別名ピタヤ

2009年11月10日(火)17 : 36 : 14
お店の向いの洋服屋さんから貰ったドラゴンフルーツが野菜室で弱っている。
お向いさんの実家は南国の島である。
ドラゴンフルーツというシャボテンの産地である。
もずくと親子丼の夕食後、グズグズになった表面のドラゴンフルーツを縦四つに割る。
中から鉞を抱えた竜太郎が出てきて腰を抜かした。uso

元の名はピタヤ!自動改札券とはちょと違う(。_゜)〃

基本好きな食べ物で、甘くもなく酸っぱくもなく歯ごたえもない。
キウィーのような種があり口中でプチプチと弾けるのが
僅かにドラゴンフルーツの主張と云えばいえる。

このフルーツどんなフルーツより赤い
イチゴよりもトマトよりもタバスコよりも血よりも
赤より赤い。(左翼じゃない)

そして夕べの竜果実は、より一層の赤かさだった。
傷んでいるのを危惧しながら、確かめ確かめ口に運んだ。
腐ってる様子もなく私の口に入るのを待ちわびているようだった。

以前食べた折、翌日の便が妙に赤かったことを覚えているが、
気のせいだったかもしれない。

食べ終わった充足感で、洗い終わった手を見ると真っ赤に染まってる(゜゜)
石鹸で洗ってやっと落ちたが、顔を見ると頬が赤いし口角も赤い
やはりいつもの竜果実より何かが違ったのかもしれない。

にしても、この赤さ尋常ではないポリフェノールかもしれない。

出口の見いだせないクレームを抱えた昨日だったが、
この赤さが私を勇気付ける。

このドラゴンフルーツ、白い果肉種もあるという。
・・・うんこも白くなるのかしら(。_゜)〃

ほんだらまた。
食べ物など | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 衝動 | HOME | 仕事 »