彼岸はまだか

2012年07月29日(日)16 : 58 : 10
暑い暑いと挨拶をするのは、
まだ ふたつき は続くだろうか。
そして、更新頻度が開けば開く程に
気のきいた事を書こうとする いじましさ。

さて暑い寒いの始まる当初は如実に客数減となる。
また、暑い寒いになれた頃から、来店客数は元へ戻るようだ。
(たかだか知れているが・・)
かといって、寒い夏や温かい冬 が良いかと言えば、
暑い夏や寒い冬より、客数は落ちる。
夏は夏らしく冬は冬らしくって事らしい。
分かっているなら、その間は何某かの予定や企画をすればいいと思うが、
何も手に付かなく、焦っている自分が、いじましい。



よくお客様に戦中戦後の話題を振る事がある。
もっと昔のお話を振りたいが、
江戸や明治の時代をリアルにご存知の方の来店が未だない。

シベリア抑留のお話や、
中国閲兵部隊のお話に聴きごたえがある。

ある方に大阪大空襲のお話を聞いてみると、
滔とお話をはじめられた。
当時大体が疎開していて実際に体験されていない方が多いが、
この方の家は工場をしていたので大阪に残っていたらしい。
焼夷弾の熱気だけで着物の裾に火が付いたらしいから、
今がどんなに暑くとも、大したことではないらしい。

二日後本を渡されたが、
はたしてこのお客様がその著者で驚かされた。
あとがきに
「・・ふと我に返れば全てが無である。所詮、人生とは儚い夢、幻ですね。
 こう一言で片付けてしまえば空しいですが。」
「僕の人生七十年という歳月は何だったんだろう・・・」とある。
今を生きるのに精いっぱいだっただけに、今
いくつになっても人生の何たるかを思い測るのかと感慨深く読み終えた。

先日植えたウコンは瑞々しい葉を開き楽しそうだ。
人生の何たるかなど愚にもつかぬと言わぬばかりに。

さあ何から手を付けようか。


ほんだらまた。
お客様 | Comments(6) | Trackback(0)

芽吹く

2012年07月20日(金)17 : 17 : 16
善人なほもって往生をとぐ、いはんや悪人をや
(善人でさえ、救われる。悪人ならば、なおさらだ)
愚者の智慧~『歎異抄』
この解釈は正しくない。
そう云う解釈がなされるのを恐れたかどうかは不明だが、
蓮如上人は長く歎異抄を秘匿した。
この善人悪人の意味は、異国語みたいなもので正しく訳す事が出来ない。
どちらかと云うと心でも体でも不自由な方と云う意味になる。
と店長 ♪ は思うのだが・・ただの思い違いかもしれない?
親鸞通がいらっしゃるので、叱られそう^^;

DSCF8631.jpg

さて台所の横のワゴンから、
また青々とした芽が顔を出してきた。
昨年はジャガイモが芽を出したのだが、
これは何の芽だろうか?
よくもまぁ芽が出るまでほっておけるものだ!

店に持ってきて裏の植木鉢に植え込んだ。
年末に収穫できればリカーに浸けこんでみようかな(^O^)
ショウガでもなさそう・・・

ほんだらまた。

←アフェリとちゃうで!
店長 ♪ の天然自然 | Comments(8) | Trackback(0)

本を片付ける・・書斎があるといいね^^;

2012年07月15日(日)17 : 01 : 49
本がかさばっていて
数冊ずつオークションにかけるのも限がなさそうで
処分することにした。

6割は文庫で(その9割が時代小説)
2割が自己啓発
2割がスピリチュアル他

その中の一冊だけご紹介




題名から想像できる内容よりは重い内容が書かれている。
後半1/3は自殺の事が書かれていて、
うつ病などの精神疾患を患う方にはとても理解しやすい。
念慮の当事者が読めればいくらか救われるのではないだろうか!
他に読んだうつ病関係書籍の中でも、
精神的にも実用的にすぐれていると思われた。

中学生自殺が大きな問題になっている。
虐めの側、その他関係者やご親族のお気持ちなどへの視点が当然重く、
自殺に至る原因究明や誰彼に非難を浴びせるニュースや
評論が多く取り上げられているように感じる。

加害者が筋の人で、自殺ではなかったなど・・
真実は未だ藪の中なので、
ただ単に、私の中の少々の違和感と
他にも同じ立場にいる念慮者の気持ちを思いながら書いてみた。

追記
しまった二次被害の危険を書くの忘れていた_| ̄|○

書籍から抜粋
「自殺してもよい人間」などけっしていないと私は思っている。
自殺は自由意思に基づく選択された死などではなく、
さまざまな理由から強制された死にすぎないことを、
精神科医としての20年の経験から自信を持って言えるのだ。
・・・ぜひ相談してほしい・・と続く。





ほんだらまた。
本を一服 | Comments(2) | Trackback(0)

ケセランパサラン

2012年07月07日(土)15 : 24 : 23
6月16日・23日・30日の
三週連続した土曜日

早朝いまだ閉めたままの店内に
一つだけ紛れ込んでいた

空中にあったり
床を転がっていたり
日によってある場所は違うが
その都度
外へ逃がしてやる

そして
また一週間後の土曜日に
紛れ込んでいる

どこから
入り込んだのか分からない

DSCF8528.jpg

桐の箱に入れて
白粉上げて育てる気もないし
先祖代々家宝にするつもりもない

でも
こう続けて
訪問されるとも思わなかった

三回目に見つけた時
驚いてみたが
やっぱり放してやった
「気持ちは受け取ったから」
「でも君のいる場所は大地のあるところだよ」

風に乗ってみるみる見えなくなってった
三回分の幸せ貰えたかな・・
逃がしたからダメ!
「天に登って おり姫様 になって、もどっておいで」
「そしたら逃がさない」

ほんだらまた。





夏の旅行応援キャンペーン
写真屋の事情 | Comments(8) | Trackback(1)

胃腸炎

2012年07月04日(水)09 : 47 : 37
昨日
お腹を下し
発熱
皮膚がピリピリ
顔がしびれる
神経痛の痛みが増してゆく

アルバイトが来るのを待ち
診療所へ
感染性胃腸炎

絶食と水分補給
座っているのも
立っているのも
つらいな

帰宅後
畳に寝転ぶのが
こんなに気持ちいい

ベルメゾンネット

ほぼ改善
おなか減った
お昼にうどん食べよ(*^^)v

ほんだらまた
未分類 | Comments(4) | Trackback(1)

一人居酒屋

2012年07月01日(日)13 : 41 : 44

関連ランキング:もつ鍋 | 福島駅新福島駅中之島駅



誰にも等しく7月です。
6月は 恋 (うそかな?) もお仕事も惨憺たるものでしたが、
今日はいつもより1秒長いらしく一秒分は辛さを忘れる事にする。

今日から生のレバーが販売禁止。
店長 ♪ には好き嫌いはほぼない。
レバーの焼いたり炊いたりした料理の
口中に粉っぽく粘りつく感覚だけが少々苦手です。
でも生のレバーは好んで食べます。
変でしょ。

一人で居酒屋などはいかないんですがね!
すっごい穏やかで笑顔の絶えないマスターのいる
もつ鍋 くし焼 ちぢみ など韓国料理(たぶん)の「楽」って処へ
生肝 を食べに行きます。
なんか悪戯を見とがめられた子供のようにこそこそと、
カウンターの奥の奥へ座って 冷麺生肝生ビール を注文する。
後ろのテーブルでは韓国語が聞こえるし、
左側には、サモハンキンポーみたいな人が、
精力的に料理をほおばっている。

以前入った時より従業員もお客様も多くなり、
二階三階にも、お客様が上がってゆく。
繁盛しているようで、嬉しい。

忙しそうなマスターが、
それとなく声をかけてくれるし、
雰囲気も暗くも明るくもなく、
一人でも妙に心地いい。

絶品の 肝も冷麺も大満足でお腹一杯だけど、
ハラミカリカリ焼きと生ビールを追加した。
お勘定2???円(@_@;)やす
仕事帰りに一杯飲んで帰る人の気持ちも分かるような気がする。

最後の生レバーを食べれて、
一人居酒屋 も覚えてよかった。
「楽」☆☆☆☆

ほんだらまた。
未分類 | Comments(4) | Trackback(1)
 | HOME |