写真業とカウンセラー業

2016年09月26日(月)18 : 16 : 33

DSCN0555.jpg

隣のラーメン屋の若い兄ちゃんがくれた。

鮮やかな色の?・・ピーマンとは言わないんだよな!きっと。


ピーマンとは関係ないけど、

実家のカメラ写真の販売店を手伝いながらリーディングカウンセラーをしている方がいる。

なんともはや不思議に思うのは
わし自信がそちらへの興味のほうが写真よりも強いということ。
同じ写真屋ということでミクシーで知り合ったのだが
この方が、そっち方面へ進むのはなんとなくわかっていた気がする。
カウンセラーになる前に二度ほど店を訪れてくれている。
なんとなく、くたくたに弱っているわしを励ましていてくれたのだろうなと思う。
近くじゃないのに、ありがたいと感謝している。

昨日、兵馬俑展を見に来て少し時間があったのでと、訪れてくれた。


さて、わしもカウンセラーを・・?
って、わしがカウンセラーになったら世も末じゃ Σ(・ω・ノ)ノ!

いつか静岡へ会いに行こう。


ほんだらまた。

写真屋の事情 | Comments(9) | Trackback(0)

妄想しがち

2016年09月19日(月)15 : 31 : 00

受験生の出願写真を撮っている。
たぶん想像以上の人数。・・四捨五入で一万!


そういうわけでその年のファッションや嗜好がわかったりする。
昨年なら、ポケットの色だけ違うポロシャツが流行っていたことがわかる。

以外にその年の学生たちの体調や病質もわかったりする。
不思議に思うのはアトピーの子が数年前からめっきり減ったように感じる。
わしが思うにはアトピーやアレルギーは本人の体質もしくは家系に関わる部分は
以外に少ないのではないのかと思ってきている。


体に悪いと知らずに使用していた洗剤類や食べ物の質が良くなり
化石燃料の燃焼効率が良くなり水道水質が良くなった。
結果、皮膚上細菌、腸内環境(フローラ)が改善されてきた。
良質の微生物もヨーグルトやサプリで販売されているし
他もろもろ・・
企業(人)は気づき始めたんだろうな、金もうけだけでは金もうけできない?! (・ω・ノ)ノ
まちごうた 「金もうけだけでは幸せになれない」 やったわ (-_-;
もちろん技術も医療も進んでるんだろうけど。
などと、アトピー減少を推測してみたり妄想してみたりしている。


良心っていうか、なんというか、人は次の良い人になろうとしてる・・・
わいの思い違いやろうな?同なじように思う人はおらんやろ?
などと、怪しい人になってみたりしている。


昨年よりWEB申請の大学があり、証明写真とデーターの作成で
忙しく励みながら、次から次に学生たちの顔を見ながら、
明るい未来を想像する怪しいおっさんも悪るぅない。


この記事突っ込みどころも補足しどころもわんさかだけど
すまんのぉ、ゆるせ。


ほんだらまた。


写真屋の事情 | Comments(6) | Trackback(0)

信じて待つ

2016年09月12日(月)19 : 19 : 00

商売をしていると未収金が多かれ少なかれ発生する。

当店は少ないほうだと思う。

80オーバーの女性が「年金出るまで待ってね」と

3年ほど前から来店していて、

年数回の展示会やコンテストの写真と額縁の代金の

幾ばくかを未払いのまま溜めている。

ご精算はちょっとずつでもなさるので損はないので

年も年だし趣味を制限するのも罪な気がするし

来るたびに手土産持ってきて、

まして環状線を半周してまで当店を利用してくれるので

気持ちよく待っている。

溜めたまま半年近くになって

水ようかんを手土産にひょっこり来店された。


「入院する前にお支払いしとくわ」って

すい臓がんで肺と肝臓に影ありという状態らしい。

「もうぇえねんけど、展示会やらなあかんやろ!」

「もし出て来られへんかったらなんやしはろとくわ」

というから、残金を残してご清算させてもらうことにした。

「元気に退院して清算してください」と。


ほんだらまた。



お客様 | Comments(4) | Trackback(0)

カタツムリ

2016年09月03日(土)11 : 55 : 07

DSCF3299.jpg DSCF3298.jpg

大雨のち朝。
3㎜にも満たないカタツムリが
コンクリートを這っている。(白いのはパン屑)(都会で地面などないところ)
お客様に置いてかれた蘭の中に卵でも産みつけられていたんだな?
雨で柔らかくなったコンクリートを食べに出てきたんだよ。
カルシュームを舌で削り取って食べて殻を大きくしてゆくんだね!
ここで生き残んのは至難だろうけど、頑張ってるよね。

わしも至難の中頑張ってるぞ ( `ー´)ノ
月曜から忙しくなる。
カメラマンたちが撮影に飛び回り
店は写真とデーター作成にテンヤワンヤになる。
毎年ここまで生き残れると年を越せる目処がつく。
それとともにリスクも大きく、返済と支払いと段取りで緊張し続ける。
まだまだ先細ってゆく様子だが、大きな返済は来年にはなくなる予定。
でも時代の変化とともに、システムやマシンの陳腐化や劣化で
新たな投資が時を待たなくなってきている。
どこが妥当な点か見つけるのか悩ましいところである。

今はどこへ続いているのかな?
みんなとともに良いように良いようにと願う。
わしの殻が大きく大きく育ちますように。
少々他力本願やな (^^ゞ
で、カタツムリは害虫やし はらほれはら。。。


ほんだらまた。

写真屋の事情 | Comments(4) | Trackback(0)
 | HOME |