違い

2010年06月16日(水)19 : 50 : 44
さて、以下の物は何に使用されているのでしょうか?

【溶剤:水】
【着色剤:染料・顔料】
【浸透剤】エチルアルコール、イソプロピルアルコール
【pH調整剤】
【防カビ剤】チアベンダゾール、ベンズイミダゾール系化合物など水虫薬に使われるようなもの
【その他】品質保持にかかわり、防腐剤、防錆材、マスキング剤などを添加することがあります。

インクジェットプリンターのインクでした。
出力した写真は防腐剤が無ければかびてしまうんですね!
浸透剤が無ければ、インクが滲んだり、乾かなくなります!
これらは有害化学物質や環境ホルモンですね!
これだけしても写真屋さんの銀塩プリントの品質には遠く及びません。
銀塩はとても安定したもので、廃液処理も完璧ですし環境に優しいねv

インクジェットプリンターのインクは着色剤なども含め多くの原材料が分りませんでした。
一体何が使用されているのか気になるところです?

写真メーカーは何故こういう事実(違い)を取り上げないのだろうか?
小売店の努力(使命)不足かな!

ほんだらまた。
写真屋の事情 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« ペット | HOME | 雨か(゜゜) »