生きるに意味がある

2011年05月18日(水)09 : 34 : 07
いきなり衝撃的なご本だけど、たまたま手にとったら、たまたまTV放送されたらしいから書くね!

    

「自殺」女子高への講演の内容から始まって、質疑応答から、有名人の自殺などの真意を説いている。
決して自殺を肯定していないようだが、死を選ぶ権利まで説いている。
店長 ♪ は、柳さんの不遇に対する自己防衛のような考え方のように思えた。
ある面で、ほっとするし、ある面ではけしからんと怒ってしまう。
後で知った事だが、その本を読んだまさにその日にNHKスペシャルが、
柳さんの我が子への虐待などの内容で放送さていたようだ。

「たすけ鍼」「あかね空」江戸の下町の人情噺となる。
文句なく感動できる筆致だ。
時代劇でありながら、今に通じる経済活動などを織り込み納得させられる。
「あかね空」は、家族であるゆえのすれ違いなどを、我が身と引き比べてしまう。
後半にいたり、その行き違いが温かく解かれてゆく。

表題にひかれて柳作品を手に取る必要はないと思う。
ウツやキシネンリョのある方は特に注意したいと思っている。
新劇の役者でもあるし、特殊な世界なので一般的ではないと思う。

山本一力さん、たぶん3回結婚している?!
事業を失敗して2億の借金を返済するために小説を書いたのが46歳。
2002年53歳11カ月で『あかね空』(文藝春秋刊)で第126回直木賞を受賞。
結果的には、成功しているのだが、何で可能性の殆どない小説家を決意したのだろうか?
その頃の一力さんは、今の 店長 ♪ の9カ月後の歳であり、借金は30倍程度だヾ(^^ )
と、比べるのもおこがましいか?でも勇気は頂ける。ありがとう。
そうだ!小説書こうか(ノ_ _)ノ・・無理

二方とも、したくない苦労人である。
あまり衝撃的な内容は好まないので一力さんの作品もご一緒してみた。ありがとう。

ほんだらまた。
本を一服 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
これからですよ
sayu ♪ さん

さぁ、ぼちぼちお食事です。
暇なら、マックで読書か居眠りかわからない時間を過ごしましょう。

顔が破裂しないうちに頑張らないとです・・
No title
店長 ♪さん、こんにちは~

ピピピときたら、すかさずキャッチ(`・ω・´)

これですよ!(●`・ω・´●)

顔がだんだん大きくなるよ。
怖いよ~o(〃^▽^〃)oあははっ♪

店長 ♪さん、ご飯中かな~♪

店長 ♪さん、頑張ってね~~~ヾ(@´▽`@)ノ~~~~
きてます、きてます(^^)
sayu ♪ さん

自分に合っているもの、
時代が 店長 ♪ なんかでも、求める事があればいいですね。
すぐそこまで、やってきてますか?!
素直な気持ちでいる事が大切ですか?!

よく注意しながら、頑張ります。
No title
店長 ♪さん、こんにちは(^-^)/

店長 ♪さん、沢山本を読まれるんですね。
私は最近読んでないです。
読んでると寝てしまって進まないんです~

借金を返すために小説を書くって凄~い。
勇気がいりますね。

そうだ!店長 ♪さん、写真やさんと、もう一つ何かやってみますか?
ピピピっと何かきませんか?o(*⌒O⌒)b






管理者のみに表示