梅雨の露草

2015年07月04日(土)15 : 58 : 26
月草の 歌を見るたび 胸痛み 楽しきことも 悲しきことも 歌姫

DSCN0351.jpg

店の前のブロックと道路の間から雑草が芽を出した。
哀れでもあり健気でもあり、抜かずに20日程おくと、
今朝に花を付け、名を知らせてくれた。
哀れの見本のように万葉集には詠われる花だ。
花は染料、葉は染めの下書きに使用され(ええかげんでっせ)
草津の方で栽培されていたが、今はどうか知らない。
風に吹かれて長旅をしてここまで会いに来たのか。
よぅ咲いたなぁ。ありがと。
可憐な花に気持がなごむ。


ほんだらまた。
未分類 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
Re: タイトルなし
おはよ。
偶然ですね~ ♪
嬉しいですね ♪
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示