手に触れずに山芋をおろす方法。

2016年08月09日(火)15 : 15 : 54

山芋を手に触れずにおろす方法。

ということで
山芋をすりおろす。

ちなみに山芋や納豆・オクラのネバネバは
ムチン(多糖類・食物繊維)のせいだね。
抗ウイルス作用と廃毒(デトックス)が
体の免疫を強くする。
そんなええ加減な蘊蓄は他に譲っておくほうが無難かな。
それよりこのネバネバは水洗いですぐきれいになるのが
なんとも潔くって、うれしい。
油のようにしつこくなくってよい。
にしても、山芋は肌を刺す。手や唇がかゆくなる。

DSCN0387.jpg DSCN0388.jpg

で、箸に刺して包丁で皮を削ぎ落す。
山芋は直接手に付かないまま
すりおろし完了する。
比較的すりおろすのに力がかからないので
できるんだろうね。
大根なんかだったら、箸が折れそうだよ。

山芋にはコリンとかいう高血圧予防に良い成分や
(名探偵か、小倉優子か)(〇o〇;)
女性ホルモンを活性させる成分も含まれてるらしいけど
(ジオスゲニン・・オネエみたい?)更年期に有効か?
そのせいか知らないが、発毛が抑制されるらしいから・・
ワシの場合、抑制される髪もないのでよろしいが (@^0^@)

まぁすりおろしに難なくスルリと食せる山芋は
食の細る盛夏の滋養にはよいのだろうよ、と思うが。(^¬^)


ほんだらまた。



店長 ♪ の天然自然 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
Re: タイトルなし
おはよう♪
やまかけ食べたくなってきた🍜
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示
« 涼し気に | HOME | 散歩 »