30代に読めてれば・

2012年10月22日(月)18 : 00 : 57


薄っぺらい本
軽すぎる題名
故に積ん読く

読む本が無くなって
やっと手を伸ばした

毒にも薬にもならぬ
自己啓発本だろうと
多寡を括っていたが

しつかりした内容
思いのほか難しい

怒りを欲望や迷いと説明して
十善戒にわけいり説いて行く

不遇を憂う自分には  (不遇など、うぬぼれに過ぎませぬm(__)m)
なによりの薬になる

もう、怒らない
もう一度読もう


ほんだらまた。
本を一服 | Comments(8) | Trackback(1)

還暦と古稀の間くらいのおじさん

2012年10月15日(月)09 : 57 : 48
すこし、ほんの少し、お仕事立て込んでいます^^
デジカメプリント店頭受付機が店長 ♪ の手間を省いてくれます。
これだけでも、入れた甲斐がありました。

最近気になるのは、
為替じゃなく^^; 株価でもなく ̄|_|○
尖・竹も気になりますし、
まぁ借金や売上も気になるのですが、
下世話な事や国際問題は他に譲り^^;

同じ駅で降りて同じエレベーターに乗り合わせるおじさん!
ジーンズにTシャツ、最近はその上に薄手のジャンパーを着ている。
とても清潔な軽装でいつも同じ紙袋を右手に提げている。

降車駅でドアが開いても眼をつぶっていた店長 ♪ だが、
眠ってはいなかったし、十分間に合うタイミングで立ちあがるようにしていた。
眼を開けた瞬間、目の前で素早くドアへ振り返る当のおじさんが見えた・・?

この駅で降りるのを知っていて、
寝過そうとしている店長 ♪ を起こしてくれようとしたよう(^O^)
見ず知らずで、眼もあった事もないのに!
親切なおじさんなのかな。
ちょっとほのぼのした。

見るともなしに見えた紙袋の中もシンプルに一つだけ、
包まれもしれない色とりどりの・・さて何でしょう?

ほんだらまた。
Read more "還暦と古稀の間くらいのおじさん"
店長 ♪ の天然自然 | Comments(4) | Trackback(0)

記憶

2012年10月08日(月)10 : 46 : 35
今年も長いような短いような・・

10月も8日ですが
出だしの悪い10月の店です。
挫けず明るく頑張り続けますね!

長い短いと言えば、一番遠い記憶はとふと考えます。
暗い一間しかない家の玄関土間で、
母に5円玉を貰って靴をはき出かけるところです。
商店街へきな粉を買いに行く。
僅か2歳ころか?   

ひょっとしたらこの映画館かもしれません。名前が変わりながら50年以上昔からあるらしいです。店長 ♪ が思っている小路通りがここであるならば・・・

次の記憶が、
映画館に切符も買わず入って映画を見ている。
西部劇か?
映画館の中に溝が流れていてその中に落ちる。
そばのおばさんが、ひょいと持ち上げてくれた。
これも2歳くらい?  

その次が、
工場の中で女工さんが沢山いて働いている。
突然の地震で大きく揺れ、
近くのおばさんが覆いかぶさるように
かばってくれた。
これも2歳。

じつは生まれた瞬間にたらいの底の木目を見たのが
一番古い記憶かなとも思うが、気のせいにしよう。


今が幸せで、
ふとほのぼのとした記憶がよみがえる。
そんな人生が多くの人にあれかし。

ほんだらまた。
Read more "記憶"
店長 ♪ の天然自然 | Comments(4) | Trackback(0)
 | HOME |