托鉢A ≠ 托鉢B

2013年11月04日(月)14 : 44 : 26
年に数回、店先に托鉢がくる。
今年は、3回来ている。

浄財をするかどうかはその時の気分で決める。
托鉢と言うのは勝手にできるものではなく。
托鉢許可書が必要になる。
でも、托鉢に向かって、
托鉢許可書を見せて下さいとは
疑う心が卑しくて、誰も言わない。

托鉢A

それに托鉢はありがとうとも言わないし、
目を合わせないし、喋らないと言う事になっている。
その理由はあるが、他に譲る^^;

そして浄財は、、
した方は、した事で意味が発生し、
その後、何に使われようが
関係ない事になっている。
その理由も、他に譲ろう^^;

托鉢B

それが、二日続けてやってきたので、
声をかけてみた。
昨日も来ませんでしたか?と、
この托鉢さんは、人が良いというか、
修行が足りないと言うか、
時代が変わったのか、
明るく良くしゃべる。
自分はどこどこから来て四国遍路に行く途上だとか?!
なんで四国遍路で、大阪に居るのか定かでないが、
まあいい。

昨日の托鉢と今日の托鉢はスタイルが明らかに違う。
山伏と僧侶スタイルだ。黄色の衣も珍しい。
まあ、一応昨日の山伏スタイルの托鉢さんにも声をかけたが、
醍醐寺から来た・・むにゃむにゃ・・
と何を言っているか分からなかったし、
逃げるように小走りに去って行った。

さて、見た目は明らかに違う人なのに、
何故同じ人に感じたのか・・?
それは、同じような面立ちで
同じようなメガネをかけて
同じように外斜視だったからだ!

そして、
大体の托鉢が般若心経か不動真言を唱えてくるが、
二人とも聞いた事の無い経を発していた。
まあどんな事を言っていようが誰も気に掛けないだろうけど・・
店長 ♪ なら 「おんくろだのううんじゃくそわか」 と唱えて、
運を付けてやる。

遍路や托鉢は一度経験してみたいと思う。
今度は托鉢許可書を見せてもらおう。

ほんだらまた。

ベルメゾンネット
写真屋の事情 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
Re: No title
まーさん

修行僧など殆どいなくなりましたね。
職業僧ばかりです(>_<)

実にさまざま、
固定観念を持てなくなります。
修行みたいです(>_<)
No title
托鉢許可書なるものの存在を、
初めて知りました(@_@)

托鉢というと、修行中の僧侶が行うイメージがあったのですが、
そうでない方もいるのですか??

お店には実に様々な方がやって来るのですね。
Re: No title
これはいけません^^;
とても上から托鉢さんの事を書いてしまっています。
反省反省(>_<)

獅子舞もお神輿も・・物乞いや酔払い、登校拒否児童、
ほか・・お店にやってきますwww
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示