人懐こい小さいおじさん

2013年07月14日(日)17 : 56 : 01
ほんとに汚いおじさんが物乞いに来ました。
人懐っこい笑顔ですけど、言葉がはっきりしない。
服装も靴も顔も体も垢じみて店に入られたら汚れそうで、
店内に首を突っ込んだ格好で
紙コップを差し出しお金くださいと言っている。

喋るのはいいが、つばが飛び散り
店が汚れそうなので、表に誘う。
私にもしきりとつばを飛ばし 『京都から来て・・』
と、意味不明ではあるが、なんか博士でしょとか頻りに
お世辞を言ってるようだ!
そのたびに、『汚いなぁ~つば飛んでる』 と言うと
にたっと笑って頭をかく。

私は汚いのは別に構わないし、必要なら抱きしめもできる。
けど、周りの目を気にしてしまうのが、どうも情けない。

ふと何年か前にふくよかで布袋様のような
自ら乞食だと言って入ってきた女性を思いだした。
その時は、一言で帰らせてしまった事を、
後に後悔している。
anbla_1
今度のおじさんは話せるかなと思ったけど、
昼から酒の匂いが漂って、話にならなかった (*^ ¬^*)
『酒臭い、それは人に物乞いする態度ではない!』 と
話を打ちきり 『素面の時、もう一度来てください』 と帰ってもらった。
『明日から酒やめます』 と言っていたが、
うそでもいい。素面でもう一度来ればいいなと思う。

小柄な体に触れたが、女の子のように柔らかだった。
ひょっとしたら私と変わらない年齢なのかもしれない。
そして、私よりずっと健康で、自由で幸せなのかもしれないとふと思う。
チャンスがあれば、今までの歩みを聞いてみたいものだ。

アルバイトが 『よく相手出来ますね』 と、変な所で感心していた。

明日は間を見て結婚式へ行く予定、ほんだらまた。

 すててこって流行ってるの・・?
写真屋の事情 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
ありがとう。
おじさん来ればいいね。

結婚式まで時間が余って梅田で映画観てました。
お陰で、ずいぶん長い一日に感じました。

たまには全然違う日常も楽しいです。
でも、その分不安が大きくなるのが悪い癖です。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示