8%・・ (`o´)

2014年03月31日(月)16 : 35 : 15
消費税の増税で税込み価格を、
明日から変える事になるが、
面倒だな・・・

現状維持としよう。
頑張って増税分は売上ましょうね。

現状維持と行かないのがレジの設定で、
もう長年使用されているレジの消費税率を変更するため
PUL精算や月間日別精算・時間帯精算など出してゆく。
長く放置していたのですっごい金額が掃きだされてきて驚いた。

20140331_resi-to

時間帯精算とかは常日頃からチェックしておくべきだが、
体感で繁忙は分かるので横着して長く精算されていない。
毎日の精算と毎月の累計精算は怠りなく為されているので、
経理上や予算上、問題ない。
というか余分な機能が多くある。(使いこなせていない^^;)

使いこなすと言えば言葉は悪いが
千代の山内一豊への仕え方(使い方)に目を瞠る。
今更だが 「功名が辻」 の八割がたを読み終えた。
司馬遼太郎の見てきたような時代考証が
実際に起きた出来事や心の揺れ動きだと勘違いしてしまう。



山内一豊の妻という事では、
あのカップルだからこそ
歴史の人となったのだろうと思う。
千代にしても一豊にしても、
他の誰がツレであっても機能しなかったように思われる。
その面では、幸運に恵まれた二人だと思う。
あの時代にして一豊は他の女性に機能しなかった
という面も面白い。
たぶん司馬遼太郎の考察だろうが ^^;

よい女房を娶る。
よい旦那へ嫁ぐ。
なまなか思おようには為らざるようで・・

さて、読書途中といえば、
8割がた観て時間切れで放置した映画があった。
「ひまわりと子犬の7日間」 だったかな?
これは、結末が見通せるのでよしとして、
保健所で殺処分されようとする犬の親子と人の親子との物語だね!
保険所の職員役のオードリーの若林が頑張っていた。
そう言えば、この役で何か賞をもらっていたのかな・・



さて、保健所が今のように機能してなかった時代、
今のように去勢などなかった時代、
飼い猫や飼い犬が生む子猫・子犬はどうされていたのだろうか?
飼い主としてどうするべきなのだろうか?
それは、店長 ♪ が小さい頃に花屋で教わったが、
映画はハートフルであったが、
事実は残酷で、話してよいかどうか・・

ほんだらまた。

DVDにダビングサービス(引越し)
写真屋の事情 | Comments(2) | Trackback(0)

ハグの訳(通行人)

2014年03月22日(土)16 : 53 : 12
続きです・・
さっさと終わりますね ^^;

本を差し上げてから一週間後、
「店長 ♪ しょぼい ゆうてたけど、なかなかええよ!」
と本の半ばにしおりを差し込んで手に持っていた。
そうか!よかった。と、それで終わった。

この女性が、本の内容と
似た経験をしているのだから
思い出すだろうし、共感もするだろうし、
感情もイマジネーションも喚起されたのだろう。

二週間後・・・
この女性のお父様が読まれたという。
会社を興し、今は悠々と生活されているが、
操業当時の家計は大変で、家庭へも奥様へも
自然、辛く当っていたそうな。
お母様は、長男の手を引き、
当時赤ちゃんのこの女性を背負いながら、
仕事と家事育児にと頑張られました。

そして、この本の何処かがお父様の琴線に振れたらしい。
(琴線というのは「夜空ノムコウ」の柔らかい場所に近い処)
自分は何と酷い人間だったのかと振り返り、
母へ謝罪し、これからは優しくすると
涙ながらに、この女性へ言ってくれたらしい。
この女性も、父が母へ優しくしてくれるのが、
何より一番の望みだったようです。

偶然が
一つの家族を幸せへ向かわせた。
店長 ♪ は、ただの通行人A 。

そんなことで、
本を渡した 店長 ♪ に天使(時の神)を重ねたようですね。
勘違いだけど、ただの使いパシリだけど・・・まあいいや ^^;
決してハグしようと思うような色男でもねえし。
どっちかってぇと禿げた疲れたおっさんっすから^^;

これが、女性が憂いの表情で
ハグしてくださいと言わしめた訳でして。ちゃんちゃん

今も残るあの感触・・悪くない (o ̄ー ̄)=O☆(ノ_ _)ノ
・・やっぱ、通行人C・・(・・;)

ほんだらまた。
本を一服 | Comments(2) | Trackback(0)

どうでもよい本

2014年03月16日(日)14 : 41 : 03


芸能は祭神行事を発端としている。
猿女氏と物部氏が歌舞を芸能化し、神楽の基となった。
と謂われるが、多くは河原乞食が生活の為の見世物とした芸が、
商業ベースに磨かれていったのが、本当だと思う。
そして河原に住み暮らす人たちは(河原とは限らないが)
政策上、士農工商以外の職に付く事を強いられた。

冒頭のなんとも語呂の悪い題名の本に
このような事が書かれている訳ではない。
が、その前後の歴史で発生した被差別部落の事を
著者と被差別部落出身男性との出会いから
恋愛、結婚に至るまでに発生した問題や、
偏見、トラウマ、葛藤などの
私小説をフィクションとして書いている。

著者は有名なADだった。
後にプロジューサーとなり、
たけし城などでも出演している。
小説に登場する彼は
伝統芸能を継承する人です。
あい方が次郎(日本猿)・・

内容は、感情の爆発するままの怒鳴り合いや抱擁。
部落出身者がいかに苦しめられたか
トラウマを抱えているかという
前近代的なテーマを大事に捉えている。
とても繊細な問題で、私が安易に持論を持ちだす訳にはいかないが、
すでに部落差別の多くは
その問題で利権を得る者の為に存在するのではないかと思う。

そうは言うものの、まだ一部では差別は存在するし
親から結婚を反対されるような場合もあるだろう。

この本とは関係なく、昔の話として聞いた事だが、
ある女性からお相手の彼が部落出身者で反対されたが
結果的には両親の許しも得たと聞いたことがある。
それには続きがあり、小さなイザコザで
相手は亡くなる事になるのだが・・

これを聞いた時、内心(不謹慎だが許してほしい)
何と当てつけがましい死にざまかと思ってしまった。

少し話を変えます。
自死といえば、とても苦しい時期に、
迷惑かけずに、美しい 死に方 を探していた事がある。
そして、比較的美しい 死は、即身成仏しかなく、
迷惑のかからない 死 はなく、
現実的には不可能だと思った事がある。

この本のレビューを
書くとは思わなかったし、
どちらかというと 店長 ♪ には
苦い読後感で気持ち悪いのだが、
この本を何気に、しょぼいでぇ と断わりながら、
そのある女性に差し出した処から、
ここへ書く出来事となった。

話が堅いね ・・でもこのままで
後少しだけ(ハグまで)次に続きます。


ほんだらまた。
本を一服 | Comments(2) | Trackback(0)

何事?

2014年03月07日(金)10 : 45 : 38
一昨日水洟が垂れだし
今年も花粉が飛びだしたかと
あきらめ気分で持続性鼻炎カプセルを服用した。

今朝早くから10台以上の消防自動車が
店の前を走っていった。
大火事のようだけど、どこかな?
ほのかに煙い。
寒空焼け出された人が、無事で寒さを凌げますように。
十三駅西側の商店街からの出火のようです。

日本一の高層ビルあべのハルカス今日グランドオープンです。
阿倍野か阿部野か・・?!
時代に寄って変わってきますが、今は部です。
阿倍野中麻呂や清明の祖先に由来します。
上町台地と言われ夕日も名所です。
聖徳太子が建てた四天王寺もこの土地にあります。
天王寺動物園も来年100年を迎えます。
有史以来水につかった事の無い土地です。
災害に関しては、比較的安全な土地と言えます。
路地を入ると戦前の古い建物も残ります。
ホームレスたちの街あいりん地区もこのあたりになります。
生活保護受給者の割合が多いです。
が以外に都道府県で言うと大阪は0.99%で東京は2.21%でした?!

阪急十三から梅田にかけて大混雑のようです。
どうか焦らず無理せず安全に。

一昨日朝 遠慮気味に 「店長 ♪ ハグして下さい」 とお客様が来店した。
店頭でもあるが、訳ありそうでシッカリハグした。
昨日その記事を書こうとしていて、悪寒、寒気、発熱してきた。
どうも、花粉症ではなかったようだ。
鼻炎カプセルの服用が却ってよくなかった。
昨日アルバイトを待って、近くの内科へ行く。
こんな時この街は便利だと思う。
歩ける距離にすべてそろっている様に思う。
37.8°インフルエンザ検査で陰性で一先ずほっとする。
出かけてほんの30分で帰ってこれるのだからストレスなくて良い。
ツムラ麻黄湯とお約束のロキソニンが処方された。
ロキソニンはまだいっぱい引き出しに残っているけど、
ありますと言えなかった。
38.3°フワフワするが痛みが無い分気持ちいい。
接客にも問題無い。
うつさないよう出来るだけ呼吸を小さく留める。

今日、今は37°だけど頭痛があるので辛い。
ロキソニン服用しようかな。
だから、ハグのお話は少し楽になってからすると思います。
涙目の若い奥様との・・

ほんだらまた。
店長 ♪ の天然自然 | Comments(4) | Trackback(0)
 | HOME |