あなたがいたから

2010年03月30日(火)15 : 14 : 45
いつもより一本遅い快速で座席は開いておらず立っていた。
目の前の吊り広告が目に入った。
西原・・西原理恵子(マンガ家)だ!
DSC00013.jpg
先日日記に書いた(シンクロ)鴨さんの奥さんだ。
誰もが一度は目にした事のある
登場人物の目の玉が黒玉だけのマンガを描く人だ。

「こころの遺伝子」―あなたがいたから―NHKの新番組
涙もろい西田利行をMCに、
ゲストの人生に関わった“運命の人”をテーマに
構成されていく番組の宣伝だ。
そこに西原理恵子の出演予定があった。

この西原の原作が
ヒットしたかはともかく4本映画になってる。
今年5月公開の「パーマネント野ばら」がある。
「毎日かあさん」がテレビアニメ化されてる
・・たぶん?!
そんなことで、今も旬のマンガ家nowです。

もっとも西原理恵子じゃなく
鴨志田譲の事を聞きたいのだが・・
勝手に西原理恵子の〝運命の人〝は
鴨志田譲と決めてしまっている!
別の人だったらどうしよう・・
日記削除しようっとヘ(_ _ヘ)☆

一応、鴨さんはカモラマンだ☆(ノ_ _)ノズルッ

離婚してたっけ(*・・)θ☆(ノ_ _)ノ(o ><)oドテッズベッ(ノ_ _)ノ(o_ _)o!  さて私の運命の人は・・

ほんだらまた。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

♪to me.

2010年03月30日(火)09 : 18 : 51
プラスティック容器で置いてあった赤飯を食べた。
それだけでは愛想がないので、
冷蔵庫の期限切れ納豆を卵に混ぜて卵焼きを焼いてみた。
まずい。
冷凍室のワンタンを炊いてみた。
野菜室の生姜をすって、水菜をちぎって入れてみた。
美味い。
まずい卵焼きを無理して食べたので満足感が一向にない。
もち米をなめていて、腹につっかえて仕方ない。
朝まで気持ち悪く、朝食もとらなかった。

料理は想像力だと思っているが、少々なめていた(^^ゞ
いつかケーキでも焼ければ素敵だな!

←三角ボタンをクリックして歌え

ほんだらまた。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

写真屋ですから真摯に向かい合う(たまに^^;)

2010年03月28日(日)17 : 42 : 20
読売ジャイアンツHPの試合速報は見やすい。
それに遅れて配信される動画がとてもきれいだ。
それに比べ、 我が ドラゴンズの情けなさよ!
見にくい分かりにくい、に加え、
Yahooスポーツ速報の方が先行して情報が流れるんだから。

情けないといえば、アナログにこだわってデジタルへの業変を捉えなかった写真屋。
我が店も遅れながら、やっとの思いで付いて行ってる。
そして、現在は銀塩写真が最高品質なのだが、もしかしてインクジェットプリントが
銀塩にとって代わるのではないだろうか?
あり得ない事のように思えるが、見た目に変わらず品質も環境にも良いとなる可能性は大いにある。
富士フィルム等も力を入れるだろうし。
実際、業務用プリントプロッセッサーにドライプリンターなるものが開発されている。
impressed_01.jpg
4月1日に某カメラ屋さんが北海道では初めてドライプリンターを導入する。
先を思いわずらうことなく、さっさと時代の波を見定める。
そういう決断が出来るのは今までの研鑽の結果だと思う。
奢らず、こだわらず、時代を受け入れる。
シャッターチャンスは多くある根室だが、冬は雪に閉ざされる。
歩いて共和国までわたる事が出来る土地だぞ!
尊敬する。

写真屋を継承するにはいずれドライプリンターの導入が不可欠になるかもしれない?
それに投資する事が出来るか、回収できるか?
それとも座して死を待つか、他の方法を考え出すか、辛いところだ!
さて次の休みは、道なき山に迷うより、
近場のドライプリンター導入店でも見に行くかv

一度は根室市の写真の老舗(株)カメラの光陽堂さんを訪ねてみたい。

ぁあ竜負けてるよ^^;

ほんだらまた。
写真屋の事情 | Comments(0) | Trackback(0)

寝酒

2010年03月27日(土)19 : 33 : 03
此処二、三日
貰った日本酒を
ぐい飲みいっぱいだけ飲む。
妙に寝つきがいい事に気付く。

煙草がすっかり体から抜けたのに・・
次は酒^^;

でも、やっぱりあたしゃあんこが良い(゜゜)

テイクアウトのおはぎ屋さんが、初めて店内飲食を始めた。


より大きな地図で おはぎの丹波屋(大阪市内) を表示

明治22年創業の「力餅」が同業態と云えそうだが、
昨今「店主の高齢化」と「後継者問題」「店創りの陳腐化」で衰退。
(写真屋と同じだね)でも、シッカリと現役チェーン店だ。
に比べ丹波屋は平成2年創業・・比ぶべくもないといえば元も子もないが・・
あんこが美味いから!応援する。
http://www.ohaginotanbaya.co.jp/
うち(写真屋)がつぶれたら丹波屋へ就職しようかな・・冗談、冗談
・・でもないような^^;

関西ローカルな話でしたね。
「寿がきや」も好きですよ!
これは中部ローカルかwww

がんばれドラゴンズ。
↑クリック危険

ほんだらまた。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

黒井城#2

2010年03月25日(木)12 : 59 : 04
山中は気温が低く、まだ土の中なのか?虫を見かけることは無かった。
ただ目に見えない鳥の鳴き声が近くに聞こえる。
自然動物保護柵は登山者は開けて入ってよいようだ。
入った後は、忘れずに閉めて閂をかけておくようにと書いてあるよう。
が、その表示は見るも無残な状態で読めない。

それに気付かぬまま何個かのゲートをパスし続けたのだ。
これではいつまでたっても本丸に行きつくすべもなく・・・(-。-;)
寒いほどの山中に汗したのである。

柵を潜るとやがて傍道と云えそうな道があった。
萎えた気力を取り戻し、お茶くらいは持ってくればよかったかなと喉の渇きを覚えた。
道なりに登ると程なく本丸まで600mの看板を見つける。
山に入ってゆうに一刻(二時間)弱が過ぎていた。
立ち止まり立ち止り登る。
ishibumi.jpg
中腹にある「石踏の段跡」赤井氏の招魂碑が建っている。
織田信長の丹波攻略に、黒井城は八上城とともに頑強に抵抗し、天正3年(1575)明智光秀の黒井城攻略が開始された。城主赤井直正(丹波の赤鬼荻野悪右衛門直正)はこの城を拠点として、諸将を率いて奮闘善戦し武名をあげた。直正の病没後、子の直家が叔父幸家の後見のもと抵抗を続けたが、明智勢の大軍の前に天正7年(1579)8月9日、黒井城は落城した。これを皮切りに氷上郡は光秀に完全に制圧される事になった。


東曲輪・三の丸
このあたりでまた保護柵があり開けて中へ入る。
二の丸・・・・
この辺りから蝶が一匹衝かず離れず先導している。
生き物と云えばこの蝶だけ?
higasikuruwa.jpg
調べると絶滅危惧種で尚この時期は見かけないはず??
標本名(和名) キマダラモドキ
RDB(レッドデータブック) 絶滅危惧II類
目 鱗翅目
科 タテハチョウ科
学名 Kirinia fentoni
発生時期 7月~8月


それからまだ四半刻後、揚々ぼろぼろの体で頂上へたどり着いたヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノ
hugetu.jpg
なんと爽快で見晴らしも良し。
汗ばんだ服を脱ぎ捨て・・裸になる。
持っていたハンドタオルで汗を拭くと、なんともはや心地よい!

後で気付くが、登城記には「登山は掛け値なしにキツい」
と多く書かれていた;-_-;

帰り道はやはり蝶が二の丸辺りまで見送ってくれた。
杖がやはり役立ち軽快に下山する。
途中草ずれの音と共に、左目の端にちらっと走る物を見た?
来た道とは明らかに違う段差はきついが歩きやすい道だった。
honmaru.jpg
山上から目をつけておいたスーパーへ立ち寄り
手と顔を洗い、カレーパンと高菜おにぎりと缶コーヒーを買って、駅へ向かった。
スーパーには駅に着いてから会った人の10倍は人がいた。

到着した列車とは反対のホームへ身を置いてパンを齧ってると、
反対のホームから、お客さん大阪はこっち側ですよと駅長が声を張り上げていた。
ローカル線は不思議だ?
複線なのに一方通行ではないようなのだ???

登山口が分からないし道も見当たりませんでした。
というと、駅長は笑顔で、有りませんよと・・
言え最初に言え (#`皿')<怒

実にこの山に居たのは私一人だった様なのだ・・が、
登り口の看板あたりで先を行く赤い人影を見ていた。
それにふーふー言ってる時でさえ見えない赤い気配があった?
いったい赤い人はどこへ行ったのだろうか?

まぁいい!
少々充実した気分だ。
杖と蝶と赤い人は妙な話だが、
案外歓迎されてたのかもしれない。
一応は登ってよしとしよう。

左の小指に少々の摺りキズがある程度で、
難儀したにしては服も靴も全て無事である。
いまだふくらはぎと脛は痛いが。。。。

ほんだらまた。
未分類 | Comments(2) | Trackback(0)

黒井城

2010年03月23日(火)19 : 03 : 58
まるできな粉をまぶした様な朝。( 黒田 黄砂
予定では4:30に起きて5:09の列車で日本海側へ中央分水界を超え、
行って帰って6時間、昼にはサウナで一息入れてるはずだった。

ほぼ40日ぶりの休みだ。
適当に行き当たりばったりで、結局無為に過ごす羽目になる休日は精神衛生に悪い。
分かっちゃいるが、やっぱり寝坊して7:30起床。
あきらめ気分で適当に過ごすつもり、どこかで降りて日頃の疲れを取ろうと電車に乗る。

京橋で下車かと思いつつ、いつにない乗り心地の良さに遅くなったが予定通り出かける事にする。
終点福知山線篠山口で降り、乗り継ぎ待ち40分・・思いのほか時間を消費する。
このまま戻ろうかと迷うが、トイレを使いジョージアのMAXコーヒー練乳入り
と云う見たこともない缶コーヒーを自動販売機で買って飲んでいると妙に落ち着き、
携帯でフィリピン語を話す若い男の横で集中して読書(時代物)していた。
空気も相当によく、黄砂も山間のトンネルを抜けたあたりからすっかり無くなって青空が広がっていた。

同じホームでワンマンカーに乗り換えて、
妙に一駅区間が長く停車時間がそれ以上に長い山間の路線を進む。
目的の駅に到着したのは11:00過ぎ。
そのまま知らんぷりで改札を出ても良かったが、(あかんって)
駅員を呼び止め定期を提示、清算する。
一応黒井城址へはと道を聞いておく。
目の前に見えているし、大した山じゃないと多寡をくくる。
猪ノ口山(丹波市春日町黒井)標高357m。東京タワー程度だ軽い\(o|o)/
妙に嬉しそうに説明する駅長からパンフレットと神戸新聞のコピーを手渡された。
階段を上る程度の登攀のように思う。

駅と登山口

登って降りて精々一時間と見積もった。
ゆったりと肌寒さを感じながら、北へ向う坂を歩き出す。
空気も家並みも道も綺麗な、でも静かすぎる村である。
飲食店もコンビニも見当たらず、人もまばらな山間の村である。
山上からスーパーでも探して帰りにおにぎりでも買おうと思う。
数十分後大きな後悔を抱くとも知らず、軽い気持ちの普段着革靴の軽装だった。

他にも城址や史跡など山ほどある。
なんでよりによって黒井城址なのか?
微妙な所縁(ゆかり)にて、お彼岸の墓参りていどの気分・・

kasuga.jpg観光案内に出るくらいだから、この連休に訪れる人もいるだろうと思う。
その人たちの後を登ればよい。
が、人っ子一人いないし、確かに登山口の看板はあるが、
それらしき登り口は見当たらない?(何故かが二羽と、うこっけいが数羽いたが(@_@;))
やむなく春日局(お福)の出生の館(興禅寺)の脇から靴後の見える湿り気を帯びた山へ分け入る。
昨夜の雨が茶色い水たまりを造る場所を避けながら落ち葉を踏みしめ昇り始めた。
すぐ自然動物保護柵へぶつかり迂回しながらも昇るが、引き返そうと思う。
これ以上の傾斜を登るときっと降りれなくなる。
服が汚れて惨めな帰路につくのも不本意だ。

と思いながらもう少しもう少しと登っている。
蜘蛛の巣を払いながら、滑って地に這いながら、
手は泥だらけでも、何とか服は守られている。
ただ、靴が汚れるのが嫌だった。

あかんあかんもうあかんと下山を決めて下を見ると降りる自信もなくなった。
こうまでして登らなければならない義理も人情も金も女も何もないが、
もう少し登れば台地がありそこから何となく降りれる道があるように思う。
よしと 手につかんだ木が、すっぽと抜けるように折れた
このまま転がり落ちるのだ、泥だらけの服と血のにじむ頬を好奇の眼に晒しながら帰るんだ。

・・・手に持ったままの折れた木が斜面に衝き立った。
体は支えられしばし時間が止まったようだった。
さっぁ降りようと思ったが、
地に刺さったこの枝が、まるで誂えたような杖なのだ。
何かに導かれるように杖を頼りに調子よく、ひらけたはずの台地へ体を持ち上げた。
が保護柵に阻まれる。~>゚~~~
えーいままよ!保護柵のゲートを開け中へ踏み込んだ(・_・;)
はたして城址に行きつけるのか、そして下山できるのか?

にしても貴重すぎる休日に湿った薄暗い山中で一体何をしてるのだろう(゚゚;)(。。;)
言っておくが(誰に?)、愛用のAPSカメラの電池が切れた。
もうひとつデジカメのバッテリーが切れかけている。
おまけに携帯へは店からの連絡が続きカメラ機能で電池を消耗させるわけにいかない。
だましだまし数カットのショットにとどめる。

どうなる3月21日秋分の日。。つづく・・

ほんだらまた。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

いらん事するから

2010年03月22日(月)11 : 12 : 54
DICを分解した。
デジカメなどのデーターを処理し
プリントプロセッサーへ送るパソコンの事だ。

全面のUSB差し込み口が中に引っ込んでしまって出てこない。
何かと不便なので、今朝(20日)早くから分解してゆく。
以前にも分解していて、怖々片面だけをはずして、
手を突っ込んでその差し込みへUSBハブをつなぎ表へ出して応急処置をしていた。
が、今回それも外れてしまった。
今日はおもいきって全解体^^;
途中・・配線すら元に戻せるか不安になってきた。

壊しでもしたら・・このPCは店の一月分の売り上げに匹敵する価格だ。
なんでこんな事してるんだろう?!
こんな事せずとも、定期メンテナンス時に任せればいいじゃないか!

USBの差し込み口と箱との取り付けねじが完全に外れていたようだ。
シッカリと取り付け直して、組み立て直す・・何とか!
おっ、良い感じに立ち上がった(^^)/

^^;が・・・DICとプリンターの接続が出来なくなってる。
あぁ~消えたい
PCの裏の電源タップのハブにつながった
コンセントスイッチが掃除しているうちにOFFになっていたようだ。

やれやれ事なきを得た。
あれ!何となくDICが早く綺麗に感じるのは気のせいだろうか?
とリフレッシュ感のあるDICに頬ずりしている。
と気を良くしてる間もなく、
作業用のPCにある芸能ネタ(黒木&唐沢の酷評)と
あんこネタ(丹波屋と力餅のローカルネタ)の日記を
あやまって削除してしまった

もぅ書きなおす気力がぁ・・(хх)

ほんだらまた。
写真屋の事情 | Comments(0) | Trackback(0)

トラックバックテーマ 第924回「パンといえば?」

2010年03月20日(土)11 : 32 : 42
「ロバのパン屋」 ろば しかないしょ(゜゜)

こんにちは!トラックバックテーマ担当本田です。今日のテーマは「パンといえば?」です。本田は1日3食、パンでもいいぐらいパンが大好きです!特にフランスパンが大好きで、毎日一本食べきってしまっていた時期もありました(笑)はちみつをつけたり、クリームチーズをつけたり・・・想像するだけで、この時間また食べたくなってきて�...
トラックバックテーマ 第924回「パンといえば?」



ロバのおじさん チンカラリン
チンカラリンロン やってくる
ジャムパン ロールパン
できたて やきたて いかがです
チョコレートパンも アンパンも
なんでもあります チンカラリン
 
赤いくるまを チンカラリン
チンカラリンロン ひいてくる
ジャムパン ロールパン
あまくて おいしい いかがです
チョコレートパンに アンパンに
どちらにしましょう チンカラリン
 
いつもにこにこ チンカラリン
チンカラリンロン こんにちは
ジャムパン ロールパン
さあさあ みなさん いかがです
チョコレートパンと アンパンと
ハイハイありがと チンカラリン

晴れたお空に チンカラリン
チンカラリンロン 鈴がなる
ジャムパン ロールパン
よい子のおやつは いかがです
チョコレートパンも アンパンも
なんでもあります チンカラリン



ほんだらまた。
未分類 | Comments(4) | Trackback(0)

お返し。

2010年03月18日(木)19 : 23 : 17
ホワイトデイ!

trilogy01.jpg

超安かった(ないしょ)^^;

ほんだらまた。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

自由奔放な鴨さん

2010年03月17日(水)19 : 44 : 24
HALの学生だった若者が、
フォトグラファーになりたいのだがと相談に来た。

商業写真なら自分次第で何とかならなくもないが、
その方面で名を成す所を目指しているのだから、
正直に無理だと言ってやった。

先達を探すことと、飛び込む事、素直である事、
一貫してテーマや主張のある写真を撮り続ける事等、
軽く出来そうもない事を話してやった。

戦場の恐怖に耐えかねてアル中で最後まで周りに迷惑かけっぱなしで、
挙句、若くして肝ガンで亡くなった戦場写真家、
というよりアル中写真家と言ったほうが通りのいい鴨志田譲のエッセイを渡してやった。
西原理恵子という素敵な嫁さんがいる事が唯一の勲章かな!



これであきらめるだろう・・

・・あれぇ元気になって出ていったぞ?
励ましてしまったかな(。_゜)〃

だいたい店長になんか相談すなよxz^^;

オーディオ無料試聴「自分を不幸にしない13の習慣」の詳細はこちら

ほんだらまた。
写真屋の事情 | Comments(0) | Trackback(0)

それでも効果があれば・・

2010年03月14日(日)16 : 25 : 27
何気なくテレビのチャンネルを回していて、
オリエンタルラジオの中田が緊張するとになると言ってる場面でチャンネルを止めた。
ダウンタウンの浜田雅功に会うと思うだけで痔になると。
浜ちゃんは怒って、ワシなんか痔ろうじゃ、もう何年も持っとるわ(怒)
セリフ終わってフレームアウトすんの痛とうて動かれへんかったんじゃ!
お前なんかまだましじゃ、ボケ(怒)

分かる!身にしみてよく分かるw w w
オリラジ中田 敦彦の気持ち???
いや、浜ちゃんの気持ちが痛いほど(実際に痛いのだが)
よっく分かる。

痔の症状は多種多様で、浜ちゃんの云う所の 「あな痔(痔瘻)」 だが、
実にたちの悪いものである。
ボラギノール♪なんて効かないのだから^^;

唐突に・・つづき
1Gメン・・?!
2艾・・?!

100畳ほどの畳部屋に座布団が整然と並んでいる。
その座布団の殆どに人が座っていて、腰辺りから煙が漂っている。
壁に面した一面と部屋の中央によく磨かれた丸太が渡されていた。
丁度、中央の丸太の前が空いていたので、そこへ前かがみに歩いていって座った。
隣のおじさんが、私の顔を見てにっこりしている。
程なく、割烹着を着て手に太い線香を持ったおばちゃんがやってきて・・

そう、お気づきの通り私のお尻と背中の4ヶ所に張り付けられたのは
信じられないほど大きいお灸(やいと)だった。
おばちゃんは、手なれた様子でちょんちょんちょんと点火した。

周りの様子は何かに陶酔しているような耐えてるような・・
そのうち腰の方から暖かくなってきてた。
あぁこれは気持ちいい、
周りと同じようにうっとりしていた・・
kyu.jpgん。。ん・・ん!
隣のおばちゃんが私の顔を見て「がんばりや、しんぼしいや」って
言われてるうちに、熱さは増し前の丸太をシッカリ抱きしめていた。
汗を流し、いよいよ耐えがたい痛みに悶絶せぬようにいよいよ丸太にかじりついた。
頭のどこか奥の方で、なんで周りの人は陶酔しているのだろうかと朦朧と考えていた。

どれほど時間がたったのだろう??!!
気がつけば熱さが去って、ひりひりとした感じになっていた。
割烹着が背中の灰を落としにやってきた。

そーっとブリーフを上げシャツを下げズボンを履いた。
へっぴり腰で小股で歩き、弊〃の態で外へ出たが、
そこにいる筈の社長(ス○ジ○ア○スの現会長)は想像通り消え去っていた(゜゜)

それでも、電車を乗り継ぎ暗室へ帰り着き、
重い印画紙を詰めた容器と、風呂並みのタンクで
腰の火傷に摺りつくパンツとシャツの痛みに耐えながら、
納期に間に合わすべく現像を繰り返していた。

お尻と腰の火傷のあとは見るも無残に火ぶくれし白くまん丸に焦げている。、
その周辺は広い範囲に赤く日焼けのようになっていた。

浄土真宗無量寺 (通称 赤壁の寺 尼寺)
家伝 無量寺の灸(むりょうじのやいと)
大阪市南区上本町5丁目        
電話:06-6761-0167
地下鉄谷町線谷町九丁目から北東へ200m
近鉄上本町駅から北西へ約150mの西北角

家伝灸全盛時代を今に残す名灸で、
江戸時代からの生活文化のお灸であります。
ここで行われているお灸は打濃灸と言われるやり方のお灸で
膿をだして白血球を増やし、自然治癒力を高める効果があります。

施灸料1,000円(宗教法人非課税、坊主丸儲け)

確かにあの動くに動けない鋭い痛みは消えているが、
たぶん今は火傷の痛みの方が勝ってるのだろう^^;
はたしてこれで「あな痔(痔瘻)」は改善するのだろうか?
少なくとも、ボラギノール♪より効くのだろうか?

ちなみにあの丸太は、「我慢棒」と呼ぶらしい(_ _|||)
そして、よく効くよく効くとしきりと言っていた社長も
きっと、 誰かにだまされて あの経験をしていたのだと思う。

まだ・・・つづく

ほんだらまた。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

107

2010年03月12日(金)19 : 46 : 13
連休明けには100本ほどのフィルムは集まっていたんですが、
今は昔の話です^^;

現像のみ107本の注文(@_@;)
DSCF4463.jpg
煩悩へ一本足りません。

ほんだらまた。
写真屋の事情 | Comments(2) | Trackback(0)

ジャンクフード・・好きです^^;

2010年03月11日(木)19 : 21 : 35
DSCF4372.jpg 
でこれはハワイアンバーガー、
日本人にはスーパーサイズに違いない。
月見バーガーのパテが分厚い奴でソースが微妙なの^^;
うすいとんかつソースみたいなぁ・・
どうせなら醤油マヨネーズならいいのにな。

他のハンバーガにしても10年前から随分と味が変わっている。
健康環境コストに向き合った結果だと思いたい?!





ほんだらまた。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

ロバのパン屋・・

2010年03月10日(水)19 : 30 : 53
DSCF4461.jpgこれはグルメのクリームパンだが、当然いただいたm(__)m
ロバのパン屋はチンからリン♪
チンかリンとやってくる♪
ジャムパンあんパンチョコレトパンはいかがです~♪

って音楽流しながら、昔はロバで車を引いてパンを売りに来た。
知らんやろうね!
私だってロバの時代は知らない。
車に代わってからしか知らないのだ。


   ほんだらまた。
未分類 | Comments(2) | Trackback(0)

たんぽぽとコーヒー

2010年03月09日(火)19 : 08 : 34
Mcのコーヒーは美味しくなった。

つい二、三年前までは黄粉(きなこ)を焦がして湯で溶いたほうが珈琲らしかっただろう。
たんぽぽの根をローストしてドリップした方がはるかに旨かった。
出来れば在来種のたんぽぽがいいや。

そろそろとたんぽぽが咲く頃となりました。
でも私はほとんど見る事ができません。
陽が当たらなければ花を咲かせないのですから、
早起きの私には見るよしもありません。
線路脇の遊侠地の蕾を横目に行ってきますと声をかけるのみです。

外来種のたんぽぽには節操がなく、厚かましい。
遠慮なくどんどん同株受粉を繰り返し生息域を広げる。
在来種といえば、違う株からしか受精できない。
だから、他所まで飛んでもなかなか増えないんだね。

そう云う事でもう滅多に在来種にはお目にかかれませんね。
と云った所で見分けられる人っていませんか?
在来種は清楚で品がありますよ。
レンジファインダーのように・・
たんぽぽ










在来種は受粉に虫さんの助けがいるんだ。

あっ珈琲ね!
・・・120円お代わり自由(。_゜)〃



今度ヨモギの話しようね(^^)v
ほんだらまた。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »