ヤマトシジミ

2016年08月25日(木)00 : 00 : 00

DSCN0547a.jpg

シジミチョウにしては大ぶりの傷も汚れもないチョウが入ってきた。

楊梅色(やまももいろ)はよく見かけるが、

この個体は透明感のある亜麻色(あまいろ)であまり見た覚えがない。

あんま変わんなけど (゚△゚;ノ)ノ


ひと時舞っていたがほっておきましたとさ。

いっとき額縁に止まった時に捕まえて外へ逃がした。

少し出かけて帰ってくるとまた戻ってきていた。

今度こそしっかり外へ逃がしてやった。


スタッフがチョウは先祖の使いらしいでぇ

とか、わけの分からん事をのたもうてる。


そういえば、昨年末おじさんのところで書き留めた過去帳を

グーグルカレンダーに書き留めておいたところ

二日前と今日の二回、母の誕生日だと携帯に知らされていた。

便利な機能だ!大切なことを思い出させてくれる。

内観的な先祖供養になるかも・・結構な横着でんな。

それに生前には誕生日など知らなっかったのに・・親不孝もの。|д゚)


ほんだらまた。



ベルメゾンネット



写真屋の事情 | Comments(2) | Trackback(0)

涼し気に

2016年08月20日(土)15 : 28 : 00

DSCN0375.jpg 近畿三十六不動尊霊場第1番札所

苔に埋まった不動明王と矜羯羅童子(こんがらどうじ)涼しげだ!
現世ではまだしばらく暑さは辛抱だな?!


金色の夢を見たなど胡散臭いから
怪しまれるのを覚悟して記事に書いたことがある。
http://midorihako.blog58.fc2.com/blog-entry-937.html

が、金色の建物の夢を見たと当店のスタッフがしゃべってた。
二度見たらしく、二度目は金色の魚を食べる夢だったらしい。
そうか金色の夢を見る人もいるんだ!
自分の夢が特別というわけじゃないみたいだよ。

が、よく思案してみると
二人しかいない従業員が同じ金色の夢を見ているほうが
とっても怪しい (ー_ー)!!??


ほんだらまた。

店長 ♪ の天然自然 | Comments(4) | Trackback(0)

手に触れずに山芋をおろす方法。

2016年08月09日(火)15 : 15 : 54

山芋を手に触れずにおろす方法。

ということで
山芋をすりおろす。

ちなみに山芋や納豆・オクラのネバネバは
ムチン(多糖類・食物繊維)のせいだね。
抗ウイルス作用と廃毒(デトックス)が
体の免疫を強くする。
そんなええ加減な蘊蓄は他に譲っておくほうが無難かな。
それよりこのネバネバは水洗いですぐきれいになるのが
なんとも潔くって、うれしい。
油のようにしつこくなくってよい。
にしても、山芋は肌を刺す。手や唇がかゆくなる。

DSCN0387.jpg DSCN0388.jpg

で、箸に刺して包丁で皮を削ぎ落す。
山芋は直接手に付かないまま
すりおろし完了する。
比較的すりおろすのに力がかからないので
できるんだろうね。
大根なんかだったら、箸が折れそうだよ。

山芋にはコリンとかいう高血圧予防に良い成分や
(名探偵か、小倉優子か)(〇o〇;)
女性ホルモンを活性させる成分も含まれてるらしいけど
(ジオスゲニン・・オネエみたい?)更年期に有効か?
そのせいか知らないが、発毛が抑制されるらしいから・・
ワシの場合、抑制される髪もないのでよろしいが (@^0^@)

まぁすりおろしに難なくスルリと食せる山芋は
食の細る盛夏の滋養にはよいのだろうよ、と思うが。(^¬^)


ほんだらまた。



店長 ♪ の天然自然 | Comments(2) | Trackback(0)

散歩

2016年08月01日(月)15 : 27 : 56

DSCN0543.jpg


たわわに実が付いていて誇らしそうだった。
樹下からよく晴れた空を見上げるように撮った。
少々ハイキーに撮ったので実の色があせて見える。
何の実かわかるだろうか?
一時はこの実のジュースが流行ったりした。
エストロゲンが豊富に含まれているという評判だったかな。
でも、実際は効果が出るほどの含有量ではなかった。
種を包む実が中にたくさん入っていて食べにくい。
この実の子宝という験を担ぐ意味のほうが、
エストロゲンより効果的かもしれない。

エストロゲンを摂るには山芋の方が効果的かもしれない。
関係ないけど、
山芋が野菜室に芽が出そうなほど放置されている。
関係ないけど
山芋に含まれるシュウ酸カルシウムの「針状結晶」が肌を刺しかゆくなる。
肌を刺さないおろし方はユーチューブあたりにありそうだけど、
見当たらなかった。


昨日は久しぶりにお休みでした。
って、この頃、結構休んでるかも


ほんだらまた。

店長 ♪ の天然自然 | Comments(2) | Trackback(0)
 | HOME |