44年前

2014年04月09日(水)12 : 30 : 08
年に数回来店されるお客様で、
高度経済成長期に自衛官をなさり
その後トラックの運転手をしていたが、
50代の脳梗塞でリタイヤなさった。

とはいえ右側に残る少々の不自由さが見られるも、
日常生活には不足なく、自動車も運転し
家も土地もあり、貯蓄も豊富だ。
結婚はせずともお相手は適度に居られるようで、
なお結構なようすだ。

雑学が豊富でおしゃべり好きで、
お節介が玉にきずというところかもしれない。
他人さまにも自分のスタンスからずけずけ物を言うから、
爽快でもあり、ハラハラする事もある。

昨日ご来店され、
「わしなんか後は死んで地獄行くだけや」
とかいうから、
「地獄行きはないんちゃいますか」
と否定すると
「まぁ地獄は・・ないかな」
といい、地獄などは存在しないからなという話になる。
「知ってるか天王寺やったかな・・」
と話が続いたので、地獄絵図の話だろうと思い。
「天王寺ちゃいます北区の太融寺でっせ」
と話を継いだ。
後で考えると、地獄絵図などあちこちの社寺にあるから
天王寺にもあるかもしれんな、と思った。
後で調べておこう。
「太融寺ゆうたら天6ガス爆発で死体いっぱいになったんやで」
万博後のたぶん今頃の事やけど、知ってるかと続くから
「知ってます」 と答えはしたが、
後で、なにぶん古すぎる事故なので、
はたしてその記憶かどうか定かではないなと思った。



それで検索すると
思いのほか多く天6ガス爆発の事故がヒットしてくる。
事故の詳細を見ていると、後ろからアルバイトが
「今日やんかいさ」 と叫んでいる。
昭和45年の今日4月8日に発生した事故だった。

何にも動じないそのお客様も一緒に、
3人して目をパチクリしていた。

44年前へ、そっとご冥福を送る。

妙な偶然だが、ぞっとするような怖さはなく
楽しげなイタズラを仕掛けられたような感じだ。

ちなみに太融寺で地獄絵図はヒットしませんでした (-_-;)
店長 ♪ の勘違いかな・・・いつか撮ってきます

ほんだらまた。
お客様 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
Re: No title
意思を持って話題をそこへ持って行ったような、
話の運び方に驚きました。
ふしぎです!

太融寺へ行ってみます!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示