毀損令発布しようよ.。o○

2009年12月02日(水)19 : 51 : 49
寛政元年(1789年)9月16日の毀損令発布

武家が俸禄米を受取り、米問屋に売却した。
その面倒な手続きを代行するのが札差だ。
札差は一年二年先の俸禄米を担保に金も貸している。
本業でない金貸しが商売の重きを占めていた。
武家時代サラリーローンってところです。

幕府は札差が貸した金の棒引きを決めた。
札差の武家への貸し渋りがはじまり、世は不景気に陥る。

さて、昨今の不景気も貸し金が回収できなくなった所から始まった。
今も昔も、経済情勢は変わらんもんですね。

人間は、未だ学習能力に乏し。

さてさて、これは棒引きにはなりませんかね~
借り金

店長は借り金が増えます。
いちばん学習能力がありましぇん(。。;

ほんだらまた。
写真屋の事情 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示