FC2ブログ

つくづく、気が重い

2019年11月23日(土)23 : 19 : 44
10月の読書歴今頃になったわ!

今の勤め先、社長は逃げ腰 従業員は無責任。
あたいは、もうくじけて よいかい  orz

ほんだらまた。

10月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:1358
ナイス数:67

億男 (文春文庫)億男 (文春文庫)感想
金と幸せについて、それぞれの人の中に漠とした答えが見えてくるような気もするが………気のせいか (・・;) ノウハウ本より面白く、回答に近い…気がする 🎵
読了日:10月25日 著者:川村 元気
あきない世傳 金と銀(四) 貫流篇 (時代小説文庫)あきない世傳 金と銀(四) 貫流篇 (時代小説文庫)感想
幸が三度嫁いだ先は五十鈴屋の三兄弟。やっと落ちつき、手腕を持って繁盛させる。その後ろ楯に、いつも桔梗屋さんがなっていた。その桔梗屋に、危機が!あぁ腹が立つ現銀売りの真澄屋め。幸はどうするのか?    桔梗屋が故郷屋になってたねP267 これも楽しい。
読了日:10月20日 著者:高田郁
逃げる力 (PHP新書)逃げる力 (PHP新書)感想
逃げろといい。逃げるなという⁉️ 逃げてはいけない時もあるのは理解できる。が、少々切れがよくないような、眠たいような?でも外交問題は、流石に面白く爽快感があったかな。そのくらいで、さっさと読める。
読了日:10月11日 著者:百田 尚樹
鼠草紙 新・酔いどれ小籐次(十三) (文春文庫)鼠草紙 新・酔いどれ小籐次(十三) (文春文庫)感想
駿太郎の実母の古郷へ親子三人旅をする。その先には、そして留守中のお江戸では❗️相変わらず気をそらさない展開で、ず~と読んでたいけど、読み終えた (^^;
読了日:10月08日 著者:佐伯 泰英
通天閣 (ちくま文庫)通天閣 (ちくま文庫)感想
此処に住む二人の日常な物語。なのに共感したり、感動したり!通天閣はいいね。
読了日:10月03日 著者:西 加奈子

読書メーター
本を一服 | Comments(2) | Trackback(0)

2019年11月17日(日)20 : 59 : 40
最近、やっとじじいの実感がわいてきたかな⁉️

20191117205839616.jpg


ほんだらまた。
なんとなくプロフィール | Comments(4) | Trackback(0)

つかの間 寝屋川 を 望み

2019年11月04日(月)16 : 52 : 42
DSC_0135.jpg

カモが水草をついばみ
鵜が潜水を繰り返す
水が透明で
青白を写してほっとする

ほんだらまた。
店長 ♪ の天然自然 | Comments(6) | Trackback(0)
 | HOME |