FC2ブログ

なにもしない

2019年05月19日(日)17 : 16 : 33
今日は何もしない。
日常の食事や睡眠、洗面など
何もしないことってないに等しいけど

ああ掃除しなきゃとか
明日の仕事ん段取りとか
日常生活の買い物とか
映画観なきゃとか
本読まなきゃとか
そうだ!ブログの更新とかもしたいし
写真撮らなきゃ
金銭出納(家計簿)もだし
子や孫の事も気になるし
体動かさなきゃとか
なんとか考えると
何もしていないのに
気持ちが先走って重い。

今日は風邪でしんどいし
思いきって何もしない
って決めると軽い。。。

誰でも研修受ければほぼほぼ受かるけど
福祉用具専門相談員の資格取りれました。

ほんだらまた。

店長 ♪ の天然自然 | Comments(2) | Trackback(0)

胡散臭い本含む4月度読書

2019年05月05日(日)14 : 51 : 57
新元号令和
おめでとうございます
神聖で温かい改元の模様で
天皇のおわす処で真よかったと思う
皆様が幸せでありますように
今後ともよろしくお願いいたします

ほんだらまた。

4月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:1896
ナイス数:71

屋上のテロリスト (光文社文庫)屋上のテロリスト (光文社文庫)感想
太平洋戦争後東西に分断された日本というお話し。不思議な少女と自殺志願の少年が2018年の大みそかに起こす奇跡。思わぬ展開と、腑に落ちぬキャスティングが、最後に感動的に収束してゆく。平成から令和への粛々とした空気の中、平和を望みながら読み終えた。
読了日:04月30日 著者:知念 実希人
もっと あの世に聞いた、この世の仕組みもっと あの世に聞いた、この世の仕組み感想
神の存在を(唯一神)肯定した上で、その創造の仕組みを解き明かしたもの!小難しくなく、簡易に楽しそうに書かれている。著者の持った疑問も説かれた仕組みも、ほぼほぼ私の私見と同じだった (・・? 神がいるとすれば、思慮にかける幼児と同じさ! とは書いていないが、あなたも私も神も同義であり、この世は有るように見える幻想さと書いてある⁉️
読了日:04月30日 著者:雲 黒斎
カフーを待ちわびて (宝島社文庫)カフーを待ちわびて (宝島社文庫)感想
ただのラブストーリーではないよ。沖縄の小さな島で雑貨屋を営む主人公。右手に障害、父は事故、母は蒸発で、祖父母に育てられる。祖父母亡き後、一人暮らしの向かいのおばあ(ユタ・巫女)に食事の世話などされている。まぁギリギリ現実感がある。そして、ギリギリあっても不思議でないような出来事とトラウマと、切なくも暖かな人とのかかわりと出会い。不自然と必然のギリギリのハザマの物語展開の予測は付くのに、読み手の心を優しく包み込む温かさ。さぁカフーを探しに出かけよう!?
読了日:04月24日 著者:原田 マハ
いざ帰りなん: 新・古着屋総兵衛 第十七巻 (新潮文庫)いざ帰りなん: 新・古着屋総兵衛 第十七巻 (新潮文庫)感想
古着屋大市を我が物と 策謀する輩が阿片を使い鳶沢一族のひとりを拐かす?! 大敵は表れないが、交易船団と交差しながら、話は大団円に向かっていそうにも思える。大きくなる一族はどこへ向かうかな⁉️
読了日:04月19日 著者:佐伯 泰英
幸せのメカニズム 実践・幸福学入門 (講談社現代新書)幸せのメカニズム 実践・幸福学入門 (講談社現代新書)感想
とても抽象的(人それぞれ)に思う幸せ。が、なるほど幸せをいくつかの因子に取り出せば、幸せを得る具体的方策が見出せるのではないかと今思っている。内容は「ホーカシングイリュージョン」と「幸せの四つの因子」成長・感謝・楽観・マイペースと少しセンスのない表現ではあるが、分かりやすく頷けるように説明される。自分なりの幸せ因子を見つけるのもよいなと考えている。
読了日:04月11日 著者:前野 隆司
任侠書房 (中公文庫)任侠書房 (中公文庫)感想
ヤクザの親分が、酔狂にも他の島で出版社の社長になる。任侠道や出版社立て直しに代貸しが振り回される‼ 昔気質のヤクザが義理人情で切り抜けるのか!? スカッと爽快な読後感❗
読了日:04月03日 著者:今野 敏

読書メーター
本を一服 | Comments(2) | Trackback(0)
 | HOME |