特攻の母トメ

2010年08月14日(土)15 : 07 : 54
ホタル帰る―特攻隊員と母トメと娘礼子ホタル帰る―特攻隊員と母トメと娘礼子
(2001/05)
赤羽 礼子石井 宏

商品詳細を見る
8/15
この時期に合わせて読んだわけではない。
量り売りか拾ったかオークションか
たまたま手元にあった単行本を内容も確かめず読み始めた。
と、映画にもなった特攻の母トメが主人公のノンフィクションだった。
地味な暗い内容だろうなと期待もせず読み進めると、以外にも引き込まれてしまった。
特攻隊員への献身は、嘘偽りないもので、逆にどうしてそこまでしてと疑問を持つ。
その中に隊員だけでなく娼婦やアメリカ軍人などとの物語が織りなされる。

本の中にそのような文脈は無いが、トメの身を削りながらの献身は、旦那や子供たちの理解協力がなければ成り立たなかったろうと思う。
天の邪鬼な読み解き方にも思うが、現在に生きる家族達がこのような風ならきっともっと柔らかな暖かい世の中になっているだろうとしみじみ思う。
当時は特別な緊急時であり今と比ぶべくもないのだろうが、あぁ、もやもやする。


こちらもご覧なさい。

ほんだらまた。
未分類 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
平和
情熱をお持ちですね~!
感心します。

コメントありがとうございましす。
戦争
とにかく、
当時と 現在では
認識の差がありすぎる

日本人は もっと
日本を大事に
日本の古き良き時代を大事に

今よりも さらに
凄い国になるために
努力すべきだと想います。

管理者のみに表示