30代に読めてれば・

2012年10月22日(月)18 : 00 : 57


薄っぺらい本
軽すぎる題名
故に積ん読く

読む本が無くなって
やっと手を伸ばした

毒にも薬にもならぬ
自己啓発本だろうと
多寡を括っていたが

しつかりした内容
思いのほか難しい

怒りを欲望や迷いと説明して
十善戒にわけいり説いて行く

不遇を憂う自分には  (不遇など、うぬぼれに過ぎませぬm(__)m)
なによりの薬になる

もう、怒らない
もう一度読もう


ほんだらまた。
本を一服 | Comments(8) | Trackback(1)
Comment
こんにちは(^O^)
*まりこうた*さん

二回目読んでいて、
これを身につけるのは、
難儀な事だと・・
イライラしてしまった☆☆(ノ_ _)ノ

ちょっと休憩して、
時代小説を読んでます^^;

コメントありがとう(^^)
No title
てんちょうさん、こんにちわ!

なんだか。。とっても気になります。
読んでみたいと思いました。

*まりこうた*
脂・・大笑
東北のサンマは50cmもあるらしいですね!
大阪のサンマはせいぜい25cm
秋です。柚を絞ったサンマが堪りません よだれ。

小池龍之介「もう、怒らない」でしたm(__)m
不殺生不偸盗不邪淫・・・・
因ではなく、
幸多く生きるすべとしての戒律だと思うけど、
結局は因になるぞって事だから、
アレって事なのですね。

主が怒らなければ客も心地よいようで、
恐怖や欲や迷いの思考の停止は(いわゆる空)
主客とも・・アレ分からないぞ(。_゜)〃

cosmos様、今後ともご指導のほどよろしゅうに^^;
いつもおおきに。
おはよ・・もう昼だけど
最近お店に一人っきりが多くって、
何かとせわしいです。
今日も明日も一人です!
がんばるぞ~~~~~~~

そうそう、怒ると、自己嫌悪に陥りますね!

ん・・?猫パンチ(笑)
No title
どんな内容の本か気になります。せめてタイトルをプリーズです^ ^
No title
十善と云うのは、
来世、王に生まれる「因」として仏教に説かれているアレ?

30代の頃、初めて知った時に、
歴史上の王や皇帝は、過去世でそう云う「因」を積んだ人なの? うそっ! あはは。
そんな気持ちになったのを覚えていますわ?

この戒を主観的に行う事は易いですが、それが客観的な「善」かどうかとなるとムズカシイ問題だわ。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示
Trackback
薄っぺらい本軽すぎる題名故に積ん読く読む本が無くなってやっと手を伸ばした毒にも薬にもならぬ自己啓発