2014年01月31日(金)18 : 29 : 16
1月31日は、
旧正月です。

星の巡りから、
本来、年の変わり目として、
運勢に影響してくるのは、
この頃と思われます。

元旦の今日の
誕生花は 「シロタエギク」
花言葉は「あなたを支える」

自然に支え覚えず、
素直に支えられ忘れず、
に、いたいと思う。

愚○の彼が会いに来た。
思いやりと支え会う気持ちを
大切にできればいい。

さて苦労の種と幸せの種、
どちらが撒かれたのだろうか!?
見分け方が分からない ・・ -_-;

20140101_mikuji
えんだん秋にして尚よし

ほんだらまた。
店長 ♪ の天然自然 | Comments(6) | Trackback(0)

ここは大阪

2014年01月23日(木)11 : 23 : 53
長野県から証明写真を撮りに来られたのは、
一昨年の出来事だと思っていましたが、
手紙に昨年と書いてあり、
思い返してみると、はたして昨年の事だった。

20140117_長野から

なんか時の流れが、
お湯に焼酎が溶ける時に、
漂う陰のように感じる。

そして、そちらの写真には不思議なパワーが
あるのかも・(笑)と書いてある。
この事は他の方からも時折耳にはする。
裏を返せば、ご本人方の努力と運のなせる技なのだろう。

遠くからのお手紙が嬉しく、
惑い、苦しみ多き心内に、温かさが広がる。
ありがとう。


ほんだらまた。
写真屋の事情 | Comments(2) | Trackback(0)

鴨が好き 偶然力

2014年01月20日(月)19 : 02 : 37
昨年から、鴨が食べたく、
鴨の食べれるお店を探していた。
近くに戦前から残る建物で、
鴨鍋を饗する
○○姫 かもひめ という店を見つけたが、
混んでいそうで、ご一緒するツレもなく
足を運ぶきっかけをつかめないままでいた。

一昨日、
デジプリに来店された73歳のお姉さんに、
デジカメの扱いを説明していて、
とてもとても73とも思えないほどの
理解力で、感嘆していると、
お店をやっているからだという。
食べ物屋さんですか?どこですか?と聞くと、
そこで ○○姫 って言うお店をやっているのという。
嬉しくて思わずお姉さんの腕を掴んでいた。
そんなに混んでないよカウンターもあるし
サービスするからおいでと言われた。
40年くらい前のお姉さんに
サービスするからって言われたら
鼻の下を伸ばしていそいそ出かけるのだろうが・・
いや純粋に鴨鍋が現実味を帯びた気がして
うれしい。
さて、供は・・

その・・・
お姉さんは、昨年リンパ腫で入院してたのよという。
寛解までは行かないが、薬が合っていて、
良くなったからまたお店やってるのよという。
ちょっと擦りむいた程度の話し方だったが、
リンパ腫はそんな簡単な病気ではないはず。
(血液のがんの一種)
そして、オリンピックまで、できればいいわ!
と言って帰って行かれた。

早くいらっしゃいって・・


ほんだらまた。
お客様 | Comments(8) | Trackback(0)

停滞?!・・前進!!

2014年01月18日(土)11 : 30 : 28
スイッチングハブに集まったランケーブルで
つながっている他のPCの
フォルダー内を操作しようとしたら
以下のような表示が出て、操作できない。

20140118_パスが・・

ネットワークリソースを使用するアクセス許可が無い可能性・・・
ネットワークパスがみつかりません


もう少し分かるような
表現してほしいような?!
共有ホルダーはいつものように見えているが、
操作できないという変な現象。
お仕事進みません。
2時間ほどの試行錯誤の末、
マカフィーセキュリティーが
邪魔をしていたのが分かった。
マカフィーの
「パソコンとホームネットワーク用のツール」という
項目を実行して復旧した。

京都の方の専門学校から
学生さんの就活用の証明写真をと依頼が飛び込む。
他の業者さんとも相見積を取られていたようだけど、
丁寧に撮るとの評判で当店に決めていただけたよう。
ご担当様とスケジュールを打ち合わせし、
信用のおけるカメラマンとメール2本ほどの打診で、
段取り終了!
みんながシェアし合うような仕事だけど、
経験値があり、簡潔に事は進む。
ありがたい。ありがとう。


今日からセンター試験が始まった。
頑張ったそれぞれに、
よい結果が得られますように。

外泊外食はめったとないのだけど、
また1/17という日柄には不謹慎なのだけど、
夕べは数少ない友のひとりと、
養老の滝でちょっと食べすぎて、
隣りの居酒屋でちょっと飲み過ぎて、
快眠カプセルに泊った。
今日の頭はボヤケテいるが、
気分は悪くない!



今日も頑張る。
ほんだらまた。
写真屋の事情 | Comments(2) | Trackback(0)

ふと思い出す

2014年01月13日(月)16 : 05 : 25
1977年には・・・
さらに同年、中村敦夫の推薦で『新・木枯し紋次郎』の主題歌『焼けた道』(作詞:中村敦夫 作曲:猪俣公章)を歌う。この時、旅人役でゲスト出演するも、散々な内容でノイローゼとなり自殺寸前にまで追い込まれたという。後に本人は「ガンダムの『砂の十字架』(後述)と同等で「生涯最大の汚点」と語っている。またこの時の経験がトラウマとなり、その後ドラマ出演や芝居の依頼は一切拒否するようになる(自身が出演の番組(冠番組・ゲスト問わず)でこれを流すことはタブーであり、冠番組で流せば番組をその日をもって終了させると公言している。但し『新・木枯し紋次郎』単独での地方局等での再放送は拒んでいない)。これを機に猪俣とは親しくなり、CMソング「サントリーレッド」「桃屋の塩辛」などを歌うようになる。

以上ウィキペディアからだが、
その旅人役のたかじんの横で、店長 ♪ は渡世人姿でご一緒していた。
厳しい山の中のロケで誰もたかじんを丁寧に遇するスタッフはいなかったし、それほど売れてもいなかった。
それ以上に、スタッフや大部屋俳優がたかじんに向ける目は冷たかった。
決して意地悪な訳でなく、酷い演技にどう対処した物か、慰めるべきか励ますべきか、指導するべきか、と判断に戸惑う、微妙な立ち位置に当時のたかじんはいたと思う。
大方の役者は、そう言う処を通過儀礼として、その後の道が分かれてゆく。
繊細であればある程、その場の空気を感じ、耐えられない屈辱感を味わう事になる。

最後にたかじんさんに会ったのは半年前の人の居ない早朝の駅の改札口だが、見間違いかと思った。
数瞬、目があって、ご本人だと確信を得た。

たかじんさんの事務所は、店(写真屋)の近くで、時折、ご来店いただいた。
でも、当時 店長 ♪ がロケ現場で隣りにいた事は、未だご存じないままだ。
いつかそっと話そうと思いながらも、機会は得なかった。

店長 ♪ には、線の細い、優しい眼をした人に映っていた。
お疲れさまでした。


ほんだらまた。
店長 ♪ の天然自然 | Comments(8) | Trackback(0)

正月早々普段言葉も交わさない○○が都合のよい話をしかけてきた・・

2014年01月06日(月)18 : 45 : 49
20140101_ikomareien

雲で見れなかったけど、初日の出を見に行って、
墓参りして(暮に行ったお墓と違うお墓二つ)
初詣してと、
これといった正月を過ごした訳ではないが、
いっぱいお風呂入って、いっぱい映画観て、
たまたまクアハウスのBSで
「あまちゃん」をまとめて鑑賞する事が出来た。
粒ぞろいの役者とスタッフが共鳴している。涙した。
これで、
頭も体も少しはリセット出来たかな。

お陰で正月ボケもなく普段と変わらぬ
仕事始めとなっている。
午前中は忙しく
この様子なら休んだ分の少しは取り返せそうで、
ほっとする。

明けましておめでとうございます。
これといった抱負は、
未だありませんが、
今年も騒がしい年となりそうです。
やれやれ、お楽しみに!

皆様には良い年となりますように。



ほんだらまた。
写真屋の事情 | Comments(6) | Trackback(0)
 | HOME |