ!


ほんだらまた。

あやかし~♪ | Comments(2) | Trackback(0)

すべて夢かも

2015年09月13日(日)13 : 39 : 40
mig.jpg夢を見なくなっていたが、近頃また夢を見る。
唐突にスキー場にいる季節感の無い夢や、(アナ雪か)
廃墟のビルの間を飛んでいる夢を見る。(スパイダーマンか)
もちょっと現実感のある夢は、
俳優当時の後輩で ええしの お嬢様と数十年ぶりに話してた。
目が覚める一瞬の夢でね、BGMも聞こえていて
「Don't Worry Be Happy」 とか流れてんだよ。
目が覚めてもなお頭に曲がながれてる。
聞き覚えがある程度の曲なんだけどね~!
どういう曲かね? 「心配するな楽しめって事・・?」
夢は面白い。今ブログを書いているこの時も夢だったりして~ 
そう言えば般若心経にもそんな事書いてあったかも。(お釈迦様か)



前回の証明写真のデーターとソフトの関係は解けそうです。
Don't Worry ってかヽ(・、 .)ノ thank you.

ほんだらまた。
あやかし~♪ | Comments(2) | Trackback(0)

備忘録

2015年07月25日(土)17 : 38 : 28
7/22台風で延期していた撮影の打ち合わせに京都へ。
この日も雨で、打ち合わせ先様の傘立てに
置いておいた傘が帰りには無くなっていた。
置いておいた私が軽率だった。
そしてあいにくのことに豪雨。
信号を渡るだけの駅のショッピング街までも走れない。
京都には妖怪がそこかしこに居そうで、
唐傘お化けが通りかからないかなと思っていると、
誰かに折り畳み傘を手渡された・・?
fc273647-s.png ありがとう。



お客様が四天王寺の大弁財天様にはご利益がある。
と言って携帯で撮った写真をプリントしていた。
赤いのぼりを寄進したら大きな工事の落札ができたと言う。
では私も行ってきますとお客様へ約束したので
7/12店に出勤する前に久しぶりに墓参りに行き。
ついで寄って来た。
DSCN0359.jpg
亀遊島弁財天。出入にの少ない東大門を入った左前の静かな所に鎮座される。
月の影を宿さず 月無池と名づく 別名下の池と名づく とあり
その真ん中の島が、亀遊島だね。そこに六角堂があり、中に弁財天さんが居るんだ。
でも、何で月がうつらないのだろう・・・?!ほかに由緒があるんだね、きっと。
「至心に祈れば、智恵弁才・福徳円満・子孫繁栄に霊験があり」とあるから、
とりあえず至心(って柄ではないが)に祈ってみる。 (^人^)
心内で写真を撮ってよいかと断わり、撮った。
中には入れないし、もちろんお姿も拝見できない。
少し残念、でも電車内で瞑想していたら
シルクを頭から被った背の高い女性が右側に立ってこちらを見ていた・・?
疲れ気味・・瞑想じゃなく寝ぼけてたのね。

ほんだらまた。
あやかし~♪ | Comments(3) | Trackback(0)

○は斧を振るわない

2015年05月21日(木)18 : 12 : 42
「ブルー・ライト」 という映画を検索した。
ヒットしない・・?
♪街の明かりがとてもきれいね横浜
 ブルー・ライト横浜 ♪ (いしだ あゆみ か )
「レッド・ライト」 やがな。



超能力者 VS 科学者
超常現象の嘘を暴いてゆく映画で
ロバートデニーロが超能力者を演じている。
科学者をシガニー・ウィーバーが演じているが
(エイリアンで最後まで生き延びる人よ)
奥様は魔女のサマンサ役のエリザベス・モンゴメリーと
似てるなと思う。(古いし、全然関係ないけど ^^;)

科学的に疑うことの難しさ 心の弱さ 信じる事の意味
など、哲学的な話と観てもよいかな。

超能力の実演を検証してトリックを次々明かしてゆくが
ロバート演じる所の超能力者のトリックだけが解けない。
結果的にはトリックだったのだが、
不思議に超常現象は存在しないという結論には至らないのが
この映画の 醤油 ・・味噌 っす!
ネタばれになるので、そのあたりの種明かしは
他を参照せえよ。つらいのぅ。(西川たかし・ひろしか)

映画に関係なく勝手に思うけど、
超常現象の多くはトリックか勘違いかと思う。
または幻視・幻聴などの脳内エラーの類だよ。
ただ、ごく偶に起きる起こす人がいるみたいにも思う。
まぁ真偽に関係なく、興味深いね?!

もっと辛辣に書いてたけどね、
けっこう稀な ほんまもん が来てるような気がしてソフトにしてしもた。
店長 ♪ もタマ~に あやかし事 書いてるけど、真偽はね?!


ほんだらまた。
あやかし~♪ | Comments(5) | Trackback(0)

山川草木悉皆仏性

2015年05月06日(水)14 : 45 : 27
DSCN0318.jpg

羽は汚れも痛みもなく体に生える産毛までもきれいだ。
羽化したばかりなのだろう。
店頭にある植木の花の蜜を吸う。

この植木はとうとう一年を超えて花を付け続けた。 
ゆっくりと茎を伸ばしながら上に上に咲かせてゆく。
伸びすぎたのでとうとう剪定したが、
その翌日から下の蕾が花を咲かせた。
月に一度ほど水をやる程度で、
寒くとも暑くとも晴れも雨も雪の日も屈託なく咲き続ける。

この蝶にも植木にも意識はあるか?
ここで混乱してしまうのは、
意識と魂 を混同するところにある。
意識と言われれば何となくつかめても
魂と言われると分かりにくい。
では 魂≒仏性 と捉えるとちっとは容を成してくる。
たぶん、花にも蝶にも仏性は備わっているのだろう。

私たちの持つ意識はこの仏性と繋がっていて、
蝶も蟻も花も、私たちの(無)意識へ必要に応じコンタクトしたり、
アクセスに応えたりする者たちかもしれない。
さて 意識<仏性 とすると、蟻にも花にも意識はある事になる。
そして、これには条件(システム)があるが
無機物にも仏性があると考えたほうがよい。(@_@;)
たとえば、石ころや風すらも、偶々のように 
私たちに語りかけるように感じる事はないだろうか。

ありゃりゃ、とうとう無機物にまで意識があるとか言い出しましたよ。^^;
怪しげなことになってしまいましたね~。
さて仏性とはどこから出でましたのか 
それはどのようなものか、至らぬままにまた考えましゅよ。

「仏性すなはち如来なり。この如来微塵世界にみちみちてまします。すなはち、
一切群生海のこころにみちたまへるなり。草木国土ことごとくみな」
なんのこっちゃ

ほんだらまた。
Read more "山川草木悉皆仏性"
あやかし~♪ | Comments(2) | Trackback(0)

意識の話をしましょう

2015年01月26日(月)13 : 34 : 32
存外、鳥類は長生きするようだ。

アスペルガーの登校拒否児童が
鉄道が好きで撮った電車のプリントに時折来店する。
鉄道模型も制作し精度がどんどん上がっている。
昨年新聞に紹介され、明日には関テレの取材も入っている。

この子は鳥にも興味がありインコを飼って、
野鳥も撮影する。
鳥つながりの知り合いで
40歳の方が飼っている鳥は
その方が生れる前から自宅に居たらしい。
犬や猫より長生きするのが意外に感じる。

そんな話からふとした疑問を
少年に問いかけてみた。
ひょっとすると斬新な答えが聞けそうに思った。
「パーソナルな意識を持つ生き物はいったいどの辺までだろうか?」
私は私だと言う感覚がある訳だが
もちろん少年にも少年だと言う感覚があるだろう。
人間にはあると判断して、
では、犬には、猫には、イルカには、
あるいは牛や豚には個の感覚はあるのだろうか?
ゾウやキリン、ライオンには
そして鳥には?

その子の答えは
「生き物は長く人と住むことで人間のように感じる事がある」
と言う事だった。
意識、魂と言いかえてもいいのだが、
魂への疑問のヒントに思える。

さて魂はどこにどのようにあるのでしょうか?
スピリチアルな記事になりましたが、
続くかも知れません。

ほんだらまた。
あやかし~♪ | Comments(2) | Trackback(0)

・・・・三度ある

2014年06月16日(月)13 : 55 : 20
イメージ拝借^^;

雨上がりで青空が透き通っている。
南から北へ扇型に、
筆で刷いたように雲が伸びている。

駅の駐輪場に自転車を止めたちょうど頭上で
「ぐぇぐぇぐぇぐぇぐぇ・・」と声が聞こえて見上げると、
ハクチョウが飛びすぎた。
もっとも鳴き声がなければ飛ぶ鳥に気付く事はなかった。
会うのはこれで3度目になる。
今回が一番の低空飛行だ。
跳びあがれば首に手をかけ背にとび乗れそうなほど、
低い飛翔で、大きい。

もっとも、寒冷地の渡り鳥なので
この時期にもこの場所にも相応しくない現れ方で、
まして鳥と私の動線が点で交わる事が偶然過ぎて、
もう会う事もないだろうと前回見たときに思ったが、
また会った事を考えると、
何らかの理由で、頻繁に飛来しているのだろうと思う。
ハクチョウが何故ここを飛ぶのか調べたが、分からなかった。

2011.7遭遇時のブログ
2005.5遭遇時の日記

また鳴いてくれるかな。

ほんだらまた。
あやかし~♪ | Comments(4) | Trackback(0)

津田~交野山~磐船 迷った^^;

2013年04月29日(月)16 : 30 : 20
kounosan_1 kounosan_2

20130428_迷う

ayakasisyoujyo kawaniuturutentyo

ほんだらまた。
あやかし~♪ | Comments(4) | Trackback(0)

人の細胞は60兆個、に対して人と共生している細菌100兆匹\(◎o◎)/!

2012年03月17日(土)18 : 42 : 31
花粉症には、恬茶泡盛寄生虫が良いらしい。
という事で、一月前から泡盛を2勺ほど飲んでる(養命酒か(o_ _)o!)
気のせいか昨年あたりから、少し改善されてるように思う。

お酒はテンでダメで一合飲めば真っ赤な顔で呂律が回らなくなる。
そのくせに飲んだせいか、この頃夢見が変だ。

昼に磁石付きの電源タップが欲しく探していて、
良さそうなのがあったが磁石が付いてるか分からなかったので、
商品紹介の合ったブログへ問い合わせてみた。
その晩の夢だが、伊勢神宮に出かけた帰りに、
鷹の雛を庭で飼っている家を見つけ、興味を引かれてのぞいてみると、
鷹に限らずいろんな鳥の雛たちが歩いてる。
綺麗な色の鳥たちで、顔が蛙の鳥もいた\(◎o◎)/ゲロゲロ!
最初は怖かったが恐る恐る触るとふわふわで気持ちよく、
なついてかわいいものだった。

一緒に行動してた田村正和さんが、昨日コメントしたブロガーが、
この鳥の飼い主だから確認すればと教えてくれた。

なんで田村正和さんが私のコメントとそのブロガーを知ってるのか、
またあまりにも唐突に、なぜその人がここにいるのか、
夢の中でも不思議に思った。

その他、披露宴の末席にピストル持った人がいたりとか、
怖かったり面白かったりと、めまぐるしく夢が続いている。



やっぱり泡盛やめて、ギョウチュウにしようか^^;
で、ダイエットにはサナダムシ
http://www.athome-academy.jp/archive/biology/0000000261_all.html

馬鹿でしょ・・更新 顔晴り ます。
お仕事(写真屋さん)も 頑張って ますよ、
ただ、古いPC古い店長のスペックもオーバーヒート気味^^;

ほんだらまた。
あやかし~♪ | Comments(6) | Trackback(0)

儲かってまっか?ぼちぼちでんな!的会話。

2012年02月26日(日)15 : 15 : 00
帰り道、地下へ下りる途中、すれ違いざまに、
「みんな元気?」と声をかけられ、
「元気なんちゃう」と答えた。
(大阪弁で、元気なんではないだろうか?!という半疑問文です。ハイ)
おそらく女房子供の事を問われたと思うから。

帰ってもお帰りも無く目も合わせないのだから、
元気かどうかなんてわからないけど、
毎晩どこか出かけて遅くに帰ってくるし、
時折は早朝から、いそいそとゴルフバックを抱えて出てゆくのだから、
きっと元気すぎるのだろう^^;

で、すれ違った人から、
「それでええねん」と返答が帰ってきた。
(大阪弁で、オールOKという前向きな言葉です。ハイ)
顔が見えなかったけど、誰だったんだろうか・・?
苔むす心
まぁええわ。(大阪弁で投げやりで後ろ向きな言葉です。エエ)
玄関先に埋もれた 苔た石 を見つけた。
二十数年間こんな 意志 がここにあるなんて気付かなかったよ。
ありがとう。(標準語で自分も含め比較的誰でも勇気付ける言葉です。タブン)
なんに見える・・

えーと、他に記事があったけど思い出せないから仕事する

ほんだらまた。


なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか?
あやかし~♪ | Comments(6) | Trackback(0)

すぴりちゅある系

2012年02月20日(月)14 : 00 : 00
「神の使者」 を読んでから、
その 方面の本 ばかりが寄ってくる。
時代小説が手元にあれば読まないが
この手の本 しか手元に残ってなかったので、
続けて、数冊 この手の本 を読むこととなった。

中で面白いなと思ったのが、「神の微笑み」芹沢光治郎さんだ。
日本ペンクラブ発足当初の会長なんですが、
木(樹木)が喋りかけてきて話したとか、中山ミキ ティー が現れ話したとか、
(天理教の教祖寛政10年4月18日~明治20年1月26日)
妙な事を日常の事実として書いている。
この芹沢光治郎の書く神には残忍な様子が見られる。
私には神より 狐狸妖怪 に見えてしまう。
もっとも 狐狸妖怪 がいればの話になる。
狐狸妖怪と同じにしたら罰が当たるかもしれないが、
神さまは居ると思います?

そうそう、木村多江さんっていう俳優も植物が喋ったとか言っているが・・

   
翻訳ものに出てくる神も、実体(手に触れ得る物質)として顕れてくる
それは、使者も微笑 も同じだった。



そして、和田はつこさんの 「余々姫夢見帖」シリーズを7冊 手に入れて、
ようやくこの手の本とは おさらばえ と思った  が~
この余々姫は夢の中や白昼夢に出てくる 死者や彼岸 を見て、
種々事件を解決していくという内容のものだった。
あらあら、小説とは言えその手の本に違いないようだ^^;

もうしばらく付き合ってやろうか!
時折、神を罵る 遠藤周作 さんも読書途中だしな・・


さて、お店(写真屋さん)が何となくせわしいなと思っていたが
売上が昨年対比で120%を超えていた。たぶん1月だけだけど^^;
道理でブログの更新へ気が向かわないわけだ。ごめんなさいね
でも、ここ7・8年は落ち込み続けたわけだし、喜んでもよいのかね・

ほんだらまた。
あやかし~♪ | Comments(8) | Trackback(0)

一人墓参り

2011年08月15日(月)17 : 32 : 48
201108140805.jpg
ええ顔してはる

201108140815.jpg
ええ色してはる

昨日早起きして一心寺から四天王寺へ散策ついでの墓参り。
お盆やし、訪問者も少ないし、信心深くも無し、
手抜きブログで、すみません(゜.゜)

ほんだらまた。
あやかし~♪ | Comments(4) | Trackback(0)
 | HOME | Next »