fc2ブログ

昨年読み納め

2022年01月15日(土)15 : 00 : 05
読書への興味が無くなってきたようで (;_;)
小説から実用書へジャンルを変えてみようか (o‘∀‘o)*:◦♪

ほんだらまた。

12月の読書メーター
読んだ本の数:7
読んだページ数:2210
ナイス数:58

初詣で 照降町四季(一) (文春文庫 さ 63-201 照降町四季 1)初詣で 照降町四季(一) (文春文庫 さ 63-201 照降町四季 1)感想
これは、四巻で完結するのかな?後三巻読めるんだな。どんな展開になるのか楽しみだ。
読了日:12月28日 著者:佐伯 泰英
流離 吉原裏同心 (光文社文庫)流離 吉原裏同心 (光文社文庫)感想
駆け落ちに吉原など、どろどろなテーマになりそうなものだか、サッパリと後味よく、読み通せる! 後書きの方が、物知顔の説教じみた、あたかも自分の成果のような書き方に、うんざりさせられる。せっかくよい気分で読み終えたのだが…
読了日:12月24日 著者:佐伯 泰英
死を語る (PHP文庫)死を語る (PHP文庫)感想
なかなかの個性派二人の対談で、真面目に死を語ってくれるのか? 確かにむき出しの表現も多かったが、意外に確かな死生観を語っていた!
読了日:12月22日 著者:佐藤 優,中村 うさぎ
化物の村-新・若さま同心徳川竜之助(2) (双葉文庫)化物の村-新・若さま同心徳川竜之助(2) (双葉文庫)感想
ヤクザが始めた、大きな大きなお化け屋敷が盛況!その中で起きた人殺し。最後まで読めない展開の中での、それぞれの人となりが、なんとまぁ可笑しいわ。
読了日:12月17日 著者:風野 真知雄
ランチタイムは死神と (徳間文庫)ランチタイムは死神と (徳間文庫)感想
少々哲学的です。疑問を抱かず、さっさと読むと面白い!
読了日:12月09日 著者:柴田 よしき
八州狩り 決定版: 夏目影二郎始末旅(一) (光文社時代小説文庫)八州狩り 決定版: 夏目影二郎始末旅(一) (光文社時代小説文庫)感想
無頼に堕ちた奉行の妾腹。遠島を免れ密命に関八州へ旅立つ!若い佐伯作品だけにすこーし読みにくい。けど、次巻も読もう!
読了日:12月04日 著者:佐伯 泰英
葵の密使(3)-新装版 不知火隼人風塵抄 (双葉文庫)葵の密使(3)-新装版 不知火隼人風塵抄 (双葉文庫)感想
登場人物同士の距離が早くに近いような気がする。よいのか悪いのか?
読了日:12月01日 著者:稲葉 稔

読書メーター
本を一服 | Comments(6) | Trackback(0)
Comment
Re: No title
あるようですね!
大阪近辺にあるんですか?
行って、どんな感じか教えてください。
No title
何を読んでいいか迷ってる方に本を選んでくれる書店があるようなので、一度行ってみたいと思ってます。
Re: No title
是非とも、お読みくださいませ。
No title
自分も何か読書したくなってきました。
Re: タイトルなし
何読もうかな~
自分でもわからない ??
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示
« 寒い1月 | HOME | 歯医者へ »