猫舌ぁ!べぇぇらぼーめー

2010年02月04日(木)18 : 48 : 50
そりゃね、あたしだってこの年になりゃ舌が火傷するほどのお茶を
旨そうに飲みたいもんですよ。

でも仕方ないじゃありやせんか。
実際に舌が火傷しちまうんですもん。
口ん中が口内炎で一杯になっちまうんですよ。

どうすりゃ熱っい物を飲んだり食ったりできるんですかねぇ?
だってそうでしょこの年でねぇ、猫舌なんてかっこ付かないじゃありやせんか。

忘年会なんかで隣に座った粋なお姉さんが、鍋の後の雑炊をざっと啜るのなんて、
見ているだけで、何となくやましい気分になるじゃありやせんか。

数日前の事ですよ、何のはずみか、手に持つにもあつい珈琲を
飲みほしてしまったじゃありやせんか。
それからですよ、舌で転がすように口中に納めて一気に喉に落とし込む要領を掴んだのは。
不思議なもんでやすね~あれほど苦労して飲み食いしてやしたのにね。

で思ったんでやす。「喉元過ぎれば・・」って云うのはホントだったんだなって。
確かにそのまま口中でもたもたしてれば、味わうどころか熱くって仕方がねぇ。
さっと喉に落としちまえば、それなりの食味もあり、その瞬間に熱さが消えちまうんです。

熱いものをざっと食う。い~い男っぷりですね~。

・・・でも、なんですね、喉を落ちたあの熱さはどこに行きやすんですかね~?



内臓火傷癌注意!
ほんだらまた。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示