ローカルな友の話。

2007年03月14日(水)18 : 59 : 30
3/ 3(土) 26534
3/ 4(日) 3635日曜ぅ~(ーー;)
3/ 5(月) 48483
3/ 6(火) 82748
3/ 7(水) 69731
3/ 8(木) 89341
3/ 9(金) 70930
3/10(土) 45448
3/11(日) 5518また日曜ぉ~_| ̄|○.。・°
3/12(月) 85778
3/13(火) 86379

正月に何年かぶりに電話を貰った友人(接骨の名医、今までにオーストラリアやインドを放浪していた)にメールを送った。

2月の〇〇です。
やっと一ヶ月がすぎました。
辛い毎日ですが二月も頑張ります。
無事3月を迎えられるよう。
〇〇は元気ですか。


すると、見事に私の窮状を理解した返事が返ってきた。
以下は返ってきたメールです。

== こんにちは(^^)久しぶりやね(^o^)丿今日から2月やね。
あっという間にひと月が過ぎてしまったみたいやわ。
診療所を再開するにあたって、色々片付け等してるけど、
はかどら無くてぼちぼち頑張っている状態やわ。
体調はすこぶる良好です。

テレビや新聞を見ているといろんな事があるけど、
突き詰めて考えると人間は生きているだけで儲け物やと思うよ。
俺も生きさせて貰っているだけで感謝しています。
後は自分の能力や資質、性質をいろんな場面で試して、
自分の不味さや素晴らしさ等を再認識したりして楽しんでいます。
物事を考え過ぎる人は、『こころ』の状態に対して常に快適なものを望みがちであるなど、
その「要求水準」が高い為に事実と理想のギャップの間で、いたずらに葛藤を起こして、
悩んだり、苦しんだりしているのが現実やと思うよ。
そして又、『こころ』が「こうあって欲しい」或いは「こうあるべきだ」と云う考えと、
「心理的な事実」とが相反して葛藤を起こしてしまったりもします。
これは人間本来の「そのまま」を忘れて神の真意に背いた事に因るんやと思うんや!
自分の意志で『こころ』に対して安心を得ようとか、雑念を取り除こうとするのは
人間の「分限」を超えた計らいであって、感情の世界(非合理な世界)に対して、
知性(知識)に依って、やり繰りや小細工、計らいをしても所詮は感情を知識で
コントロールする事は出来無いよ!
すなわち「見ること」(感ずること)と「知ること」とは、それぞれ別の領域やからね(・・?) 
つまり人間は悩んだり、苦しんだり、悲しんだり、安心したり、不安になったりするのが当たり前、
常態やからそれらを、「そのまま」受け入れ、受容して「そのまま」前進あるのみやと考えています(^^)v。
あんまり気張らずに、「そのまま」の〇〇で行ったらええんちゃう! 
今日、お袋に「昨日〇〇からメールが来てん」って言うたら、
ものすごく喜んで懐かしがってたよ\(^O^)/ 嬉しかったみたいあったわ!
また時間が空いたら逢って色々話をしましょうね!
楽しみにしています(^^)v。くれぐれも無理しないで下さいね!! ==


心からうれしかった。



〇〇とこのみかん。(兼業御百姓さん)
先日、思い立って〇〇の所へ行ってきた。
みかんのほかに手作りのマーマレードを貰った。
基本、マーマレードは嫌いですが、
このマーマレードは、食べた後1.2時間の間
口中がとても爽やかなままなのが不思議でした。
朝食に食べてましたが、あっという間になくなりました。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示