山川草木悉皆仏性

2015年05月06日(水)14 : 45 : 27
DSCN0318.jpg

羽は汚れも痛みもなく体に生える産毛までもきれいだ。
羽化したばかりなのだろう。
店頭にある植木の花の蜜を吸う。

この植木はとうとう一年を超えて花を付け続けた。 
ゆっくりと茎を伸ばしながら上に上に咲かせてゆく。
伸びすぎたのでとうとう剪定したが、
その翌日から下の蕾が花を咲かせた。
月に一度ほど水をやる程度で、
寒くとも暑くとも晴れも雨も雪の日も屈託なく咲き続ける。

この蝶にも植木にも意識はあるか?
ここで混乱してしまうのは、
意識と魂 を混同するところにある。
意識と言われれば何となくつかめても
魂と言われると分かりにくい。
では 魂≒仏性 と捉えるとちっとは容を成してくる。
たぶん、花にも蝶にも仏性は備わっているのだろう。

私たちの持つ意識はこの仏性と繋がっていて、
蝶も蟻も花も、私たちの(無)意識へ必要に応じコンタクトしたり、
アクセスに応えたりする者たちかもしれない。
さて 意識<仏性 とすると、蟻にも花にも意識はある事になる。
そして、これには条件(システム)があるが
無機物にも仏性があると考えたほうがよい。(@_@;)
たとえば、石ころや風すらも、偶々のように 
私たちに語りかけるように感じる事はないだろうか。

ありゃりゃ、とうとう無機物にまで意識があるとか言い出しましたよ。^^;
怪しげなことになってしまいましたね~。
さて仏性とはどこから出でましたのか 
それはどのようなものか、至らぬままにまた考えましゅよ。

「仏性すなはち如来なり。この如来微塵世界にみちみちてまします。すなはち、
一切群生海のこころにみちたまへるなり。草木国土ことごとくみな」
なんのこっちゃ

ほんだらまた。
花は何を語るのか・・・
とかなんとか考えるのとは裏腹に
毎日、心が辛くって悲鳴を上げます。
なんて事はありません。たぶん・・
なんとか頑張るぜ!
あやかし~♪ | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
こんにちは~♪

話せたら、どこかおかしいでしょうね!
でも、そこここに慰めは伺えます (゜.゜)
有り難い事です。
今日もコメントありがとう o(*⌒―⌒*)o ~♪
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示