汚れた硬貨

2010年08月29日(日)11 : 11 : 09
思い悩む年頃で
中々物事が進まない。
やる事も書く事もまとまらない。
でも退路なし・・・がんばれ店長!

だから短めに
お店にはお釣りに渡せないほど汚れた硬貨が入ってくる事がある。
それを綺麗なお金と替えてポケットに入れておく。
翌朝、twodownの自動販売機 で100円のスポーツドリンクを買う。
一日分の水分補給だ。
その翌朝、1000円札でスポーツドリンクを買った。
出てきた硬貨が、昨日入れた汚れた硬貨だった(@_@;)
今朝店の開店時間は平日の7:30より遅い10:00だ。
時間があるのでマックでアイスコーヒーをその100円で買って
時間まで涼みながら思索したり、
読んでも中々頭に入ってこない新源氏物語の中巻を何度も戻りながら読む。
今日は平日19:30までの営業より早い17:00までだ。
時間が短いので、今日の水分補給は水ですます。

店長が帰宅する頃、はるな愛は武道館まで完走できるかな!


ほんだらまた。

写真屋の事情 | Comments(6) | Trackback(0)

まぁいいや

2010年08月25日(水)19 : 03 : 39
赤ちゃんを抱っこして暑中見舞いの注文に来店。

残念ながら時期的に、すでに受け付け終了。

さて、どうしたものか?

お困りの様子・・

仕方ない暇にまかせてデザインして、はがきにインクジェットでプリントした。

これは銀塩写真をプリントしたわけではないので、特別対応。

デザイン料は説明していないし、馬鹿ほどプリント代を頂くわけにいかず^^;

一枚38円で4枚作成した。

しめて152円はがき代別。

要した時間30分で仕上がるまで母子とも大人しく待っていた。

一応デザイン料など今後掛かりますと説明しておくが・・・

何ともまぁ力の抜ける仕事だろうか・・

いっぱい喜んでくれたから、win・winってかgive・giveって事でいいや^^v

そんな仕事がもう一件。

自分で文字を入れて持ってこられた画像だが、

少々雑・・見かねて創り直して・喜んでもらえたから、これも善^^v

何してんだか・・

2010zannsyo.jpg


ほんだらまた。

写真屋の事情 | Comments(6) | Trackback(0)

見間違い。

2010年08月22日(日)16 : 20 : 18
玄関を出て足元をみる(@_@;)

「てめ~朝から出てくるなゴキブリめ!」

DSC04215.jpg

言いすぎましたm(__)m
にしても珍しい。


ほんだらまた。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

一人でいると、つい物想う。

2010年08月20日(金)19 : 00 : 19
めっきり暇になった店だが、不思議としょっちゅう差し入れがある。
うれしくてうれしくて、心がキュンキュンする。
昨日朝から マックシェイクポテト を2個ずつ頂いた。
残念ながらバイトが休み、店に住む座敷童も小豆洗いも見当たらない(゜゜)
お盆が終わって人間様と入れ替わりに休暇中か?
店長一人では多すぎるので、暑い中弁当を配っている配達さんへひとつ上げた。

写真はマックではありませんが数日前にいただいたイナリとマムシ。
DSCF5281.jpg
一口ずついただいた・・こりゃうめ~!

前回の日記(エントリー)に頂いたコメント
「幸福の神様はすでに降りて来ているかもしれませんよ(笑)」
と言っていただき気を良くしていると不思議なもので、
昨朝、毎日のように起きる 早朝覚醒 がなく、久しぶりに気持ちよく熟睡できた。

さすがに毎日ぐったりで寝つきは良いのだが、
最近、朝早くに、いや~な気分で心拍が激しくなり、
不安で叫び出しそうな気分で4時ころ目が覚める。
ってのが 早朝覚醒 だ。

2006年の一年間も同じ気分があった。
娘が一年間のキウイ―留学から帰ってきた年だ。
それで、大学は青山英文科だと言い出す。
折しも店の状況が状況で(-"-)
先行きの不安がつのっていた。

当時、ラッキーな仕事(某放送局番組宣伝)や保証協会の融資などがあり2007年には生き還っていた。
娘には申し訳ないが、青山を落とし○大へ進学してくれた事も幸いしたかもしれないm(__)m

今また状況が状況で(-"-)気持ちが沈んで仕方ない。
出来るだけの手立てはと思うものの、選択肢の中に馬鹿な考えも浮かんでしまう。

2000年スタジオアリスを退職し独立する際に転職というもう一つの選択肢を
何故思いつかなかったのだろうか?
当時、飛翔(上場)前夜のアリスを去ったのは止む負えないとしても・・

人生を儚む思いもあるが、なんとまあ面白いものだとも思う。
ボタンひとつのかけ違えや、たった一度の選択で人生こうも波風を伴うとわ。
どうせなら神風が吹けばいいのに・・FX再戦してみようかな☆(o_ _)o

10年俳優をしながら25年アリスへ所属した後、10年自営をしてきたが、
結局のところ借財して次は無いのかな・・
年末までお仕事のお約束があるので石にかじりついていますが、
どなたか店長の次の人生知りません?

あらあら暗くなっちゃった^^;
でも、差し入れいただくお客様も含め
頼りにしてるお客様が、きっといるし、潜在的にもいそうにも思う。
この店捨てたものじゃない!

そうだ!今だったら格安でM&A (700で店長共々買収) されますよ!
がむばります、また息を吹き返せるよう応援してください(^○^)

ほんだらまた。
なんとなくプロフィール | Comments(8) | Trackback(0)

ニュースレターを作ってみた

2010年08月17日(火)17 : 20 : 25
グリーンBOXニュースレター  Vol 1          20100817

背筋が伸び眼の澄んだ少年が店の前に立った。
店長の眼を捉えると、安心したようにゆっくりと入ってきた。
これで二度目の来店になる。

前回、一人で戸惑いがちにやってきた所へ、店長が声をかけるとデジカメを出して来た。
そしてパソコンで画像を確認し、2、3枚を大きく引き伸ばして、
その写真を愛おしそうに大事そうに嬉しそうに持って帰って行った。
店長はその写真の出来のよさに感動していた。
少年と一緒に、ひとしきり感心し褒めたり驚たり微笑んだりした。

少年は一つ一つのカットに自分の息吹を注ぎ込み、
二度は撮れない瞬間を、心を込めシャッターを切っている。
デジカメにありがちな安易で乱暴な撮り方は無い。
200万画素コンパクトデジカメの、その能力の限界を引き出している。
誰もコンパクトデジカメで撮られたものとは思わないだろう。
初めての来店のあと、店長は少々後悔した。
店へ展示させてくれるようお願いすればよかったと。

が数ヶ月後、少年はまた来店してくれた。
この夏休み店の入り口で、選びきれない中の20枚程度で、
ミニギャラリーを開催しようと思う。

店長は、この少年の作品を一人占めしたくない。
きっとそれぞれの人の心へ何かを語りかけるだろうから。
少年がどのように成長するかは分からないが、
自分が素晴らしいセンスを身につけている事を存分に知ってほしいと思う。
多くの人がこの少年の写真を見て感動してほしい。
店の前を通り過ぎる時、数分だけ立ち止まって見上げてほしい。
その少年は福島小学校出身の下福島中学校生。

-----------------------------------------------------------------------
ミニギャラリーの展示期間は8/18より1ヶ月間。
場所と問合せ先は以下まで、
グリ??????
〒553-0???
大阪府大阪市福????????-21
Tel:Fax:06-6452-????
Eメール:m?????アットマーク???.??.jp
------------------------------------------------------------------------

ギャラリーを見て少年へのメッセージを書いていただいた人へ、
店長から感動の共有に感謝してデジプリ10枚無料券を進呈したいと思う。
メッセージ用紙は店に備え付けるつもりだ。
思うままを言葉にして店のスタッフへ渡すと無料券と交換する。

IMG_1344.jpg

ほんだらまた。
写真屋の事情 | Comments(8) | Trackback(0)

特攻の母トメ

2010年08月14日(土)15 : 07 : 54
ホタル帰る―特攻隊員と母トメと娘礼子ホタル帰る―特攻隊員と母トメと娘礼子
(2001/05)
赤羽 礼子石井 宏

商品詳細を見る
8/15
この時期に合わせて読んだわけではない。
量り売りか拾ったかオークションか
たまたま手元にあった単行本を内容も確かめず読み始めた。
と、映画にもなった特攻の母トメが主人公のノンフィクションだった。
地味な暗い内容だろうなと期待もせず読み進めると、以外にも引き込まれてしまった。
特攻隊員への献身は、嘘偽りないもので、逆にどうしてそこまでしてと疑問を持つ。
その中に隊員だけでなく娼婦やアメリカ軍人などとの物語が織りなされる。

本の中にそのような文脈は無いが、トメの身を削りながらの献身は、旦那や子供たちの理解協力がなければ成り立たなかったろうと思う。
天の邪鬼な読み解き方にも思うが、現在に生きる家族達がこのような風ならきっともっと柔らかな暖かい世の中になっているだろうとしみじみ思う。
当時は特別な緊急時であり今と比ぶべくもないのだろうが、あぁ、もやもやする。


こちらもご覧なさい。

ほんだらまた。
未分類 | Comments(2) | Trackback(0)

ガネーシャ

2010年08月12日(木)15 : 45 : 30
窮状を見て、アルバイトが待ちうけを送ってくれた。
普段は気にも留めないが、素直に待ちうけに設定していた。
精神的に弱っている店長がいる。
でも、優しい気持ちに報いたい。

まだまだ、がんばんなきゃ・・

がねーしゃ  DSCF5261.jpg


「お前なぁ、このままやと2000%成功でけへんで」関西弁を喋るゾウの神様(ガネーシャ)
うちの店に来ておくれ。

PS.印画紙製造中止って見かけたけど、何の事?
   横着して悪いけどこの際手っ取り早く、どなたか詳しいとこ教えてm(__)m

ほんだらまた。
あやかし~♪ | Comments(10) | Trackback(0)

たこ≡(・◎・)≡

2010年08月10日(火)18 : 18 : 40
前のエントリーの内容が重く、このエントリーまで間が空いてしまい
何かと申し訳なく思います。

心配掛けるなこのDSCF5274.jpgタコ!

お客様から醤油味のたこ焼き頂きました。
食欲ありませんが美味しいです。
大半を座敷童?が食べました。

焼け石にタコですが(。_゜)〃←少し美味しい
おかげ様で10月から12月だけですが証明写真の出張撮影が決まりました。
それまではなんとか乗り切らなければ。

ほんだらまた。

写真屋の事情 | Comments(6) | Trackback(0)

富士フィルムの施策

2010年08月05日(木)12 : 14 : 20
富士フィルム担当から電話があり、支払いが・・と遠慮がちに申し訳なさそうに言ってきた。
先月末は土曜日で今月初めが日曜日で入金は2日になる。
こんなことは当たり前の話なのだが、今までも言われたこともないのにどうしてだろう。

たぶん、多くの店で支払いのとどこうりが発生してるのだろうと想像する。
月末に支払いの確認をしても入金されていない所(店・会社など)は
一応連絡するって事だろう。

支払いの話は速攻で付いていたが、
そのついででもない話をしてきた。
ここ 6、7月多くの店が尋常じゃない売り上げ低下 に見舞われているらしい。
で、その原因は何か?との問いだった。

雨と暑さが主な原因だが、フォトブック などの不明確な理念の商品が消費者を混乱させていると答えてやった。

大体、あのフォトブックが従来大切な思い出の詰まったアルバムに変わるわけがない。
それを、あたかもこれからはこれで残すのだと云わんばかりの主張をしたのだから、
消費者はどうすればよいかわからなくなる。
フォトブックは、たった一枚の写真に敵わない。
無理やり枚数合わせして、出来あいに詰め込むんだから話にならん。
まして小売店の利益(売価設定が無茶に安い)やメリットは一切ない。

フォトブックは良い商品でギフトでこそ威力を発揮する。
それを従来のプリントと同じ理念の商品としては、だんじていけない。
従来のアルバムに残すプリントは従来通り お店プリントを頑なに進める べきなのである。
撮ったままプリントにしない事が、インクジェットでプリントして残そうとする事が
将来どれ程悲しい事になるかを、消費者へこんこんと説かなければならないのだ。
それが王道であり、お客様の未来の幸せ のためなのだ。

それぞれの方にもあるだろう心に触れる一枚の写真。
この一枚のアルバムの写真がどれ程私を慰めるか、想像してみてほしい。
000024.jpg
データーでもなくフォトブックでもなく写真でなければならない理由が此処にある。

さて、当店の状況も書いた通り悪い。店の家賃すら出てこないありさまだ。
実は末が週末で支払いが伸びた事がとても助かっているのだ。
今月来月あたりの支払はどうしようか頭を抱えてる。
あっという間に増えた借金と生命保険の額を見比べている。

ほんだらまた。
写真屋の事情 | Comments(8) | Trackback(0)

会員情報誌「THE GOLD」

2010年08月03日(火)14 : 56 : 55
会員情報誌「THE GOLD」

デザイナーの専門学校を卒業し昨年就職するも退職しフリーターで過ごす若者。
先日、友達のカメラマンを店によこした当の本人だ。

時折数枚のデジカメプリントを注文に来たり、証明写真の焼増しに来る。
昨日もやってきて、「今日は写真じゃなくて、報告です」と
自分の書いたエッセイとイラストが来月発行の雑誌で取り上げられた。
とのこと、このような事をわざわざ報告に来てくれる事がとてもうれしい。

上の雑誌は、エッセイやイラストなどの記事のセンスが良いと思う雑誌「GOLD」だ。
この青年には、イラストやエッセイがやりたいなら雑誌社へ売り込めと助言し「GOLD」を渡してあげていた。

小さな光が、夢への第一歩が踏み出せたように思うと素直にいい顔をしていた。
がんばれ若者!

ほんだらまた。
お客様 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |