TPPを考えてみた

2013年04月15日(月)11 : 05 : 59
環太平洋なんたらかんたらとは体に悪い食品(人やお金も)を関税をかけずに
外国から日本へ輸入する事です?
この理解は、殆ど間違ってるからね。
でも日本のお百姓さんの生産する食品が良い。
自給率100%にしましょう。

でも、外交問題があるなら仲良くして、輸入すればよい。
そして、余るものは足らない所へ回せばよい。
遺伝子組み換えや化学肥料や農薬が使われるなら、
やずややタカラバイオや万田発酵や林原が頑張って発酵良化し、
たんぱく、ミネラル、ビタミン、乳酸菌などにして
後進国へ差し上げればよい。
食用にあたわない食品も貧困国へ送って、
北国まいたけや農林水産庁や山田養蜂場がそれを水耕栽培などに利用し、
シティーファーム を作ってその国の人に働いてもらって輸出してもらう。
飼料として養鶏養魚牧畜もよいとおもう。
あんがい 養虫 なんてのもありと考える・・・。
ファーム内にでっかいシェアハウスを作ってもよいね。
・・東京ドーム何個分の シェアハウス とか。
燃料や電気などは製造段階の発酵から賄うとして。
東電や関電の役員や原子力安全委員会、フリーメーソン
糞尿を混ぜてもらいガスを生成する。
放射能かき混ぜるより健康に良いし、せめてもの罪滅ぼしとか・・

そんな事が出来ない障害の一つは紛争ですか!
先日ブラジルに住むおじい様が来店されていた。
左足が義足で、底抜けに明るい。
未だ白人支配のブラジルでは年間3万件(1日に100件)ものピストル強盗が起こると言う。
カーニバルはそのような暗さを忘れようとする人々の気持ちの表れだと話してくれた。
なぜか日本では話題にされないけれど。

世界が平和で困る人がいるのかな・・・?
次回、店長 ♪ 的アベノミクス!!
って、写真屋の妄想は、怪しいわ・

ほんだらまた。
店長 ♪ の天然自然 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
良いねお庭
知らぬ間に安心安全が脅かされる昨今です。

家庭農園してみたぁ~いです(*^_^*)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示