フィルムカメラを持って歩こう。

2006年06月22日(木)14 : 25 : 32


6/17(土)\28965←やってられません。
6/18(日)\25071←こんなもんか?ホテル関係を期待してるのだが!
6/19(月)\85617←Good Job
6/20(火)\77577←チョットGood Job
6/21(水)\65135←まあまあGood Job

毎日毎日がんばってっけど、予定や目標がないのが問題かもね!
いっつも考えてるけど考えるだけで結論なんて出やしない。
何がしたいか、どうなりたいかって所からシッカリと考えなおさなきゃ!

閉店間際に、酔っ払いのおっさんが(とってもいい人です。もう30年も前から知り合いです。)「儲かってるか」って入ってきた。正直に答えたのがアダだった。親身に話し出す。「俺をまだ信じてないな」などなどなどなど、まあ閉店時間を越えてしばらくありがたい説教を戴いた。本当に店長のことを思ってくれているなと思うけど、世話になったらややこしいだろうなとも思う。でも、究極困ったら世話になりそうな自分が怖い。(この弱気は更年期なのだろうか?だいたい男に更年期はあるのだろうか?やはり業績不振による心労なのか?)

APSフィルムが大好きだ!って以前書いたかな???
そのAPSを、9本も現像に持ってこられた。(@_@。
店長が海外でヨーロッパに行かれたまで当てたのでお客様は驚いていた。(@_@。
店長はフィルムの匂いで、何処に行ったか解ります。(*^。^*)
もう、フィルムをこれだけ出される事は殆どありません。(-_-;)
だから、とっても嬉しかった。(~o~)
プリントしていて、やっぱりフィルムだなと思った。
粒状にしろ、コントラスト、色や濃淡の変わり目、全てに於いてデジタルカメラより味わい深い。なにより、シャッターを切った時の質感、感動が趣を加え、心を打つ。
まだ、店長はフィルムカメラを重用しようと思った。
周りがどのように見ようともフィルムカメラを持って歩こう。

そのほかプリンターが忙しく稼動していた。(売上がたつのはは明日以降かな)
水曜日には、珍しい事だった。やっぱり晴天が一番の販促か!

PHOTO IS 娘との思いで深い遊園地。もう今は閉園している。これからの季節っぽいっしょ(^^)v

未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示