上神谷街道(にわだにかいどう)

2014年06月29日(日)15 : 31 : 28
「雨宿り」の続き

実を云うと、真っ黒なおじさんとは、
それ以前にも、その後にも時折すれ違っている。
家から南に下っている坂の下の方から同じペースで上ってくる。
ちなみに、この坂は通称 「つくもり坂」 と呼ばれていたが、
いつの間にかその坂をその名で呼ぶ人がいなくなり
そのいわれを知る人もいなくなった。
古墳から平安の頃、皇室の行列が通りかかり
皇室の具合が悪くなりその坂でうずくまってしまったと言い伝えられていた。
たぶん、もっと昔には皇室の名も伝えられたのだろうし、
看病した村人の名も伝えられたのだろうが、
歴史とは妙なもので突然にその名も言い伝えも消えてしまう瞬間があるらしい。
そのはざまに、その話を耳にしていたようだ。

もっとも私は幼少より成人過ぎまで過ごしただけで、
ここで生まれた訳でなく現在過ごしている訳でもない。

話を元に戻します。
その坂を下りきったところに小さな溶鉱炉を持つ工場があった。
そこで働く人は、鉱炉を傾け真っ赤に熔けた鉄を大きな柄杓に受けて
砂で作った型の中へ流し込んでいた。
真っ赤な鉄と水蒸気と煤の中で、
冬でもシャツ一枚で隆とした筋肉に汗を流していた。
いわゆる鋳物屋だったのだろう。
このあたりは陶器や釜室という名が残り
「日本書紀」に書かれた古い地名の「茅渟県陶邑(ちぬのあがたすえむら)」
にあたるとされ、陶邑窯跡群(すえむらようしぐん) (古墳時代から平安時代600~1000基)
があったところです。
今でも鋳物屋(セラミック)の上場会社があります。
いい塩梅に関連してきますね。
ちなみにそのあたりの溜池の周辺では
小学生でも簡単に土器の欠片を掘り出せた。

話をまた戻します ^^;
坂から上がってくるおじさんは
そこで一日働いて汗と煤のため真っ黒になっていたんだねぇ!
思い起こすと黒いのは奇異だったが、
ロダンのようなアスリート体型で、
見ようによってはかっこよかったかもしれない。
doki.jpg平安からのタイムスリップか・・^^;

それでおじさんは真っ黒だった!
って事で・・お終い・・?

(・・? 母が脱兎と跳び出したことですけど
あと少し、次回へ続けます。

ほんだらまた。
未分類 | Comments(2) | Trackback(0)

雨宿り

2014年06月22日(日)09 : 57 : 34
胡麻塩頭の短髪虎狩り、色あせて埃っぽい上下と汚れたスニーカーの
年齢不詳のおじさんが店頭を通り過ぎて、
思い出したように店内を振り返り、店長と目が合うとうれしそうに、
広瀬隆の「赤い盾」読んだか?と店に入ってきた。
(この本の内容は他へ譲る)
そしてロスチャイルドや橋下徹の事や政治を話してくれた。
来客が重なり、また来るわ と出て行った。
それから三日続いて来店し、政治などを語る。
頭がよいが、根が気弱そうで、人への非難が多く提案がない。
話の間を捉えて年や仕事や家族の事などを聞いてみたが、
あまり話したくないジャンルらしい。
67歳、元運転手、現在年金暮で一人身という、くらいが聞けた。
政治や世界覇権などの事を面白く聞きながら、
この方の人生を思い測る。
行儀のよい方でお客様の来店があるとひっそりと消える。

この方に、もう少し覇気の感じられた5、6年前に
証明写真をお撮りして、冒頭の「赤い盾」の話を聞いたのだろうと思う。
それから相当な年月を経て、話を継ぎに来るとは面白い。

あまり関連の無い話ではあるが、ふと
子供の頃玄関の軒で見たおじさんを思い出した。
それは突然の雨の日、炭の粉を敷いたバットに
濡らした体をまんべんなく転がしたような
頭のてっぺんからつま先まで真っ黒なおじさんが
玄関で雨宿りをして、目だけが真っ白に光っていた。
(この表現、全く大げさではない)
子供の感で、優しげで、怖いおじさんには思えなかった。
おじさんの横を通り過ぎ家に入って、
母へその事を話した途端、母は脱兎と飛び出して行った。

回想はもう少しありますが
少し胃が痛いし、
これから店(写真屋)を開けますので・・・
次回へ ^^;

ほんだらまた。

ベルメゾンネット
お客様 | Comments(4) | Trackback(0)

・・・・三度ある

2014年06月16日(月)13 : 55 : 20
イメージ拝借^^;

雨上がりで青空が透き通っている。
南から北へ扇型に、
筆で刷いたように雲が伸びている。

駅の駐輪場に自転車を止めたちょうど頭上で
「ぐぇぐぇぐぇぐぇぐぇ・・」と声が聞こえて見上げると、
ハクチョウが飛びすぎた。
もっとも鳴き声がなければ飛ぶ鳥に気付く事はなかった。
会うのはこれで3度目になる。
今回が一番の低空飛行だ。
跳びあがれば首に手をかけ背にとび乗れそうなほど、
低い飛翔で、大きい。

もっとも、寒冷地の渡り鳥なので
この時期にもこの場所にも相応しくない現れ方で、
まして鳥と私の動線が点で交わる事が偶然過ぎて、
もう会う事もないだろうと前回見たときに思ったが、
また会った事を考えると、
何らかの理由で、頻繁に飛来しているのだろうと思う。
ハクチョウが何故ここを飛ぶのか調べたが、分からなかった。

2011.7遭遇時のブログ
2005.5遭遇時の日記

また鳴いてくれるかな。

ほんだらまた。
あやかし~♪ | Comments(4) | Trackback(0)

くたびれ儲け

2014年06月11日(水)16 : 11 : 58
共に一男一女(二人ずつの子供)を持つシングル同士が結婚して、
子供が ”5人” になった・・・??? (@_@;)」
籍を入れた翌日に第5子を授かったのだ。
おめでとうございます。
それで、挨拶状の作成のご依頼をいただいた ^^;
三日ほどかけて、デザインにも文章にも手こずる。
けど、よいできだと喜ばれた・・・
2014_暑中

アンドロイド(スマホ)のデーターがイッパイで
何度かデーターを失っているらしく保存して下さいとの
注文をいただいた。
四半刻かけて抜き取って写真と動画をCDとDVDへ保存し、
半刻(一時間)掛けてパッケージをデザインした。
こんな値段で良いのかと聞かれる・・・
bu_movie.jpg

そして保育園一軒分の仕事を
大手子供写真館へ紹介した。
成約したらしいが・・・・

ここ一週間
とかく、ええ恰好をしてしまい。
商売(営業)下手を痛感する。
ぶつぶつとぼやいていたら、
「ぶつぶつ言うたらあかんって」
「そのうち、周りまわってええことあるって」
と布袋さん似のアルバイトはいう。
人の事はよく分かるようでよい事いう。
その通りだと思う。
が、世の中も神様も七福神も
官軍や与党向きで
生半では、正直ものや、庶民の方は向かない。

ほんだらまた。
写真屋の事情 | Comments(4) | Trackback(0)

便座

2014年06月02日(月)16 : 19 : 06
便座が折れた。

用を足そうと蓋を便座と一緒に持ち上げると
ヘナヘナと便座カバーの中で便座が折れた。(30年は使用してるが)
便座が折れるなど想像にもなかった。
トイレが不便だったり汚れたりするのは性に合わないので、
WEBで探し、取り替え便座を注文した。

photo_image4-thumb.jpg 折れる前のWC

WEB注文はサイズや色などよく分からないので
お店に行って実際見て買うのが精神的によいと思う。
けど、いつ出かけられるか分からないのでよく調べて注文した。
届くまで、心配だ。
いままでも大きい物ではパソコン、(ヤフオク)
小さいもので電話の子機のバッテリーなど
何度も注文を失敗している。
返品が効けばいいが、効かない事も多々。
効いたとしても送料負担など考えるとリスクは小さくない。
物にもよるけど、買物はリアルが楽しい。

先日LEDライトを買った。
クールビームという展示商品を照らすために使用するライトだ。
今まではいわるるタングステン仕様の電球で、
熱くなり半年もすれば切れてしまう。
その手(ビームライト)のLEDも安くなり三倍くらいの価格で二十数倍長持ちして
電気代も安く、あまり発熱もしない。
ライトが切れたのを機会にLEDに変えてみた。

この話の流れでは
ライトが届いて後悔するのが順当なところだが、
ここ最近では富に満足してしまった。
だってきれいだし軽いし、
店長 ♪ が、世間が定年とする歳に達するまでも長持ちするようだから!
何となくワクワクしてしまった。
少々お高い買い物だったが、(便座もお高い ^^;)
店や店長 ♪ の存続時間より寿命は長そうで、
LEDも便座も、店も、頑張ってくれそうだ (^O^)/

ほんだらまた。
写真屋の事情 | Comments(7) | Trackback(0)
 | HOME |