写真屋から「The New York Times」の引用

2011年03月16日(水)19 : 03 : 23
この記事で、不快な思いをなさったらごめんなさい。

写ルンですの夜景と水中を買ってくださったお客様がいて、
これはボランティアで被災地へと思ったので、
「お出かけですか」と聞いてみた。
「ハイ、今夜から」・・・
「タヒチへ」と笑顔だった。

月曜から人通りが3割がた減っているように感じる。
ここは大阪都心だが、尼崎のショッピングセンターも何だか人が少ないと聞いた。
近所の飲食店も企業の予約キャンセルで仕入れたアンコウが無駄になりそうだ。
火が消えたようだという。

阪神大震災の被災を受けた人が多い土地柄、
自粛ムードがおおかたを占めるのかもしれない。

でもその飲食店店長は「東北の事を考えると、そんなこと言ってないで、
頑張ります!」と気合を入れていた。
また、尼崎の奥様は震災報道はラジオとNHKに任せて、
震災以外の番組もやりなさいと言っていた。
また、ここから駅で三つ目のUSJは今日も賑わっていると、
USJ帰りのお子様連れのお母様は言う。
卒業証書を持った若者が笑顔で行きすぎる。

震災番組への憤懣も、USJの賑わいも、海外旅行も、
まして卒業式も、店長 ♪ は是とする。

みんな、何かの役に立ちたいと思いながら、
じっと、賢明に 出来る時 を待っていると思う。
出来る人は、日常の生活や予定を元気に過ごすことが、大切だと思う。
心を必要以上に痛めることなく健康でいる事が、その時 のためになる・・

さて、写真は意外と丈夫なものです。
濡れたり汚れたりひっついたりした写真も、捨てずにとっておいてください。
暇ができた時、きれいな水で洗って乾かせば元へ戻ります。
だたし、お店で銀塩写真にしたものだけです。
お家プリントは水につけると滲んだり消えたりする可能性大です。
不明な点は、ご質問ください。

恐怖や不安ではなく、愛と感謝と貢献に焦点を合わせましょう。
http://prayforjapan.jp/tweet.html


ほんだらまた。
新聞等で一部引用されましたが、
「The New York Times」にこんなエッセイが掲載されました。

「悲しみ」「不安」を少し癒し、「希望」「自信」につながる、
日本への共感に満ちたメッセージです。

◆Sympathy for Japan, and Admiration

日本へのいたわり、そして称賛

痛ましい地震のその後、我々は日本の人々と思いを共にしている。
これは日本で記録された最悪の地震である。しかし、私が本紙の東京事務
局長として日本に住んでいた1995年の阪神大震災(6千人の犠牲者を出し、
30万人の人々が家を失った)において報道した経験を思い起こすと、私は
こう付け足さなくてはならない。

「今後数日、数週間の日本を見ていよう。私たちはきっと何かを学ぶだろう」

日本の政府が特に地震をうまくコントロールしている、というのではない。
政府は1995年の震災においては救助活動の管理を完全に誤り、他国から送
られてきた薬や救助犬を取り上げて、その名を汚すこととなったのである。
気も狂わんばかりの最初の数日間、人々はまだ瓦礫の下で生きていたので
あるが、政府の無能によって不必要に死んだ人たちがいたのである。

しかし日本の人々自身の忍耐力、冷静さ、そして秩序は、実にみごとであ
った。日本でよく使われる言葉に「我慢」というものがある。英語にはぴ
たりと当てはまるような訳はないのだが、言うならば "toughing it out."
(耐え抜く)と同じような意味である。そしてこれが神戸の人々が実際に
行ったことであった。畏敬の念を抱くほどの、勇気と協調性、共通目的を
持って。

日本の秩序と礼儀正しさに、私はしばしば感動していたが、神戸の震災後ほど、
それに感動したことはない。神戸空港のほぼ全体が破壊され、街中の商店のガ
ラスが割れていた。私は略奪や、救援物資をめぐる乱暴な押し合いへし合いな
どの場面を街中探し回った。ようやく、2人組の男に強盗に入られたという店
主に出会い満足したところで、いくぶん芝居がかったふうにこのように尋ねた。

「同じ日本人が、自然災害を利用して犯罪に走るということについて、驚きは
ありますか?」店主は驚いたように「誰が日本人だと言ったのだ。外国人だっ
たよ」と答えたのである。

日本にも貧しい人々はいる。しかし他の国々と比べると、極端に貧しい人々は
ほとんどいないし、非常に高い共通の目的意識を持っている。中流階級が非常
に多く、実業界の成功者であっても、儲け過ぎていると思われることを伝統的
に恥じる傾向がある。そのような共通目的意識は、日本社会の構造の一部であり、
自然災害や危機の後では、特に顕著に表れるのである。

これについてはあまり良く言い過ぎてもいけない。日本の礼儀正しさの裏には、
学校や職場におけるいじめや、不法行為によって利益を得るやくざ、政治家と
実業家の癒着といった問題が存在する。しかし神戸の地震の直後、やくざまで
もが被災者に食料などを配るためにカウンターを設置していたのは、衝撃的で
あった。そして日本の社会構造は決して壊れることはなかった。
かすり傷ひとつ負わなかったのである。

日本人のこういった冷静さは、日本語の中に組み込まれているといえる。
人々は「仕方がない」と言うのが常であり、他の人にかける言葉として
最も多いのが「頑張ってください」―耐え抜け、強くなれ―という言葉である。
そして自然災害は「運命」の一部と考えられている。16世紀の日本を訪れた
イエズス会の者による、古い記述を読んだのを思い出す。地震が村を破壊した
その数時間後には、農民たちは自分の家を建て直し始めたというのである。

忍耐強く、周りと協調して立ち直ろうとする精神は、日本人に深く根付いている。
私はしばらく長男を日本の学校に通わせたことがあるが、幼い子供たちが
真冬でさえ半ズボンで学校に行かされている光景を忘れることができない。
気骨をつくるというのがその考えであったようだが、単に風邪をひかせるだけだ
と私は思っていた。しかしそれは「我慢」を徐々に教え込むためのまたひとつの
努力だったのである。

そして「我慢」こそが、日本が第二次世界大戦から立ち直り、バブル崩壊後の
「失われた10年」を耐え抜くことを可能にしたのである。いやむしろ、
日本人はもっと不平を言ったほうがいいのかもしれない。そうすればおそらく、
政治家はもっと答えてくれるだろう。

自然との関係性については、もうひとつの要素が関連している可能性がある。
アメリカ人は、自分たちを自然と対立した存在として考え、自然を飼いならそう
とする。対照的に日本人は、人間は自然の一部であり、それに身をまかせるもの
と考える。そしてその自然は、たくさんの地震をもたらしてきた。

1923年の関東大震災は、10万人もの命を奪っている。日本語の「自然」という言
葉は、たった100年と少し前にできた新しい言葉である。なぜなら、そのような
概念をわざわざ表現する必要が、伝統的に無かったからである。神戸の震災の後
の本紙エッセイに、私が同じようなことについて書き、日本の最も偉大な俳人、
松尾芭蕉の句で締めくくっているものがある。

    「憂き節や竹の子となる人の果て」

日本の回復力と不屈の精神に、私は気高さや勇気を見出している。
そしてまもなく世界は、それを目の当たりにするだろう。これはまた、
綿密に編まれた日本の社会組織、その強さと回復力が、輝きを放つときでもある。
私は日本の人々は必ず力を合わせてくれると信じている。その姿は、
分裂と口論と私利私欲にまみれたアメリカの政治の現状とは対照的であると
言っていい。

私たちには、日本から学ぶことがある。私たちの思いは日本に向かっている。
痛ましいこの地震に深い同情と、そしてまた、心からの称賛を表したい。

By NICHOLAS KRISTOF
(訳:英語塾 田畑翔子)

原文:「The New York Times」ホームページ
http://nyti.ms/gQXVsT
写真屋の事情 | Comments(14) | Trackback(0)
Comment
こちらこそ、 ありがとう
気持ち沈みがちですが、まだ私も頑張る。
ありがとう
『みんな、何かの役に立ちたいと思いながら、じっと、賢明に 出来る時 を待っていると思う。出来る人は、日常の生活や予定を元気に過ごすことが、大切だと思う。心を必要以上に痛めることなく健康でいる事が、その時 のためになる・・』ぐっと来ました。私も頑張る。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
この場をお借りして

店長さん、sayu ♪さん ありがとうございます
No title
村神さ~ん、無事で良かったです♪

私も村神さんの幸運を祈ってます~

村神さん、元気でいてくださいね~



管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
よかった
村神様
もし、私にできる何かがあれば、
おっしゃってみて下さいね!

村上様の幸運を祈ります。
No title
ご無沙汰です
ご心配をおかけしましたが、ボクはなんとか無事で
毎日、生き方を探ってます
無くしたモノも多いけど、それでも恵まれた方で。。
時間はかかると思いますが、粛々と頑張ります


かぎコメpさん
はい、その通りです。
宜しくお願いします。
ライフラインの復興、ご苦労様です。
はかどる事を心から祈ります。

ひんしゅくを受けると恐れながらも、はきだした思いでした。
コメントにホッとしました。感謝。
記事も娘も難しい
sayu ♪さん
この記事も、それへのコメントも勇気が必要です。

卒業就職です。
来れば撮るのですが・・
来そうにないです^^;
友達連れて、大挙してもいいのにネww
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
いやいや、まさに店長さんの仰る通りですね。 何か出来るまでは一生懸命働いて、遊んで、お金使って、日本経済に貢献して内需拡大で国力安定!!これが一番被災者の方々のためなのかもしれませんね。 今はまだ専門家の領域ですね。 ちなみに、ライフライン系の復興では我社も一応絡んでるんです!でも職制上、いつも呼ばれないんですよ!! もうすぐ我社からも仙台へ3名派遣します。
中越の時も北海道も阪神淡路もいつも影ながら応援に行ってます。
僕の出番は…^^;
No title
店長♪さん、こんばんは。

コメント書いていたら何書いているのかわかんなくなってしまいました。
もう削除です~

店長♪さん、娘さん卒業でしたね。
おめでとうございます♪
お祝いしましたか(〃⌒ー⌒〃)

もしかして、社会人になられるんですか?
うちはお兄ちゃんと10歳離れてるから下の娘はは中学生なんですよ~
記念写真、店長♪さんが撮るんですか?
素敵な写真になりますね(人´∀`)






管理者のみに表示