POP

2010年06月30日(水)20 : 04 : 19
一応、仕事もしてます^^;
6月、惨憺たる売上げでした。
7月、新たな気持ちで取り組むつもりだけど?
できれば人生やり直せませんか・・_| ̄|○

けいたいのコピー

ほんだらまた。
写真屋の事情 | Comments(4) | Trackback(0)

むしむしする

2010年06月28日(月)08 : 34 : 49
やっとTwitvideo(ツイットビデオ)を覚えて、画像をUPしてロードしてダウンしたけど、
誰にも閲して覧されてないもよう。

画像はブログの方が良いのかな!

IMG_4202.jpg
でんでん・・むしむし^^;

ほんだらまた。
未分類 | Comments(8) | Trackback(0)

トラックバックテーマ 第989回「言い間違い、よくする方?」

2010年06月26日(土)15 : 02 : 30

こんにちは!トラックバックテーマ担当の吉久です! 今日のテーマは「言い間違い、よくする方?」です。何でだろう、分かっているのに、言い間違い、これ言いにくいんだよなぁ・・・そんな言い間違い、なぜだか人の名前まで・・・あなたはよく、言い間違えるほうですか?吉久は、本当によく言い間違えます。「レシピ」を「レピ...
トラックバックテーマ 第989回「言い間違い、よくする方?」


  碁(誤)            性(正)
チラシ封印         チラシ封入
イメージングトレーニング  イメージトレーニング
軽々しく持つ        軽そうに持つ
先だって          先走って
不適当多数         不特定多数
飛び入り撮影        飛び込み撮影
植木壺           植木鉢
好きこそ上手な物なかれ   好きこそ物の上手なれ
手回し           根回し
名言(めいごん)      めいげん
服の裾、淫ら        服の裾、乱れてる
無(む)自然           不(ふ)自然
日が刺さる。        日がさす。
悪疫(あくえき)病院    悪徳病院
ナフリタン         ナフタリン
くるしまみれ        苦し紛れ

当店アルバイト めいごん の一部(@_@;)
会話の中に自然に挿入してくるから油断ならない^^;

ほんだらまた。
写真屋の事情 | Comments(2) | Trackback(0)

外食

2010年06月25日(金)18 : 25 : 48

山崎 (懐石・会席料理 / 福島、新福島、中之島)
★★★★★ 5.0


↑此処が好きです。
久しぶりに外食、静かで落ち着いた、おまかせ料理。
↑このくらいの記事ならTwitterでいいかもヾ(^^ )

ほんだらまた。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

書斎が欲しい?

2010年06月23日(水)17 : 44 : 22
家も店も狭いので本が溜まると困ります^^;
処分しますが、どなたか必要あります?
着払いで良ければ送らせていただきます。
横柄な言い草でごめんなさいm(__)m

人にあげて中の一部はありません。
雪華ノ里―居眠り磐音江戸双紙 佐伯泰英 2009
遠霞ノ峠―居眠り磐音江戸双紙 佐伯泰英 2009
朧夜ノ桜―居眠り磐音江戸双紙 佐伯泰英 2009
紅花ノ邨―居眠り磐音江戸双紙 (双葉文庫) 佐伯泰英 2009
石榴ノ蠅 (双葉文庫 さ 19-29 居眠り磐音江戸双紙) 佐伯泰英 2009
陽炎の辻 佐伯泰英 2009
酔いどれ小籐次留書 御鑓拝借 佐伯泰英 2009
寄残花恋 佐伯泰英 2009
一首千両 佐伯泰英 2009
孫六兼元 佐伯泰英 2009
騒乱前夜 佐伯泰英 2009
子育て侍 佐伯泰英 2009
竜笛嫋々 佐伯泰英 2009
春雷道中 佐伯泰英 2009
偽小藤次 佐伯泰英 2009
一閃なり 上下 門田泰明 2009
あかんべえ 上下 宮部 みゆき 2010.01
ハンドルを手放せ 森田 健 2009
「私は結果」原因の世界への旅 森田 健 2009
運命におまかせ 森田 健 2009
運命を変える未来からの情報 森田 健 2009
兎の眼 灰谷 健次郎 2009
冬の旅 上下 立原 正秋 2009
烏鷺 佐伯泰英 2009
損料屋喜八郎始末控え 山本一力 2009
竜虎の剣 中里 融司 2009
クリムゾンの迷宮 貴志 佑介 2009
他の店が泣いて悔しがるサービス 香取 貴信 2009
禁煙セラピー アレン・カー 2009
夢の設計図の描き方(サイン入り) 鶴岡 秀子 2009
妖怪岩淵屋敷 鳥羽亮 2010.01
一心館の殺人剣 鳥羽亮 2010.01
秘剣 鬼の骨 鳥羽亮 2010.01
波之助推理日記 鳥羽亮 2010.01
風来の剣 鳥羽亮 2010.01
神のなせる技なり 森田 健 2010.01
ぼんくら 上下 宮部 みゆき 2010.01
幸運の女神を味方にする方法 森田 健 2010.01
かまいたち 宮部 みゆき 2010.02
悪源太郎 下 川口 松太郎 2010.02
虎の城(上)乱世疾風変 火坂 雅志 2010.02
覇商の門(上) 火坂 雅志 2010.02
平将門 黎明の武者(つわもの)(上) 高橋 直樹 2010.03
火の国の城(下) 池波正太郎 2010.03
はやぶさ新八御用帳(一)大奥の恋人 平岩 弓枝 201003
剣と旗と城(旗の巻) 柴田 錬三郎 201003
剣は知っていた(下) 柴田 錬三郎 201003
闇地蔵 鳥羽亮 201004
刺客 柳生十兵衛 鳥羽亮 201004
決闘 十兵衛 鳥羽亮 201004
死闘 宗冬 鳥羽亮 201005
激闘 列堂 鳥羽亮 201005
男の一生(上下) 遠藤周作 201005
私の嫌いな10の人びと 中島義道 201005
南太平洋ひるね旅 北杜夫 201005
立花宗成 八尋 舜右 201006
複合汚染 有吉 佐和子 201006
”It”(それ)と呼ばれた子 幼年期 デイヴ・ペルザー(田栗美奈子) 201006

どう処分しても足が出そうですから^^;

ほんだらまた。
本を一服 | Comments(0) | Trackback(0)

玄関にほってあった本

2010年06月21日(月)18 : 12 : 38
“It”(それ)と呼ばれた子 幼年期 (ヴィレッジブックス)“It”(それ)と呼ばれた子 幼年期 (ヴィレッジブックス)
(2002/09)
デイヴ ペルザー

商品詳細を見る
生死の狭間へ至るまで児童虐待を受けた経験を書いた本だ。

確かに残忍すぎて、脚色過多かと思わせるシーンが続く。
これが事実なら生き残った事を奇跡と言わなければならない。

あらがえず、逃げられない状況で与えられる苦痛は夢も希望も生きる気さえも奪い去る。
だが、この著者(デイヴ・ペルサー)は虐待を受けながらも負けない精神力を持ち続けた。
おおかたの同等の経験を有する人は、著者のように健全な精神を持ち続けるのは不可能だと思う。

他の4人の兄弟が、なぜ虐待されなかったのか?
何故自分の子供にあれほど残忍な行動が取れるのか?
不可能ではあろうが虐待に及んだ母親の心境を知りたいと思う。
この本が、虐待を受けた子供と虐待した母との共著なら素晴らしいだろうなと考えた。
時に、積極的に助けなかった父や、兄弟、親戚、知り合いなどの心情も知りたいと思ってしまう。

デイヴがこの地獄を乗り切った事を喜び、
一般的には発表しにくい体験を話し、現在さまざまに奉仕活動をしている事に拍手する。

私見としてはデイヴに神はいなかったと思うが、いつも肩に乗っていたとデイヴは言う。
が、多くの同じ虐待の体験者には、やはり神はいないと思う私は・・罰あたり!?

神などあてにできないから、お節介もいやだけど、巻き込まれるのはもっと嫌だけど、
無関心や嘘は、やめておこう。・・・・出来るだけ_| ̄|○


ほんだらまた。
本を一服 | Comments(2) | Trackback(0)

おなかんなか

2010年06月19日(土)18 : 09 : 31
onaka.jpg

おへそアルバム(。_゜)〃
手間取る事無くすんなり出来るようになってきた(^○^)

ほんだらまた。
写真屋の事情 | Comments(10) | Trackback(0)

ペット

2010年06月18日(金)11 : 54 : 17
かつて ハムスター の様子がおかしいので、休み ます。
と言って休んだアルバイトがいた。
なぜそんな理由で休めるのか不思議だった。

今朝、長いメールがあった。
ペット が苦しそうでフンまみれで暴れていて、
食べた物を吐き戻した。
休む つもりはなかったけど・・くらいの内容だが、
以前のアルバイトに比べたら少しは申し訳なさが感じられる。

中学時代、登校途中にペットの犬が道端で死んでいるのを発見した。
それでも登校したのを覚えている。
その時の 心情 はちょっと説明しにくい。
でも、抱きかかえて泣き叫び、学校なんて休むべきだったと今も思っている。

それとアルバイトの行動は、似ていても少し異なる出来事だろう。
このアルバイトたちが、私より優しいとか暖かいというには、微妙に違う気がする。
ただ、ストレートにペットを 慈しめる 彼女たちは、
それに感謝し、それなりの気遣いも必要だろうと思う。

あれ、何を飼っているのだろう?

コーンスネーク
2010061809330000.jpg クリック注意!写メを送ってもらった。(@_@;)

ほんだらまた。
写真屋の事情 | Comments(2) | Trackback(0)

違い

2010年06月16日(水)19 : 50 : 44
さて、以下の物は何に使用されているのでしょうか?

【溶剤:水】
【着色剤:染料・顔料】
【浸透剤】エチルアルコール、イソプロピルアルコール
【pH調整剤】
【防カビ剤】チアベンダゾール、ベンズイミダゾール系化合物など水虫薬に使われるようなもの
【その他】品質保持にかかわり、防腐剤、防錆材、マスキング剤などを添加することがあります。

インクジェットプリンターのインクでした。
出力した写真は防腐剤が無ければかびてしまうんですね!
浸透剤が無ければ、インクが滲んだり、乾かなくなります!
これらは有害化学物質や環境ホルモンですね!
これだけしても写真屋さんの銀塩プリントの品質には遠く及びません。
銀塩はとても安定したもので、廃液処理も完璧ですし環境に優しいねv

インクジェットプリンターのインクは着色剤なども含め多くの原材料が分りませんでした。
一体何が使用されているのか気になるところです?

写真メーカーは何故こういう事実(違い)を取り上げないのだろうか?
小売店の努力(使命)不足かな!

ほんだらまた。
写真屋の事情 | Comments(0) | Trackback(0)

雨か(゜゜)

2010年06月15日(火)19 : 47 : 20
雨は好きだが、かなん。
売上げがてきめん落ちる。

かつてロックバンドをやりながら当店でアルバイトをしていた奴が、
色んな思いを抱えやってきた。
31才と難しい年だ。
今の選択が、未来を左右する。
店長と仕事がしたいと、嬉しい事を言うが、
現状難しい・・・

次のワールドカップまでに、彼に相応しい店にしようかv

ほんだらまた。

写真屋の事情 | Comments(0) | Trackback(0)

写真屋で作る挨拶状

2010年06月13日(日)17 : 59 : 04
引っ越しや出産などの挨拶状の注文で、
お客様がサンプルを見ながら悩んでいる姿を見ると、
ついついオリジナルを作成しようかと親切心が出てくる。(写真屋です)

親切は良いのだが、お客様の要望が止め処なくなってくると、
他の仕事が出来ないどころか、二日三日つぶれることもある。

サンプル以外はできませんと言っておくのが無難なのだが^^;
お客様の顔を見ていると・・

201006出産








数日来、数件ダブってしまい大変だった。
写真を張り付けて背景を持ってきて文字を入れて程度の事だと
理解していただけるとありがたいのだが、
中にはどこまでもなんでもできるんだと、軽く要望される事がある。
先日、歌舞伎調の引幕を鶴が引張ってカメが後をついて行ってなど、
他もろもろの要望で頭を抱えてしまった。
この段階で断りゃ良いのに・・


その時たまたま、他のブログにクックロビン音頭と言うユーチューブ動画があった。
その冒頭が歌舞伎調の絵で、これを見た瞬間デザインが出来た。
これにめぐり合わなければ、未だ頭を抱えていたに違いない。

で、この音頭はパタリロという人気ギャグ漫画の中で脈絡もなく突然に歌われると言う。
意味もなく突然というのがギャグらしいからいいとしても、この音頭自体が、
マザーグースのパロディーらしいのだ。

店長はマザーグースが意味不明で怖く苦手である^^;
すごい数の歌や詩、物語の往々が残酷すぎるからだ。
以下も一例だが・・

日曜日 トムは結婚し
月曜日 女房 百たたき
火曜日 女房 寝込んでしまう
水曜日 なんとか持ち直し
木曜日 やっぱり青息吐息
金曜日 とうとう死んじゃって
土曜日 トムは幸せ気分
日曜日 女房は墓の中

トムの気持ちはよく分かる

ほんだらまた。
写真屋の事情 | Comments(0) | Trackback(0)

ダブったイメージ

2010年06月10日(木)10 : 37 : 13
複合汚染

さていろんな風評に晒された有吉佐和子(1931.1.20 - 1984.8.30)だが、
名士のお嬢様に育った帰国子女で、若くして世間へ認められる作家だった。
それだけに、嫉妬妬みなど多くあったようだ。
歯に衣着せぬ、お嬢様的な言動も批判を招く要因のようだった。

この本の冒頭に、市川房江の選挙応援をした事が書かれている。
そこへ、市川房江を応援する青年団の菅も登場するわけだ。
この当時は、気の利かぬ馬鹿者だったようだ。
80歳の市川の豪雨の中の演説を、だまってやらせているし、
有吉を乗せた車で散々迷った挙句、やむなくグランドホテル前で下している。
有吉は大阪にマンションを持っているにもかかわらず、その日はホテルに泊まったらしい。

菅が市川房江の応援をした事と、
有吉を下した場所が今は無いグランドホテル前だった事を評価したい?
なぜ評価するかは、話は飛躍するが、ただただ私が好きなホテルだからだ^^;
グランドホテルのスカイラウンジが、私のお気に入りだった。

さて菅直人は、そんなこんなで世襲ではない!
この「複合汚染」が世に問うた程に世に貢献してくれるだろうか?
市川も有吉も草場から応援していると思う。

ちなみに、有吉佐和子は頭痛で一時間毎に頭痛薬を飲んだこともあった。
死ぬ前には不眠症もあり眠剤まで服用していた。
異端児であり、才能に恵まれていたが若くして亡くなった。
汚染を説いた割に、服薬していた薬に複数の有害化学物質が入っている事は知らなかったのだろうか?
そんな人生が、何となくマイケルとイメージがダブってしまうのは私だけだろうか?!

ほんだらまた。
本を一服 | Comments(6) | Trackback(0)

朝に思う

2010年06月08日(火)20 : 14 : 06
朝一番の快速電車がホームに入ってきた。
いつもの乗り口に、見覚えのある男性が立っている。
あまりの面変わりに逡巡したが、目があってその人と分った。
挨拶を交わし、入れ替わりに電車に乗り込んだ。
務める友人の会社が行き詰まり、アルバイトで生計を立てていると聞く。
家族を持ち、一戸建てを購入している。
とても明るいく楽しく話せる人だったが、
最近、表情が変わり、口数も少なくなったような気がする。

人とは面白い。
自分の今ある境遇で自分を評価する。

自分も同様_| ̄|○
出来れば止む負えない境遇などに捉われず、
精一杯生きている自分を評価したい。

ほんだらまた。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

もう一度会いたい.。o○

2010年06月05日(土)19 : 55 : 59
南紀白浜にある アドベンチャーワールド の方が、
店に来て、初めての写真展をするのでチラシを置かせてほしいとやってきた。

もう一度誰か連れってってぇ~

わざわざ遠くからのお越しで、二もなく了解した。
思えば1996年8月に南紀白浜辺りを旅行している。
地元で入った鮨屋のサザエが美味かった。
白クマの迫力に圧倒された。
などの感想だが、
本命は本州最南端を回って、太地 に行く事であった。
今の中日ドラゴンズの監督、落合博満の野球記念館がある所だ。

落合よりも 「ザ・コーヴ」 の方が分かりやすいかな?
生活協同組合(コープ)の歴史が実際の取材映像を元に編集された映画じゃない(。_゜)〃
太地でイルカ漁を隠し撮りし、残酷さを強調した映画の事だ。
各地で上映禁止になってるけど・・

きっと制作側の価値観はクジライルカは知的動物で殺しちゃいかんのだろう。
馬も牛もそれなりに知的動物と思うし、人にも生態系にも地球にも影響なければ食文化と考えられないだろうか?
「ザ・コーヴ」の評価を書きたい訳でないので、今日の所はこのくらいにしといたら^^;

太地のクジラ博物館もいいし温泉もクジラ肉も美味かった。
でも ドルフィンスイミング がこの旅の主目的だったのだ。
一応の説明や研修をうけ、やっと一緒に泳ぐ事が出来る。

6歳の娘がライフジャケットを着て浮いてるのだが、揺れてこけそうになる。
離れた所から見ている私には、イルカが波を寄せて他の子供たちも含めこけるのを匠に防いでいるようにしか見えなかった。

天の邪鬼の私は、皆から離れて一人でシュノーケルを咥え泳いでいた。
それが、私がどのように泳ごうが、巧みにつかず離れず並走する人がいて、
実はイルカだったのだが、水中で目があった。
確かに彼に感情がある事を、その時に感じた。
感動なんて、もうしないだろうとなぜ思っていたのか今は思いだせないのだが、
その当時はそう思っていた。
が、イルカと目が合った瞬間、ついぞ忘れていた感動が胸をついて溢れだした。
とめどなく。

店長とイルカ

さて14年前に撮ったアドベンチャーワールドの写真を応募してみようか^^;

ほんだらまた。
写真屋の事情 | Comments(0) | Trackback(0)

理解の外

2010年06月03日(木)17 : 55 : 24
誰が読んだか、玄関へ放置されていた本。
映画も作られているのだが・・・

アユの物語byYoshi ↓


なんとも 乱暴 な箇条書きの文章だ!
これが170万部も売れたのだから、
読んでいて嫌悪を抱く私の感性は、
もう若くないのかもしれない^^;

捨て鉢を自己犠牲と捉え、改心を愛と唱える。
若い子が読み間違えないでほしいと願うしかない。
といっても、勝手な私の感じ方で、結局はそれぞれの感受性なのでしょうけどねぇ!

単純明快な文章運びで、読み進めやすいのは否めない。
元は携帯小説らしい。

私のつたなく 乱暴 で誤字だらけのブログは棚に上げて置く(。_゜)〃

ほんだらまた。
本を一服 | Comments(2) | Trackback(0)
 | HOME | Next »