限りなく透明に近いスーパーカミオカンデ

2011年05月26日(木)19 : 02 : 03
唇をしこたま カミオ 噛んで、顔の右半分が腫れている。
三日も痛みに耐えてれば頭痛にもなって熱も出てくる。
風邪も併用してるかもしれない_| ̄|○

前回の表題だが、「限りなく透明に近いブルー」 という村上龍さんの
芥川賞受賞作品名のパロディーなので、一応説明しておきます。

↓一応続きです。
宇宙創成において発生したのは、大きくは百数十個の原子です。
それを構成する素粒子は電子陽子中性子で、
またそれを構成する粒子がアップクオーク、ダウンクオーク、ストレンジなどなどです。
もっともっと小さな仮説上の素粒子を見つけるために スーパーカミオカンデ という大きな大きな超純水に閉ざされた地下施設が岐阜県飛騨市にあります。

適当な説明で間違ってるかもしれないので、いや多分間違ってるので鵜呑みにしないように!

で、そんな原子から生命のもとになる有機物が生成されなければ生命は存在していない。
といっても何が有機で何が無機かという事すら今は判然としませんが、小難しいです。

で、その無機物の中で放電(雷)を起こしてみると、
生命に必要な有機物やアミノ酸用物質が生成されるわけだ!
が、実験を繰り返しても細胞(生命)らしきものは生成されない。
これが、宇宙生成以来の長い時間(だいたい百五十億年)を実験し続けたとしても生命は発生しないと思う。
ところが私たちは存在する?

そこで村上龍さんは本の中で、物質以外の何かが混在として生命が誕生したと仮定したわけだ。
その何かの一つが、山岸隆さん等の超能力者が扱うエネルギーなのではないかと。
興味深いのは、これは何かの意思が創りだしたものではなく、自然発生的に表れたものだというのだ。
ようするに、このエネルギーは 魂とか霊とかいうたぐいのものに近しいもの ではあるが、
今はまだ科学で証明できないものという範疇で、何かの思考がそれに関与したものではないと言っている。

なるほど納得できそうな論旨だと思う。
要するに無神論で、大義 広義では 生命に意味も目的もない 事になる。
meおや?のぞき見ですか ←店長 ♪の眼だったりします。
やぁ神よ!
そこにいるなら怒ってみよ (メ■_■)y-~ 
ついでに口内炎治してけって (゚-゚)ヾ(^^;

こんな馬鹿事考えないで、仕事してれば繁盛(写真屋)するのかな_| ̄|○
そうそう、今日作りたてのHPから問い合わせがあったよ!ありがとう。

ほんだらまた。

あやかし~♪ | Comments(6) | Trackback(0)
Comment
おおきに
アアラさん
ありがとう。
自己満足なまとまらない記事なのに
読んでくれたんですね^^;
どうも、ありがとう。
No title
店長♪さん、お大事にしてくださいね!!
ありがとう
はい、ポイント押さえておきます。
No title
店長 ♪さん、おはよう:::( ^^)个 :::

店長 ♪さん、痛み引いた?
丁寧にお願いしてみたのかな~?

私も、丁寧に←ここポイントだよ
お願いしましたからね~ ☆彡     (-人-;) 

じゃあ、今日も頑張ってね~ヾ(●´▽`●)
おはよ ♪
sayu ♪ さん

小難しいね!
今朝起きたら、いっぺんに痛みが引いています。
ありがとう。
No title
店長 ♪さん、こんばんはヾ(@^▽^@)

なんかむずかしいお話ですね~
なんとな~くわかったような。
でも面白いですね。

店長 ♪さん、口内炎酷いんですか?
だったら神様に丁寧にお願いしないと!
喧嘩売って、遊んでたらダメですよ~
早く良くなるといいですね(*^-^*)

管理者のみに表示